Sponsored Link




ストーブリーグに関する英語表現!米メディアでMLB記事を読もう!

Pocket

Sho Time イングリッシュ運営者のMami.です。

MLBでプレーする大谷翔平選手のより詳細な新着情報を得るには、米メディアの記事を読むのが一番です。

Sho Time イングリッシュでは英文記事の読解レッスンも織り交ぜていきたいと思います。

今回はストーブリーグに関する表現編です。

 

ストーブリーグの英文記事で契約に関する重要表現を学ぼう!

 

あれやこれやありましたがちょっとした騒ぎがありましたが、NPBのストーブリーグは一旦終了、このところ入って来るニュースは選手たちの自主トレの様子が中心となりました。

一方でMLBは、ブライス・ハーパー、マニー・マチャドという2人の大型FA選手の行き先がまだ決まっておらず、文字通り熱いストーブリーグがまだまだ続きそうです。

また西武ライオンズからポスティングでメジャーを目指していた菊池雄星選手も、無事にシアトル・マリナーズとの契約が決まりました。

ストーブリーグの記事には契約に関する重要表現がたくさん含まれています。

一般的にもよく使う頻出表現ばかりなので、まとめてマスターしましょう!

 

Sponsored Link

 

 

 

契約前に使われる表現

時系列でご紹介していきたいと思います。

まずは契約前、誰がFA宣言しそうだとか、あるいは誰がどこと契約しそうだという推測記事、あるいは争奪合戦に関する記事で使われる表現です。

 

 

見出しにも頻用される rumor

ストーブリーグ関連の記事の見出しを見ていると “rumor” という言葉が非常によく使われています。

“rumor” 「噂、風評、風説」

要するに、まだ推測段階の不確定情報に対して使われています。

 

The latest Harper free-agent rumors – MLB.com

ハーパーのFA最新情報

 

Every move Bryce Harper makes sparks a new rumor about his destination. – yahoo! sports

ブライス・ハーパーが一挙一動するたびに、その行き先について新しい に火花が散る。

 

So far at baseball’s winter meetings, we only have rumors . – thebiglead.com

今のところウィンターミーティングでは、まだ の段階しか入手していない。

 

 

フリーエージェント、ポスティング

“free agent” はそのまま普通名詞として使います。

もちろん数えられる名詞なので a free agent と 冠詞 “a” をつけます

 

ポスティングについては通常 “post” という動詞を次のように使います。

 ” (球団) post (選手)”  = ” (選手)is posted by (球団)”

「(球団)が(選手)のポスティングを申請する。」

 

The market for free agent infielder Manny Machado seems to be narrowing down. The Yankees, Phillies and White Sox all want him badly and are willing to pay up for the huge contract he demands.

フリーエージェントとなった内野手マニー・マチャドの市場 は範囲が狭まってきたようだ。ヤンキース、フィリーズとホワイト・ソックスは彼の獲得を熱望しており、彼が要求する巨額の契約金の支払いに前向きである。

 

After a seven-season tenure with the Nationals that included a National League Rookie of the Year Award in 2012, an NL MVP Award in 2015 and six All-Star nods, Bryce Harper is now a free agent for the first time. – MLB.com

ナショナルズに7年間在籍し、その間、2012年のナショナル・リーグのルーキーオブザイヤーや2015年のナ・リーグMVPを獲得し、オールスターに6回選出されたブライス・ハーパーが、初のフリーエージェントとなった。

 

Kikuchi was posted by the Pacific League’s Seibu Lions on Dec. 4. – FOX SPORTS

キクチのポスティングは 12月4日にパシフィック・リーグ西武ライオンズによって申請された。

 

 

読売 菅野投手の関連情報も

以前より大物としてMLBの各球団からかなりの注目を集めている読売ジャイアンツの菅野選手の名前もよく見かけますが、ポスティングとフリーエージェントの関係が分かりやすい文をひとつ、例文としてご紹介します。

We may start hearing about Sugano potentially coming to Major League Baseball someday soon as well. Yomiuri has a policy of not posting players , so Sugano likely won’t be eligible to make the move to North America until 2021 when he becomes an international free agent . If he stays healthy and effective until that time, he will probably be the next high-profile Japanese import. – yahoo! sports

スガノがMLBに来る可能性についてもそろそろ聞こえてくるかもしれない。読売には選手をポスティング しないポリシーがあるので、スガノは2021年海外フリーエージェントになる まで北米に移る権利はなさそうだ。その時まで故障もなく力を保っていれば、おそらく彼は次の日本からの注目すべき移籍候補となるであろう。

 

 

争奪戦で使われる表現

FAやポスティングで “market” 「市場」に出た選手たちに、いよいよ各球団から契約が提示されて争奪戦がくり広げられるのですが、条件などの「提示(する)」は “offer” を中心にした表現が使われます。

また、「競合」”competition” や「本命」 “favorite” もよく出てきます。

特に、 “favorite” は通常、「お気に入り、大好きな(もの)」として使いますが、ここでは「本命」という意味で使われるのが面白いです。

 

USA Today reported that Chicago offered Machado a contract upward of $200 million. – yahoo! sports

USA Todayはシカゴがマチャドに2億ドルに上る契約を提示した

 

White Sox make offer to Machado, how serious are the Phillies? – Yahoo! sports

ホワイトソックスがマチャドに契約提示 、フィリーズの本気度は?

