Sponsored Link




大谷翔平 復帰間近の柵越え9本動画!MLBニュースを和訳で解説!

大谷翔平フリーバッティング柵越え9本
Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

大谷翔平の打者としての復帰がいよいよ近づいてきました!

週末にはグループバッティングに参加して、柵越えを連発していたようです。

動画も交えながら、MLB.com のエンジェルス番記者レット・ボリンジャー氏の記事を英語原文と和訳でご紹介します。

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

 

 

 

 

ANAHEIM — Shohei Ohtani took another step in his recovery from Tommy John surgery on Friday before the Angels’ matchup with the Mariners, as he hit on the field with his teammates for the first time since undergoing the operation on Oct. 1.

ショウヘイ・オオタニは金曜日のマリナーズの試合前に、トミー・ジョン手術の回復をまた1歩前進させた。この日、10日1日に手術を受けて以来初めて、チームメートたちとバッティング練習を行ったのである。

 

Ohtani, in a group with Kevan Smith and Brian Goodwin, hit several tape-measure shots but also popped up a few balls into the top of the cage during his six rounds of batting practice. He took 33 swings with nine going for homers, as he mostly focused on hitting the ball the other way.

オオタニは、ケバン・スミス、ブライアン・グッドウィンと同じグループで打ち、6ラウンドのバッティング練習で特大のショットを何本か、そしてケージの上に乗るポップアップも何本か打った。33スイングして9本のホームラン、打球のほとんどは逆方向であった。

 

“It’s a lot more fun than hitting by myself,” Ohtani said through interpreter Ippei Mizuhara. “Hitting-wise, everything is going well. I was also able to play catch and stretch out to 90 feet now. Everything is going well so far. I am having fun right now, being able to swing as hard as I can. I wasn’t able to before. I am excited to be back.”

「一人で打つのよりずっと楽しかったです」オオタニは通訳イッペイ・ミズハラを通じて言った。「打撃面ではすべてうまく行っています。キャッチボールも90フィートに距離を伸ばせています。今のところすべて順調です。今はとても楽しんでいます。

 

Ohtani, the reigning American League Rookie of the Year, has been hitting on the field since March 26 and had been facing fastballs and curveballs from a pitching machine since April 12, but Friday’s session was his first time in a regular hitting group with his teammates before a game.

現アメリカン・リーグの新人王であるオオタニは、3月26日からフィールドでの打撃練習を行い、4月12日にはピッチングマシンによる速球やカーブボールを打ち始めたが、金曜日のセッションでは試合前に初めてチームメートとグループになってのレギュラーヒッティングを行った。

 

“For me, it’s just another step,” Angels manager Brad Ausmus said. “He’s been swinging the bats for a while. So, for me, this isn’t a huge step. He’s hit on the field before. He hit here last homestand early by himself usually. He’s certainly getting closer, but it’s just another step.”

「私にとっては1段階進んだに過ぎないよ」エンジェルス監督ブラッド・オースマスは言った。「彼はすでにスイングを始めていたし、なのでそれほど大きなステップではない。フィールドでも打っていたし。前のホーム試合でも打っていたし。確かに復帰が近づいてきたが、あくまで1段階にすぎない。」

 

Ohtani, who will not pitch in 2019, remains on track to return as a designated hitter in early May and is scheduled to face live pitching for the first time early next week. Ausmus was asked whether Ohtani could be ready before the club plays in the Mexico Series against the Astros in Monterrey on May 4 but said it’s too early to say.

オオタニは2019年はピッチングは行わないが、指名打者としての5月復帰に向けて順調に進んでおり、来週初旬には実戦投球での打撃練習を初めて行う予定になっている。5月4日からのモントレーでのメキシコシリーズとなるアストロズ戦にオオタニが間に合うのかと聞かれたオースマスは、まだ答えるには早すぎると言った。

 

“Would I like to take him to Mexico?” Ausmus said. “If he’s ready, I’ll take him to Mexico.”

「彼をメキシコに連れて行きたいかって?」オースマスは言った。「彼の状態が万全なら、メキシコに連れて行くよ。」

 

Ohtani said he’d like to return even earlier than that but it’ll be up the medical staff. There’s still no official date for his first day of live batting practice. He’s expected to need at least a week of facing pitchers before he returns, but he’s not going to go on a rehab assignment.

オオタニはそれより早く復帰したい気持ちだが、医師の診断次第だと言った。彼の実戦練習の開始日は正式には発表されていない。試合復帰までに少なくとも1週間は実戦打撃練習が必要だとされているが、リハビリメニューを続ける予定はない。

 

“Of course, I would love to go there,” Ohtani said of the Angels’ trip to Mexico. “Obviously I am going to aim to be back there, but sooner would be nice.”

「もちろん、行きたいです。」メキシコのことについてオオタニは言った。「そこを目指すつもりですが、さらに早ければいいですね。」

 

Ohtani, 24, hit .285/.361/.564 with 22 homers, 21 doubles and 61 RBIs in 104 games as a DH last year, while also posting a 3.31 ERA in 10 starts. He’s one of two major bats the Angels are missing in their lineup, as Justin Upton is also out for the first two to three months of the season with left turf toe.

オオタニ24歳は、昨年DHとして104ゲームに出場、打率.285/出塁率.361/長打率.564、本塁打22本二塁打21本打点61を打ち、投手として10先発で防御率3.31を残している。彼は現在、親指の負傷で開幕2~3ヶ月は欠場となるジャスティン・アップトンとともに、エンジェルスのラインアップにとって大きな欠場者となっている。

 

“I’d like to get them all back,” Ausmus said. “I’d like to get Upton back, too. [Ohtani] is a talented offensive player. He’s a dynamic player. He can run the bases. And he has a lot of power. It’ll be nice to get him back, but I’d like them all back.”

「早く彼らに戻ってほしいよ」オースマスは言った。「アップトンにも戻ってほしいよ。(オオタニは)才能のある攻撃的プレーヤーで、ダイナミックなプレーヤーだ。走塁もできるし、パワーをもっている。彼が戻ってくるのはよいことだ。2人に戻ってもらいたいよ。」

 

Ohtani also had a reunion with Mariners rookie left-hander Yusei Kikuchi on the field before Thursday’s series opener, as the pair attended the same high school in Japan, though not at the same time. Kikuchi, 27, graduated from Hanamaki Higashi High School the year before Ohtani arrived.

オオタニはまた木曜日のシリーズ開始前に、マリナーズのルーキー左腕ユウセイ・キクチとの再会も果たした。彼らは同時期ではないものの、日本で同じ高校に通っていた。キクチ27歳はオオタニが入学する1年前に花巻東高校を卒業している。

 

“I didn’t have a chance to see during the offseason, so this is the first time I’ve seen him in the season,” Ohtani said. “It’s good to catch up. Obviously, he went to the same high school and we had a good conversation. Personally, I am excited to [eventually] face him, but more than that I am focused on the victory of our team.”

「オフシーズンにお会いする機会がなかったので、今シーズン初めてです。」オオタニは言った。「再開するのはうれしいです。もちろん、高校の先輩なので楽しく会話させていただきました。個人的にも、やっと再開できて興奮しています。ただそれ以上にチームの勝利にフォーカスしたいと思います。」

 

 

いかがでしょうか。練習打といえども、エンジェルスタジアムのバックスクリーンの岩や芝生に大谷選手の打球が吸い込まれていくシーン、わくわくします。

試合で花火を打ち上がるのが早く見たいものです。

 

ニュース原文参照元:MLB.com by By Rhett Bollinger 

 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。