Sponsored Link




大谷翔平効果!MLBメディアで増える日本人大リーガー特集記事!

Pocket

Sho Time イングリッシュ運営者のMami.です。

米メディアのMLBニュースをチェックしていると、歴代の日本人メジャーリーガーについて書かれた記事がよく見られます。

これも大谷翔平選手の活躍のおかげでしょうか。

今回は、日本初のメジャーリーガー村上雅則さんから大谷翔平選手に至るまでの主な日本人メジャーリーガーにスポットを当てた、MLB.com の記事をご紹介します。

 

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

 

最も影響を与えた日本人MLBプレイヤー

 

 

 

Japan was a land of mystery to American baseball fans for many years, but it’s safe to say the perception has changed. The success of many players from the Land of the Rising Sun — from Hideo Nomo to Ichiro Suzuki to, most recently, Shohei Ohtani — has proven that Japanese players have what it takes to excel in America’s Major Leagues.

日本というのはアメリカの野球ファンにとって何年もの間ミステリアスな土地であった。しかしそういった概念は変わったといってよいだろう。この日出ずる国からやってきた多くの選手―ヒデオ・ノモからイチロー・スズキ、ごく最近ではショウヘイ・オオタニまで―の成功が、日本人プレイヤーはアメリカのメジャーリーグで優れた成績を残すのに必要なものを持っているということを証明してきた。

 

As pitcher Yusei Kikuchi appears to be the next Japanese star to be posted and come to U.S. shores, here’s a chronological look at some of the most significant players who have come before Kikuchi, beginning with the first:

ユウセイ・キクチ投手が次回ポスティングでアメリカにやってくる日本人スターとなりそうなのだが、ここに彼の前に顕著な活躍をした選手たちを何人か、初代から順を追って紹介してみよう。

 

村上雅則 左投手 1964-65

Masanori Murakami, LHP, 1964-65
Murakami initially reached the Giants’ Minor League system in 1964 as part of a player development agreement between San Francisco and NPB’s Nankai Hawks. He was one of three Hawks players sent to the Giants and was assigned to San Francisco’s Class A affiliate in Fresno. Murakami impressed enough to be promoted to the Major League club in September, becoming the first player of Japanese descent in MLB history at just 20 years old. He struck out two batters in an inning of work in his debut, which came on Sept. 1, 1964, at Shea Stadium against the Mets.

村上は最初サンフランシスコ・ジャイアンツとNPBの南海ホークスの選手育成協定の一環で1964年マイナー・リーグに参加した。彼を含めて3人のホークスの選手がジャイアンツの傘下の1Aフレズノに派遣された。村上のプレーぶりは注目を引いて9月にメジャーに昇格し、弱冠20歳で史上初の日本人MLBプレイヤーとなった。1964年9月1日のシェイ・スタジアムのデビュー戦で1イニングを投げ2三振を奪った。

 

That winter, Murakami was at the center of controversy. The Giants wanted him back because he had pitched so well and claimed they controlled his rights, while Nankai officials had convinced him to return. The dispute was settled by a compromise between then-commissioners Ford Frick (MLB) and Yushi Uchimura (NPB), who determined that Murakami was contractually obligated to pitch for the Giants in 1965, but had the option to return to NPB in ’66. In 54 appearances (89 1/3 innings) in ’65, Murakami posted a 3.43 ERA and 10.1 strikeouts per nine innings before returning to Nankai for good.

その冬、村上は議論の中心にいた。ジャイアンツは彼の投球内容が非常によかったので引き続きチームにおくべく保有権を主張したが、一方で南海は彼の帰還を主張した。NLBコミッショナーのフォード・フリックとNPBコミッショナーの内村祐之の間の妥協案で論争は終結し、それにより村上は、1965年のシーズンをジャイアンツで投げ、66年シーズンに日本に戻ることとなった。65年に54登板(89回1/3)した村上は、防御率3.43、奪三振率10.1の成績を残して南海に戻った。

 

 

野茂英雄 右投手 1995-2008

Hideo Nomo, RHP, 1995-2008
Though Murakami was the first Japanese-born player to play in the Majors, it was Nomo who opened the door to more Japanese players making the transition from NPB to MLB. Following an uneven 1994 season with the Kintetsu Buffaloes, Nomo found himself in a contract dispute with the club. His agent found a loophole in NPB’s rules that said a player who “retired” could become a free agent when he returned to active status, so that is what Nomo did before signing with the Dodgers in February 1995. He made his MLB debut on May 2, 1995, against the Giants at Candlestick Park, tossing five scoreless innings and giving up one hit and four walks while striking out seven. In doing so, Nomo introduced to the Majors a deceptive windup dubbed “the Tornado.”