 

Washington’s biggest competition for Harper at this point appears to be the Philadelphia Phillies.  – MSN News

ハーパーに対する現時点でのワシントンの最大の競合相手 はフィラデルフィア・フィリーズのようである。

 

Bryce Harper Rumors: Nationals Believed to Be Favorite to Retain Star – Bleacher Report

ブライス・ハーパー情報:ナショナルズ、スター残留の本命

 

The Yankees are believed to be the big favorite at this point. – yahoo! sports

現時点でヤンキーズが大本命 と思われている

 

The Washington Nationals are reportedly now viewed as the favorite to sign superstar free-agent outfielder Bryce Harper, who’s spent the first seven years of his MLB career with the franchise. – Bleacher Report

ワシントン・ナショナルズは FA 中のスーパースター外野手ブライス・ハーパーとの契約の本命 と見られている。ハーパーはMLBキャリアの7年間をこのフランチャイズでプレーしてきた。

 

 

契約に関する表現

いよいよ契約です。

契約」そのものは “contract” という語がありますが、「契約する」ときに一番よく使われる語が “sign” です。

要するに、契約書にサインするという行為です。

(球団)sign (選手)=(選手)sign with(球団)

というふうに、通常球団を主語に置くことが多く、選手を主語に置いたときには前置詞 “with” を伴うことが多いです。(絶対的な文法ではありませんが)

 

Japanese left-hander Yusei Kikuchi has finalized four-year contract with the Seattle Mariners that guarantees $56 million and incudes club options that could make it worth $109 million over seven seasons. – KOMO NEWS

日本人左投手ユーセイ・キクチはシアトル・マリナーズと、5600万ドルの保障報酬プラスチームオプションで最大7年総額1億900万ドルとなる4年契約をまとめた

 

Mariners sign Japanese left-handed pitcher Yusei Kikuchi – KOMO NEWS

マリナーズは日本人左投手ユーセイ・キクチと契約を結んだ

 

Mariners announce signing of free-agent lefty Yusei Kikuchi – ESPN

マリナーズ、フリーエージェントフリーエージェントの左投手ユーセイ・キクチの契約を発表

 

他にも、“agreement” は「合意」というニュアンスで、厳密にいうと “sign” のひとつ前の段階で使われます。

 

Seattle announced the agreement Wednesday, just ahead of the deadline for the 27-year-old to sign with a major league club. – KOMO NEWS

この27歳投手がメジャーリーグ球団と契約を結ぶ 期限ギリギリの水曜日、契約合意を発表した。

 

Starter Yusei Kikuchi will make $43 million over three years in his reported agreement with the Mariners. – yahoo! sports

先発投手ユーセイ・キクチの伝えられるマリナーズとの契約内容は3年総額4300万ドルの報酬となる。

 

 

また、“ink” 「インク」を動詞として「契約する」という意味で使っているのもよく見ます。

サインするときのインクから来ているのでしょうか。面白い表現です。

 

Mariners Ink Kikuchi – yahoo! sports

マリナーズ、キクチと契約

 

Bryce Harper will almost surely ink a huge contract soon, but no one has any idea where he’s going. – thebiglead.com

ブライス・ハーパーは間もなくほぼ確実に巨大契約を決めるであろう。しかしその行き先はまだわからない。

 

 

また、次のような “land” は「獲得する」という意味で使われます。

Mariners unique approach lands LHP Yusei Kikuchi in Seattle – FOX SPORTS

マリナーズ、独自のアプローチで左投手ユーセイ・キクチをシアトルに獲得

 

 

こんな比喩表現もあったので、ご紹介しますね。

The Mariners appear to have reeled in one of the biggest fish left on the pitching market. – yahoo! sports

マリナーズは投手市場に残った最大の魚を釣り上げた ようだ。

 

 

契約内容・金額に関する表現

具体的な契約内容となると契約金を絡めて表現が少し複雑になってきます。

特に菊池雄星選手とマリナーズの間で結ばれた契約は少し変則的なもので、複雑です。

英文から情報を正確に拾い読みできるよい訓練になるのでがんばってください。

 

契約条件をあらわす deal

“deal” 「取引」も「契約」と訳すことができる単語ですが、どちらかというと具体的な「契約条件」のニュアンスを持つ場面で使われます。

 

Kikuchi’s deal is unusual in its structure, but falls in line with Seattle’s approach to its new lefty. – FOX SPORTS

キクチの契約条件 は変則的な形態ではあるが、シアトルの新左投手獲得へのアプローチに同調するものである。

 

The base deal is for three years and $43 million. – ESPN

基本の契約条件 は3年4300万ドルである。

 

