Sponsored Link




【動画】メジャー開幕間近!大谷翔平紅白戦のマウンドに!MLBニュースを和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で大幅に遅れていたメジャーリーグベースボール。

60試合に大幅に試合数をカットする形になりましたが、いよいよ開幕します。

エンゼルスの開幕試合は現地時間の7月24日アスレチックス戦。

それに先駆けてサマー・キャンプが始まっています。

大谷翔平選手が2018年9月2日以来、実戦形式のマウンドに登りました。

マドン監督やキャラウェイ投手コーチのコメントとともに詳細をレポートした、MLB.com のエンゼルス番記者レッド・ボリンジャー氏の記事を原文+和訳で読み解いてみましょう。

 

Sponsored Link

 

マウンド復帰:オオタニ紅白戦のハイライト 

 

ANAHEIM — Two-way star Shohei Ohtani and left-hander Andrew Heaney, slated to be the club’s Opening Day starter against the A’s on July 24, both pitched in the Angels’ first intrasquad game of Summer Camp on Tuesday.

アナハイム ― 7月24日アストロズ戦の開幕投手候補、二刀流スターショウヘイ・オオタニと左腕投手アンドリュー・ヒーニーの両者が火曜日、サマーキャンプの紅白戦で登板した。

 

It marked the first time that Ohtani pitched in a competitive setting since Sept. 2, 2018 — which was his final start before he underwent Tommy John surgery that kept him from pitching in 2019. The last time he pitched at Angel Stadium was June 6 of that year.

オオタニが試合形式で投球するのは2018年9月2日以来 — この日は彼がトミー・ジョン手術を受ける前最後の先発登板となり、彼は2019年投球を行なわなかった。最後に彼がエンゼルスタジアムで投球したのはその年の6月6日であった。

 

Ohtani, though, struggled with his control, walking eight batters in three innings Tuesday. Of his 51 pitches, 15 were strikes. But he allowed just one hit, an RBI single from Tommy La Stella in the third, and he’s shown in the past that preseason stats don’t mean much to him.

しかしながら、オオタニはコントロールに苦しみ、この火曜日の登板では3回で8四球であった。彼の投げた51球中ストライクは15球であった。しかし打たれたヒットは1本だけ、3回にトミー・ラステラに打たれたタイムリーヒットであった。プレシーズンの成績は彼にとってあまり重要ではないということを彼はすでに過去に実証済みである。

 

“I’m glad to get through my pitches that I was supposed to pitch without any physical problems,” Ohtani said through interpreter Ippei Mizuhara via Zoom. “I’m very satisfied. Obviously it felt a lot different from my bullpens. I wasn’t familiar with pitching to my teammates, so that kind of threw me off a little bit. But I still got three or four more days to recover and get back out there.”

「身体的な問題なく投げ切ることができてよかったです」とオオタニは通訳のイッペイ・ミズハラを通じてズームで言った。「満足しています。ブルペンで投げるのとは全然違うし、チームメイト相手に投げるのは慣れてなかったので、少し様子が違った。でも、また3日か4日調整してマウンドに戻ります。」

 

Ohtani said he’ll continue to build up his pitch count as Summer Camp goes along. He remains on track to begin the season as a two-way player and is expected to pitch once a week. With the way the schedule lines up, he’s likely to pitch on Sundays and serve as designated hitter three to five times each week — much like in 2018, when he was the American League Rookie of the Year.

オオタニはサマーキャンプの間に球数を増やしていくと言った。順調にいけば彼は二刀流プレーヤーでシーズンを開始し、週1回投げるとされている。日程上、彼は日曜日に投げて毎週3~4回指名打者として出場することになりそうだ ― これは彼がアメリカン・リーグの新人王を獲得した2018年とほぼ同じである。

 

“I was able to throw all my pitches today,” Ohtani said. “I’m going to try to build on that, going to try to get all my pitches again my next outing with a little better command.”

「今日は全ての球種を投げることができました」オオタニは言った。「次の登板では全球種をもう少しコントロールよく投げることができるように調整を続けたいです。」

 

Angels manager Joe Maddon was pleased that Ohtani got through his outing without any physical issues and added that he’s seen him reach the mid-90s during his side sessions.

エンゼルスの監督ジョー・マドンはオオタニが身体に問題なく投げ切れたことを喜び、彼がブルペンで90マイル半ばに達する球を投げているのを見たと付け加えた。

 

“His command was off,” Maddon said via Zoom. “He wasn’t just as sharp as he can be, obviously. I was told he kind of looked like that a few years ago. There’s no reason to be concerned or alarmed. He’s healthy.”

「コントロールが悪かったね」マドンはズームインタビューで言った。「本来のようなキレはなかった。数年前もそのような調子だったらしい。心配する必要はない。彼は健康だ。」

 

Angels pitching coach Mickey Callaway had a similar takeaway.

エンゼルスのピッチングコーチのミッキー・キャラウェイは同様のコメントをした。

 

“Not as comfortable as you would hope, but at this point we’re not very concerned,” Callaway said. “I think the results will come because of Shohei’s great processes and the way he goes about his everyday work. That’s what we pay attention to more than the results. But I’m sure that he’ll continue to have great routines and get his pitches where he needs them to be so we get a little more outs than he did today.”

「望んだような結果ではなかったが、現時点ではあまり心配していない」キャラウェイは言った。「ショウヘイの素晴らしい一連のプロセスや毎日の練習方法があるから、結果は出ると思う。結果よりも我々はそちらに注目しているんだ。彼は素晴らしいルーティンを続けて、必要なレベルの投球を得て、今日よりもよい結果を出すと確信しているよ。」

 

いかがでしょうか。

文中で “he’s shown in the past that preseason stats don’t mean much to him” 「プレシーズンの成績は彼にとってはあまり意味はないということを彼はすでに過去に示している」とありますが、これは大谷選手のルーキーイヤー、鳴り物入りでエンゼルスに入団して多くの注目を浴びる中迎えたスプリングトレーニングの成績は投打ともに散々な内容で現地記者の酷評を得たものの、いざシーズンが始まると大活躍したという経緯に言及しています。

名物記者ジェフ・パッサン氏の公開謝罪というエピソードも懐かしいですね。

 

開幕投手候補にも上がっている大谷選手の今後の調整の様子に注目しながら、そしてメジャーリーグベースボールの開幕を楽しみに待ちたいと思います。

 

 

ニュース原文・動画参照元:MLB.com By Rhett Bollinger

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。