村上は初の日本生まれのメジャー選手となったが、より多くの日本人選手にNPB からMLBへの移籍の門戸を開いたのはノモであった。近鉄バファローズでの波のあった1994年シーズンの後、彼は契約上のいざこざに巻き込まれた。彼の代理人は当時のNPBの協約に『任意引退』した選手はフリーエージェントとして野球活動を再開できるという抜け穴を見つけ、ノモはそれを行使して1995年ドジャースと契約した。1995年5月2日、キャンドルスティック・パークでのジャイアンツ戦でMLBデビューを果たしたノモは5回を無失点で抑え、1ヒット4予四球7奪三振という結果を残した。このデビュー戦の投球で、バッターを惑わせるワインドアップ『トルネード投法』がメジャーに知られることとなった。

 

Nomo would go on to post a 2.54 ERA and lead the National League with 236 strikeouts, earning the NL Rookie of the Year Award. The next season, he would throw the first of two career no-hitters, blanking the Rockies at Coors Field on Sept. 17, 1996. It remains the only no-hitter thrown in that ballpark.

その後ノモは防御率2.54とナショナル・リーグ最多奪三振236を記録して、ナ・リーグの新人王を獲得した。翌年の1996年9月17日のクアーズ・フィールドのロッキーズ戦では、自身のキャリア通算では2回となるノーヒット・ノーランを初めて達成したが、この球場で達成されたノーヒット・ノーランはいまだにこのときのものだけである。

 

 

伊良部秀輝 右投手 1997-2002

Hideki Irabu, RHP, 1997-2002
Irabu pitched for the Lotte Orions (who later became the Chiba Lotte Marines) from 1988-96. He then wanted to make the transition to MLB, but he was still under contract with the Marines. So Chiba Lotte sold Irabu to the Padres, with whom the Marines had a working relationship at that time. But he refused to play for San Diego, instead wanting to pitch for the Yankees.

イラブはロッテ・オリオンズ(後の千葉ロッテ・マリーンズ)で1988年から96年まで投げていた。その後MLBへの移籍を希望したが、まだマリーンズとの契約が残っていた。そこで千葉ロッテは当時マリーンズと業務提携をしていたパドレスに伊良部を売却した。しかし彼はサン・ディエゴでのプレーを拒否し、ヤンキースで投げることを希望した。

 

Irabu eventually got his wish when the Padres received two prospects (including outfielder Ruben Rivera, once considered among the top prospects in MLB) and $3 million from the Yanks for the right to negotiate with him. The 28-year-old right-hander signed a four-year, $12.8 million contract with New York in May 1997. Irabu’s refusal to play for an MLB team he was sent to without his consent helped bring about the current posting system, whereby MLB teams pay a negotiating fee to an NPB player’s club if that player is still under contract in Japan. (Players who begin their careers in NPB can become true free agents after nine seasons.)

イラブの希望は最終的に受け入れられ、パドレスは彼との交渉権の代償として、2人のプロスペクト(うち1人は当時MLBのトッププロスペクトと考えられていたルーベン・リベラ外野手)と300万ドルをヤンキースから受け取った。こうして28歳の右腕投手は、1997年5月に4年の複数年総額1,280万ドルの契約金でニューヨークと契約を結んだ。イラブが自身の同意なしに送り込まれたMLBチームへの入団を拒否したことは現在のポスティングシステムが設定されるきっかけとなり、NPB球団と契約中の選手との交渉金をMLB球団がNPB球団に支払うことにより交渉権を獲得できるようになった。(NPBでキャリアをスタートさせた選手は9シーズンプレーしたあとFA権を獲得できる。)

 

Irabu was greeted with much fanfare as the first Japanese player to don a Yankee uniform. Anticipation and expectations were high, and while he showed, he struggled throughout a six-season MLB career. In three seasons with the Yankees, Irabu posted a 4.80 ERA. He was traded to the Expos, for whom he pitched two seasons and posted a 6.69 ERA in 14 starts. In 2002, Irabu made 38 appearances (two starts) for the Rangers, posting a 5.74 ERA and surrendering 11 home runs in 47 innings.