The first three years of the deal are guaranteed for a total of $43 million. – MLB.COM

契約条件 の最初の3年は総額4300万ドルで保証されている。

 

 

価値を表す worth、保障を表す guarantee

“worth” という語は形容詞ですが、特殊な使い方をします。

“(名詞A) is worth  (名詞B)” 「AはBの価値がある」 

というふうに、be動詞+worth の後ろに(価値の内容を表す)名詞をまるで目的語のように置きます。

 

The Mariners certainly think he is worth the price. – yahoo! sports

マリナーズは彼にその金額の価値がある と確信している。

The deal guarantees $56 million and can be worth as much as $109 million. – ESPN

契約条件は5600万ドルを保障しており 、最大総額は1億900万ドルにも相当する。

 

 

契約金と年俸に関する表現

メジャーリーグの契約金の話は $10 million「千万ドル(=十億円)」単位の金額が平気で並びます。

NPBの契約と一桁違います!

正確に情報を拾う練習になりますよ。

 

He receives a $6 million signing bonus and salaries of $8 million this year, $14 million in 2020 and $15 million in 2021. – FOX SPORTS

彼は契約金 として600万ドル今年の年俸 として800万ドル、2020年は1400万ドル、2021年は1500万ドルを受け取る。

 

 

オプションに関する表現

“option” は「選択肢、選択権」という意味ですが、菊池雄星選手の契約には「 3年経過時にあと4年契約を延長するかしないか」をまずマリナーズが選び(team option)、延長しない場合「あと1年プレーするかFAとなるか」を菊池選手側が選ぶ(player option)という選択権が二重に含まれています。

そのあたりを英文から読み解いてみましょう。

「オプションを行使する」の「行使する」には動詞 “exercise” を使います。

 

The agreement includes a $13 million player option for 2022, and Seattle has options worth $16.5 million annually for 2022-25. – FOX SPORTS

契約条件には2022年の1300万ドルのプレーヤーオプション が含まれている。またシアトルは2022~25年に毎年1650万ドルのオプションを持つ

 

The Mariners then have the option of extending him for another four years at $66 million. – MLB.COM

マリナーズには総額6600万ドルでさらに4年間契約を延長するオプションがある

 

If they decline, Kikuchi can either accept a one-year, $13 million player option for 2022 or become a free agent. – MLB.COM

もしマリナーズが延長を拒否すれば、2022年にされに1年間1300万ドルでプレーするプレーヤーオプションを受けるか、あるいはフリーエージェントになるかを選択できる。

 

If they don’t, Kikuchi can either opt into free agency at age 30 or exercise an option for a fourth year at $13 million. – yahoo! sports

もしマリナーズが延長しなければ、キクチはフリーエージェントになることを選択する か、あるいはオプションを行使して 4年目を1300万ドルでプレーできる。

 

Seattle has until the third day after the 2021 World Series to exercise all four team options . – KOMO NEWS

シアトルは2021年のワールドシリーズの3日目までに、4年の球団オプションを行使することになっている。

 

If the Mariners decline, Kikuchi has until the fifth day after the 2021 World Series to exercise his player option. – KOMO NEWS

もしマリナーズが拒否すれば、キクチは2021年ワールドシリーズ終了後5日目までにプレーヤーオプションを行使することになっている。

 

譲渡金に関する表現

選手をポスティングに出した球団は獲得した球団から “posting fee” 「譲渡金」を受け取ります。

前回まではこの譲渡金の額=交渉権を得るための入札金額で最高限度額が設定されていましたが、今回からは契約金や年俸などの総額に比例するものとなりました。

ここでよく使われるのが “owe” という動詞です。

“A owe B C” 「AはBにCの借りがある、を支払うことになっている」

という使い方をする重要語なので、ここでその使い方をマスターしましょう!

 

Seattle owes Seibu $10,275,000 as a posting fee : 20 percent of the first $25 million in guaranteed money, 17.5 percent of the next $25 million and 15 percent above that. – KOMO NEWS

シアトルは西武に譲渡金 として10,275,000ドルを支払うことになっている :保障された報酬のうち最初の2500万ドルに対して20%、次の2500万ドルに対して17.5%、それを超える金額に対して15%である。

 

The Mariners would owe Seibu a supplemental fee of $7.95 million if the club options are exercised — 15 percent of the additional guaranteed money . – KOMO NEWS

マリナーズは球団オプションを行使した場合、追加金として7,950,000ドル ― 追加保障報酬の15% ― を支払うことになる。

 

 

いかがでしょうか。

特に契約内容などは複雑そうな英文が出てきますが、実は日本語よりも英語の文章の方がこのような複雑な情報を伝えるのに適した、数式のようなスッキリした構造を持っています。なので、情報をポンポンと拾っていくことに慣れてしまえば、英語の文章の方が案外読みやすいのです。

マチャド選手やハーパー選手、あるいはFAではなく更改ですがムーキー・ベッツ選手あたりの、まさに桁外れな “super big deal” を英文で読み解く練習をしてみませんか?

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。