Sponsored Link




大谷翔平メジャー史上初の選手に!?エンゼルス2020年開幕戦!MLBニュースを和訳で解説!

大谷翔平2020年開幕戦
Pocket

Sho Time イングリッシュは米メディアのMLBニュースを原文で読み解きながら英語を学ぶサイトです。

待ちに待ったメジャー開幕。

新型コロナウイルスの影響で異例づくめのシーズンながら、何と言っても二刀流大谷翔平選手復活の楽しみなシーズンです。

まずは開幕戦3番指名打者として打者出場し、いきなり初打席で初ヒットを打って幸先いいスタートを切った大谷翔平選手でしたが、なにやらその後はちょっとほろ苦い結果だったようです。

そして、メジャー史上初の選手にもなりました。

MLB.comのエンゼルス番記者の記事でその様子を読んでみましょう。

 

Sponsored Link

 

 

【動画】大谷翔平が第1号?特別ルールの延長戦2塁走者にとまどう

 

Two-way star Shohei Ohtani had a rough couple of innings in critical spots late in the game in a 7-3 walk-off loss to the A’s in 10 innings on Opening Day on Friday at the Oakland Coliseum. It was the Angels’ seventh straight loss in a regular-season opener.

二刀流スターショウヘイ・オオタニは、金曜日オークランド・コロシアムでアスレチックスに3対7でサヨナラ負けを喫した開幕戦において、ゲーム終盤の重要な局面で二度、辛い結果に終わった。これでエンゼルスは7回連続開幕戦を失うこととなった。

 

After Jason Castro tied the game in the ninth with a solo shot off Oakland closer Liam Hendriks, the A’s elected to walk superstar Mike Trout with runners at first and second with two outs to bring Ohtani to the plate. But Ohtani struck out on three pitches, and the game remained tied. Angels manager Joe Maddon wasn’t surprised by Oakland’s decision to walk Trout and thought Ohtani just missed the first pitch of the at-bat, which was a 95-mph fastball over the plate.

ジェイソン・カストロが9回にオークランドのクローザー、リアム・ヘンドリックスから放ったソロホームランで同点に持ち込んだ後、ツーアウト一塁二塁でアスレチックスはスーパースター、マイク・トラウトを敬遠で歩かせ、オオタニが打席に立った。しかしオオタニは三球三振、試合は同点のままその回を終わった。エンゼルスの監督ジョー・マドンはオークランドがトラウトを歩かせたことは驚くことではなく、オオタニはその打席の第1球、真ん中の95マイルの速球を打ち損ねたと思ったと言った。

 

“Shohei had one really good swing and then he took the strike,” said Maddon via Zoom. “He just didn’t get the hit at that time, but he’ll get plenty more opportunities to come through, and he will. The last pitch was a really good pitch. The pitch he fouled back was the one and he just missed it, and that happens sometimes.”

「ショウヘイは実に良いスイングをしたが、空振りだった」マドンはズームを通じて言った。「あの打席でヒットを打てなかっただけで、これから何度もこういった機会を迎えるだろうし、その時には彼は打つさ。最後の球はとてもいい球だった。彼がファウルを打った球は彼の打ち損ねで、たまにあることだ。」

 

After the A’s were held scoreless in the bottom of the ninth against Hansel Robles, Ohtani became the first player in Major League history to begin extra innings as the automatic runner at second base to open the inning.

9回裏アスレチックスがハンセル・ロブレスに対して無得点に終わった後、オオタニはメジャーリーグの歴史で初めて回の初めに自動走者として二塁に立った最初のプレーヤーとなった。

 

But Ohtani made a base running mistake on a hard grounder to first from pinch-hitter Jared Walsh, as first baseman Matt Olson saw that Ohtani didn’t have a great secondary lead and was late breaking to third. He was able to throw to third baseman Matt Chapman to start a rundown to get Ohtani, while Walsh was unable to reach second. Tommy La Stella singled and Castro walked to load the bases, but the Angels’ threat was over with Andrelton Simmons grounding out to second to end the inning. It was the third time the Angels left the bases loaded in the game.

しかし、オオタニは、代打ジャレッド・ウォルシュが強い一塁ゴロを打った際に走塁ミスを行った。一塁手のマット・オルソンはオオタニが二塁上で十分にリードしておらず三塁への進塁が遅れたのを見て、三塁のマット・チャップマンに投げオオタニを挟殺に仕留めた。ウォルシュも二塁に到達することはできなかった。トミー・ラステラがシングルヒットを打ちカストロがフォーアーボールを選んで満塁になったが、アンドレルトン・シモンズが二塁ゴロに終わってエンゼルスのビッグチャンスは途絶え、チェンジとなった。この試合でエンゼルスが満塁のチャンスを残塁に終わったのは3回目であった。

 

“We talked about it,” Maddon said. “He throws well, too. Walsh hit the ball that hard and had a great at-bat and hit it right at him. I’ve instructed first basemen with good arms to do the same thing in the past. So that was more of a good play by Olson than a bad play by Ohtani.”

「我々は話し合ったのだが」マドンは言った。「オルソンはよく投げたよ。ウォルシュの当たりはとてもよい当たりで素晴らしい打席だったが飛んだところに彼がいたんだ。なので、オオタニの走塁ミスというよりオルソンのグッドプレイだったんだよ。」

 

Robles remained in the game in the bottom of the 10th but exited after hitting a batter, throwing a wild pitch and walking a batter to load the bases. It was indicative of the control problems Angels relievers had, as they issued seven walks. Lefty Hoby Milner came in with a five-man infield behind him and promptly gave up a game-winning grand slam to Olson on the first pitch of his Angels career.

ロブレスは引き続き10回の裏も投げたが、デッドボール、ワイルドピッチ、フォーアーボールで満塁としたところで降板した。エンゼルスのリリーフ投手たちのコントロールには問題があり、フォーアーボールを7つ与えている。左投手のホビー・ミルナーが内野5人体制でオルソンに対して投げたエンゼルスでのキャリアの初球は決勝の満塁打となった。

 

“Strategy wise, we got to the five-man infield,” Maddon said. “A ball was hit over our heads, and there’s nothing we can do about that. Everything we were working on, the guys were ready for it tonight, and I appreciate that.”

「内野に5人置くのはよい戦略だったが」マドンは言った。「球は頭上を越えていったよ。どうしようもないね。やれることは全てやった。選手たちも今夜に向けてしっかり準備した。それに感謝するよ。」

 

いかがでしょうか。

そして明日日本時間で7月27日月曜日の朝5時10分の試合は、いよいよ大谷選手の先発登板です!

 

 

ニュース原文・画像スクリーンショット参照元:MLB.com By Rhett Bollinger 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。