イラブはヤンキースのユニフォームを着た初めての日本人選手として鳴り物入りで迎え入れられた。予想や期待は高く、卓越した才能を見せたものの、MLBの6年間のキャリアの中で彼はもがき苦しんだ。ヤンキースでの3シーズンでのイラブの防御率は4.80であった。その後エクスポスにトレードされて2シーズンで14先発し、防御率6.69であった。2002年レンジャーズで38登板(2先発)、47回を投げて防御率5.74被本塁打11本であった。

 

After his MLB career was over, Irabu returned to NPB and pitched for the Hanshin Tigers from 2003-04. He had personal struggles off the field, and on July 27, 2011, he was found dead of an apparent suicide in his Southern California home.

MLBのキャリアを終えたイラブはNPBに戻り、2003-04年阪神タイガースで投げた。彼は私生活で問題を抱えており、2011年7月27日、南カリフォルニアの自宅で自殺しているのが発見された。

 

佐々木主浩 右投手 2000-03

Kazuhiro Sasaki, RHP, 2000-03
Sasaki joined the Mariners as a free agent following 10 seasons in NPB, and he made an immediate impact. With veteran right-hander Jose Mesa struggling, Sasaki became Seattle’s closer. He posted a 3.16 ERA with 11.2 strikeouts per nine innings and saved 37 games, earning the American League Rookie of the Year Award.

ササキはNPBで10シーズンプレーした後FAでマリナーズに入団し、すぐにインパクトを与えた。ベテラン右腕のホセ・メサが苦しむ中、ササキはシアトルのクローザーとなった。防御率3.16、奪三振率11.2、37セーブを記録した彼は、アメリカン・リーグの新人王を獲得した。

 

Sasaki would play three more MLB seasons, being named an AL All-Star in 2001 and ’02. For his career, he had a 3.14 ERA and 129 saves for the Mariners.

ササキはさらに3シーズンMLBでプレーし、2001年と02年にアメリカン・リーグのオールスターにも選出されている。マリナーズでのキャリア通算では防御率3.14、129セーブをマークした。

 

鈴木イチロー 右翼手 2001-現在

Ichiro Suzuki, RF, 2001-present
Ichiro became the first position player to make the transition from NPB to MLB when he joined the Mariners in 2001. After becoming a superstar in Japan with the Orix Blue Wave, he proceeded to win the AL Rookie of the Year Award and the AL MVP Award that season, posting a .350/.381/.450 slash line, with an MLB-leading 242 hits and 56 steals. That season marked the first of 10 consecutive All-Star selections for Ichiro, as well as 10 consecutive Gold Glove Awards in right field.

イチローはNPBからMLBに移籍した最初の野手として2001年マリナーズに入団した。オリックス・ブルーウェーブズでスーパースターとなった後、移籍の年には打率.350、出塁率.381、長打率.450、MLBトップとなる242安打56盗塁でアメリカン・リーグの新人王とMVPを獲得している。またその年に始まってイチローは、10年連続オールスターに選出、同じく10年連続ゴールドグラブ賞に選出された。

 

Ichiro would amass 200 or more hits in each of his first 10 MLB seasons, and he set the single-season hits record with 262 in 2004. In ’12, he was traded to the Yankees, for whom he played through the ’14 season. Ichiro signed as a free agent with the Marlins, and on Aug. 7, 2016, he became the 30th member of the 3,000-hit club, tripling off the right-field wall against the Rockies at Coors Field. He transitioned to the Mariners’ front office midway through the 2018 season, but as of that fall he had yet to officially announce his retirment.

イチローはMLB入団から10シーズン200安打以上を打ち、2004年には1シーズンのMLB安打数記録となる262本を達成した。12年にはヤンキースにトレードされて14年までそこでプレーした後、FAでマリーンズと契約した。そして2016年8月7日にクアーズ・フィールドでのロッキーズ戦で打ったライトへの三塁打により通算3000本安打を達成した30人目の選手となった。彼は2018年シーズン半ばでフロントオフィス入りしたがシーズン終了時点でまだ公式に引退は表明していない。

 

 

松井秀喜 左翼手/DH 2003-12

Hideki Matsui, LF/DH, 2003-12
A star for 10 seasons with the Yomiuri Giants in Japan, Matsui signed a three-year, $21 million deal with the Yankees as a free agent. Following an All-Star rookie campaign, he posted a .298/.390/.522 slash line with 37 homers in 2004, again earning selection to the AL All-Star team. In seven seasons with New York, Matsui hit 140 home runs and was named the 2009 World Series MVP after hitting .615 with three homers against the Phillies.

日本の読売ジャイアンツで10シーズン、スター選手として活躍後、マツイはFAでヤンキースと3年間2100万ドルの契約を結んだ。オールスターに新人として出場後、2004年には打率.298、出塁率.390、長打率.522、37本塁打で再度アメリカン・リーグのオールスターチームに選出された。ニューヨークでの7シーズンでマツイは通算140本の本塁打を打ち、2009年のワールドシリーズでのフィリーズ戦で打率.615本塁打3本という成績でMVPに選出されている。

 

Matsui played for the Angels, A’s and Rays before retiring in 2012.

マツイは2012年に引退する前、エンジェルス、アストロズとレイズでプレイした。

 

 

松井稼頭央 遊撃手/二塁手 2004-2010

Kazuo Matsui, SS/2B, 2004-2010
Kaz Matsui (no relation to Hideki) hit .291 over nine seasons with the Seibu Lions, amassing more than 2,000 hits, 201 homers and 362 stolen bases before signing a three-year, $20.1 million contract with the Mets. He homered on the first pitch of his MLB career, but he never developed into an All-Star stateside, although he was a key cog on the 2007 NL pennant-winning Rockies.

カズ・マツイ(ヒデキとは親戚関係はない)は西武ライオンズで通算打率.291で2000本を超える安打と201本塁打362盗塁という記録を残した後メッツと2010万ドルで3年契約を結んだ。MLB移籍後初打席の初球でいきなりホームランを打ったが、オールスター選出には至らなかった。しかし2007年のナショナル・リーグのペナントレースの優勝でのキーマンとなった。

 

 

松坂大輔 右投手 2007-14

Daisuke Matsuzaka, RHP, 2007-14
Matsuzaka dominated NPB from 1999-2006 with the Seibu Lions before the Red Sox signed him in December 2006, a signing that included a then-record $51.1 million posting fee. “Dice-K,” as he came to be known, turned in a strong rookie campaign in 2007 with 201 strikeouts in 204 2/3 innings. In the postseason, he helped Boston win its second World Series title in four years, becoming the first Japanese-born pitcher to win a World Series game (Game 3 at Coors Field against the Rockies).

マツザカは1999年から2006年西武ライオンズでNPBを圧巻した後、2006年12月にレッドソックスと契約した。その契約は当時の最高記録である5110万どるのポスティング費も含まれていた。『ダイスーK』として知られるようになった彼は2007年のルーキーシーズンには大活躍し、204回2/3を投げて201三振を奪った。ポストシーズンにはボストンの4年間における2度目のワールドシリーズ優勝に貢献し、ワールドシリーズの試合で勝ち投手となった初めての日本人投手となった。(クアーズ・フィールドでのロッキーズ戦の第3戦)

 

In 2008, Matsuzaka finished fourth in AL Cy Young Award voting, posting a 2.90 ERA and 8.3 strikeouts per nine innings. Though he wouldn’t be able to emulate his early success thereafter, he was named MVP of the 2009 World Baseball Classic, his second consecutive Classic MVP Award.

2008年にマツザカは防御率2.90、奪三振率8.3という成績を残し、アメリカン・リーグのサイ・ヤング賞の投票結果で4位となった。このような初期の成功をその後しのぐことはできなかったが、彼は2009年のWBCで2連続となるMVPに選ばれた。

 

上原浩治 右投手 2009-2017

Koji Uehara, RHP, 2009-17
Uehara spent 10 seasons with the Yomiuri Giants before signing with the Orioles in 2009 at age 34. His finest season came in ’13 after signing as a free agent with the Red Sox. Uehara appeared in 73 games and posted a 1.09 ERA. He also struck out 101 batters and walked just nine, becoming the first pitcher in MLB history to strike out more than 100 while walking fewer than 10 in a single season. Taking over the closer role after injuries to Andrew Bailey and Joel Hanrahan, Uehara was named the 2013 AL Championship Series MVP, and he struck out the Cardinals’ Matt Carpenter to end the 2013 World Series at Fenway Park.

ウエハラは10シーズン読売ジャイアンツで過ごしたあと、2009年に34歳でオリオールズと契約した。彼の最も良かったシーズンはFAでレッドソックスと契約した13年であった。ウエハラは73登板し防御率1.09をマークした。また101三振を奪う一方で与えた四球は9個で、1シーズン中に100奪三振以上10与四球以下という記録を残したMLB史上初の投手となった。故障したジョエル・ハンラハンとアンドリュー・ベイリーのクローザーの役割を引き継いだウエハラは、2013年のアメリカン・リーグのチャンピオンシップ・シリーズのMVPに選ばれた後、フェンウェイ・パークでの2013年ワールド・シリーズで最後にカーディナルズのマット・カーペンターを三振に仕留めて胴上げ投手となった。

 

 

岩隈久志 右投手 2012-18

Hisashi Iwakuma, RHP, 2012-18
Iwakuma played 11 NPB seasons between the Kintetsu Buffaloes and the Rakuten Golden Eagles before joining the Mariners in 2012. Over his first four MLB seasons, he was a very dependable starter for Seattle, posting an ERA no higher than 3.54 each season. In 2013, Iwakuma was an All-Star and finished third in AL Cy Young Award voting, posting a 2.66 ERA and a 1.01 WHIP in 219 2/3 innings. He also threw a no-hitter against the Orioles on Aug. 15, 2015. Iwakuma opted to return to Japan after a shoulder surgery sidelined him for the entire 2018 season.

イワクマは11シーズンNPBの近鉄バファローズと楽天ゴールデンイーグルズでプレーし、2012年マリナーズと契約した。MLB移籍後最初の4シーズン彼はシアトルの頼れる先発として防御率は一番悪いシーズンで3.54であった。2013年、219回2/3を投げて防御率2.66、WHIP1.01をマークしてオールスターに選出、アメリカン・リーグのサイ・ヤング賞で3番目の投票数を獲得した。彼はまた2015年8月15日オリオール戦でノーヒットノーランも達成している。イワクマは2018年肩の手術でフルシーズン欠場後、日本に戻ることを選択した。

 

ダルビッシュ有 右投手 2012-現在

Yu Darvish, RHP, 2012-present
Darvish became one of the greatest pitchers in NPB history during his seven seasons with the Nippon Ham Fighters. In 2012, a year before Ohtani would make his debut for the Fighters, Darvish made the jump to MLB after the Rangers made a record $51.7 million posting bid. Texas signed the right-hander to a six-year, $60 million contract.

ダルビッシュは日本ハムファイターズでの7シーズンでNPB史上最も偉大な投手の1人となった。オオタニがファイターズでデビューする前年の2012年にダルビッシュはMLBへと飛び出したが、その際レンジャーズの譲渡金は5170万ドルという新記録となった。テキサスはこの右投手と6年6000万ドルの契約をした。

 

Darvish didn’t disappoint, posting a 112 ERA+ and 11.2 strikeouts per nine innings in his rookie season. The next year, he struck out an MLB-best 277 batters and finished as the AL Cy Young Award runner-up. Darvish was an All-Star for the third straight year in 2014, but his season was cut short due to an elbow injury. After missing the entire 2015 season recovering from Tommy John surgery, he returned midway through the ’16 season and pitched well.

ダルビッシュは期待を裏切らず、ルーキーシーズンにはERA+112、奪三振率11.2という成績を残した。翌年MLB記録となる277三振を奪い、アメリカン・リーグのサイ・ヤング賞の次点となった。ダルビッシュは2014年に3年連続となるオールスター選出を果たしたが、肘の故障のため途中から欠場している。トミー・ジョン手術後の回復期間となった2015年は全試合欠場し、2016年の半ばに戻って良い投球をした。

 

In 2017, Darvish was again an All-Star and reached the 1,000-strikeout plateau faster than anyone in MLB history (812 innings). Texas traded him to Los Angeles at the non-waiver Trade Deadline, and he helped the Dodgers reach the World Series for the first time in 29 years. Darvish then went on to sign a six-year, $126 million free-agent deal with the Cubs.

2017年ダルビッシュは再びオールスターに選ばれMLB史上最速で(812イニング)1000奪三振を達成した。テキサスはウェーバー公示なしのトレード期限で彼をロスアンジェルスにトレードし、彼はドジャースを29年ぶりのワールドシリーズへと導いた。その後ダルビッシュはFAで総額1億2600万ドルの6年契約をカブスと結んだ。

 

 

田中将大 右投手 2014-現在

Masahiro Tanaka, RHP, 2014-present
Tanaka was brilliant over seven NPB seasons with Rakuten, including sterling 1.27 ERAs both in 2011 and ’13 (his ERA in ’12 was an also-good 1.87 ERA). The Yankees signed him to a seven-year, $155 million contract in ’14 after paying a $20 million fee under a revised posting system.

タナカは楽天での7NPBシーズンで輝かしい活躍をし、2011年と2013年の両年には驚異的な防御率1.27を残している。(ちなみに2012年の防御率も1.87と素晴らしい成績である)2014年にヤンキースは彼と総額1億5500万ドルの7年契約を結び、改正されたポスティングシステムのもと2000万ドルの譲渡金を支払っている。

 

 

In his first MLB season, Tanaka was selected as an All-Star and posted a 2.77 ERA over 20 starts (he missed time due to an elbow injury). He turned in strong seasons in 2015 and ’16 as well, combining for a 3.26 ERA in 55 starts. Tanaka struggled in the first half of the ’17 season, posting a 5.77 ERA. But in the second half, he had a 3.77 ERA, thanks in large part to several spectacular home starts.

MLBでの最初のシーズンでタナカはオールスターに選出され、20先発で防御率2.77という成績を残した(肘の故障のため欠場期間があった)。2015年と16年は力強いシーズンを過ごし、通算55先発で防御率3.26を残している。17年の前半は苦しんだ田中は防御率5.77となった。しかし後半には目覚ましいホームでの先発のおかげで防御率3.77に戻している。

 

In the postseason, Tanaka gave up just two runs in 20 innings (0.90 ERA) in three starts, including two in the ALCS, which the Yankees lost to the Astros in seven games. He went 12-6 with a 3.75 ERA with the pinstripes in 2018.

ポストシーズンでタナカは3度の先発をして20イニングを2失点に抑え(防御率0.90)、その2点はア・リーグのCSでヤンキースがアストロズに敗れた第7戦で失ったものだ。彼は2018年ピンストライプを着て12勝6敗防御率3.75の成績を残している。

 

 

大谷翔平 右投手/DH 2018-現在

Shohei Ohtani, RHP/DH, 2018-present
Ohtani arrived in America with plenty of hype as he aimed to be the Majors’ first full-time, two-way player since Babe Ruth a century earlier. After a tough spring training Ohtani proved doubters wrong with brilliance on the mound — including a one-hit outing in his second MLB start — and massive power at the plate.

オオタニは1世紀前のベーブ・ルース以来のメジャーリーグでの二刀流選手として、大きな前宣伝とともにアメリカにやって来た。スプリングトレーニングで苦しんだ後、オオタニは彼の実力を疑う意見が間違いであったと証明するかのような素晴らしい活躍ぶりをマウンドでも―2回目の先発では1ヒットに抑えるといった―またパワフルな打席でも見せつけた。

 

The Japanese sensation finished his 2018 AL Rookie of the Year Award campaign as the first player since Ruth to pair 20 home runs as a hitter with 10 appearances as a pitcher. Ohtani underwent Tommy John surgery at the conclusion of the ’18 season, which will likely sideline him from the mound in ’19, but he still figures to see significant time as Los Angeles’ designated hitter.

日本人天才プレイヤーは、ベーブ・ルース以来20本塁打と10登板を1シーズンに達成した選手として2018年のアメリカン・リーグの新人王に輝いた。18年のシーズン終了後オオタニはトミー・ジョン手術を受け、19年はマウンドには上らない予定であるが、それでもなお彼はロスアンジェルスのDHとして重要な時期を過ごすと考えている。

 

 

いかがでしょうか。

1964年の村上雅則選手から、2018年の大谷翔平選手・平野佳寿選手・牧田和久選手まで、いわゆる『日本人メジャーリーガー』(国籍に関わらず幼少期から日本で主に教育を受けてきた選手)は57人になります。

実際に本格化したのが1995年の野茂英雄選手以来なので、年間平均2人以上の選手がメジャーリーグでプレーしていることになります。

その数字をきいて案外たくさん行っているんだなという印象を受けませんか?私自身一覧リストを見て「このひとも行ってたんだ」と思える選手も多いので、それを思うとメジャーリーグで印象に残る活躍をすることが難しいのだなと感じます。

ただ、この記事にリストアップされたような、メジャーリーグ全体の中でも名選手として名を残している選手も多く、それにプラスして最近では元読売のマイコラス選手のような NPBから戻って活躍する外国人メジャーリーガーの存在もあるので、『日本のプロ野球』そのものが米メディアの間でも注目を集めていることには違いありません。

アメリカ本国の選手や中南米の選手とは一味違った日本人メジャーリーガーが注目されるのは、応援する私たち日本のファンにとっても誇らしい限りです。

 

ニュース原文参照元:MLB.com

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。