Sponsored Link




MLBオールスターファン投票開始!日本から大谷選手に投票しよう!

Pocket

 

 

追記)こちらの記事は2018年の情報ですが、投票画面は変わりません。

2019年の日程や変更点などは、こちらの記事でご確認ください。

2019年MLBオールスター全ガイド!大谷選手は?ファン投票の方法は?

 

 

Sponsored Link

 

 

日本からオンラインで投票できる!MLBオールスターファン投票

 

いよいよ始まりました!

MLBオールスターファン投票!

 

我らが大谷翔平選手もDHでエントリーしています。

大谷翔平選手はDHとしてエントリー!オールスターファン投票開始

 

結果が楽しみ~~~

って、他人事のように言ってる場合じゃないんです。

日本からも投票できますよ!

 

投票はこちら、MLBの公式ホームページから、オンライン投票できます。

 

ALL STAR BALLOT 2018

 

もちろん、現地アメリカだけでなく、日本を含め、全世界から投票できるのです。

 

でも、英語のサイトだからよくわからない。。。

という方のために、投票方法をご説明します。

 



(キャプションは、PCの画面です。スマホは画面が若干違いますが説明は同じです。)

 

投票期間・投票回数

投票期間:2018年6月1日~7月5日午後11時59分(23時59分)

注意!これは、日本時間ではありません。”ET” とあるのは、”Eastern time”「東部標準時」つまり米国やカナダの標準時間です。

この時間は夏時間なので、時差はマイナス13時間

日本時間で7月6日お昼の12:59までです。

 

投票回数:24時間ごとに5回×最大35回

ちょっとややこしいのですが、あとで、実際の画像を見ながら説明しますが、24時間に1度投票ボタンをクリックできます。しかも、それが5回連続でクリックできます。

5回クリックすると、「次に投票できるのは〇〇時〇〇分です」の表示ができてそれ以上はクリックできません。

6月1日から7月5日まで、無駄なく24時間ごとに投票すると、35回、つまり、1人につき、合計175票投じることができるのですね。

たぶん、メールアドレスを変えればもっと投票できると思います。

この投票は、もちろん同じメンバーでも構わないし、毎回変えることもできますが、まあ、『一人組織票』って感じです。

 

投票方法

両リーグ各ポジション1名ずつの投票

候補者は、リーグ別、ポジション別に、”last name” 「苗字」のアルファベット順にリストになっています。

アメリカン・リーグ、ナショナル・リーグの各リーグから

  • 内野の各ポジションから1人
  • キャッチャー1人
  • 外野手3人

を選びます。

アメリカン・リーグのみ、DHを1人選びます。

投手は、ファン投票の対象外です。

これは、ローテーションの関係です。

 

記名投票も可能

とにかく、メジャーリーグは30球団ありますから、すごい選手数になります。

投票しやすいように、あらかじめ候補者リストには、選抜された選手がエントリーされています。

リストにない選手は投票できないかというと、そうではなく、下のような欄に名前を書いて投票することができます。

ただ、やっぱり、実際は、リストに載っている選手が、圧倒的に選ばれる率が高いです。

 

 

 

投票してみましょう!

両リーグから選びましょう

各リーグごとに左右に並んでリストされています。

画面幅が狭いと、こんなふうにクリックでリーグ別に画面を切り替えるようになっています。

各選手の一番右にある〇が投票ボタン、これをクリックします。

 

ナショナル・リーグわからない~~と言わず、ちゃんと両リーグの各ポジション8人ずつ選びましょうね。

 

選手成績の見方

といっても、お目当ての選手がいない、誰を選んでいいかわからない、知らない選手ばかりのポジションもあるでしょう。

そんなときは、選手名の横の成績を参考にしましょう。

  • AVG : “Batting Average” 「打率」
  • HR : “Home Runs” 「本塁打数」
  • RBI : “Run Batted In” 「打点数」
  • SB : “Stolen Bases” 「盗塁数」
  • AB : “At Bats” 「打数」 

普通は成績のいい選手を選ぶのが妥当なんでしょうが、自分のごひいき選手を投票1位にするためには、わざと成績の低い選手ばかり選ぶ。。。なんていう駆け引きもあり?

 

内野手、キャッチャーは各ポジション1人ずつ
  • First Base : 「一塁手」
  • Second Base : 「二塁手」
  • Shortstop : 「遊撃手」
  • Third Base : 「三塁手」

なんと!MBL公式サイトに誤植発見!

“Shortstop” が “Shortshop” になってます!

ショートショップ???なんじゃそりゃ??

と思っても、ちゃんと遊撃手を選んであげましょうね。

 

外野手はまとめて3人ずつ

外野は、左翼手 “right fielder”、中堅手 “center fielder”、右翼手 “right fielder” に分かれていません。

ひとまとめにして3人、つまり、普段センターを守っている選手ばかり3人選んでもいいのです。

 

大谷翔平選手は “DESIGNATED HITTER” にいます!

順番は、外野手の前になりますが、”DESIGNATED HITTER” = “DH” 「指名打者」のリストがあります。

Ohtani, S | LAA を見つけましょう!

アルファベット順に見ていくと、いました!!

さっそく、ポチ!

選択の終わったフィールドは折りたたまれて、このような画面になります。

“Change Pick” の部分をクリックすると、選択が外れて、元の画面に戻ります。

 

DH はアメリカン・リーグのみ

投手が打席につかず、代わりに守備につかない打撃専門の選手が打席に立つ「指名打者制度」は、日本ではパシフィック・リーグだけの制度ですが、MLBでは、大谷選手の所属するアメリカン・リーグのみの制度です。

日米とも、両リーグの DH制の有無というルールの違いがいろいろ取沙汰されていて、特にインターリーグ(日本では交流戦)やワールドシリーズ(日本シリーズ)では、2018年現在では、各リーグの本拠地試合のルールが採用されていて、それでもまだ不平等といわれていますが、とりあえず、オールスターはアメリカン・リーグのみDH制採用と、有利な条件で戦っています。

 

 

全フィールド選択が終わったら確認しましょう

選択が終わったら、上のボタンをクリックしましょう。

 

 

ドリームチーム完成!

画面が切り替わって、両リーグのドリームチームが表示されます。

ははは。

ドリームチームと言っても私のチームほとんどエンジェルス(汗)。プラス、ヤンキースの強打者ジャッジ選手を入れて、3000本安打を打っているベテランベルトレ選手と現在の打率359の若手ベッツ選手を選んでみました。

 

 

投票者情報の入力

ドリームチームと同じ確認画面に、投票者の情報を入力する部分があります。

  • Email アドレス
  • Date of Birth : MM=月 / DD=日 / YYYY=西暦年
  • Zip/Postal Code : 郵便番号 ハイフンありで入れました
  • 住んでる国
  • 好きなチーム 

を入れます。

特にたいした個人情報ではないと思いますが、適当に入れても大丈夫だと思います。

心配ならメールアドレスもフリーメールなど、メインのアドレスは外すといいでしょう。

まあ、MBL.com は、MBLの公式サイト、かなりまともなサイトなので、悪用はないと思いますが。

そのあと、認証用の数字を入れて、規約に同意にチェックを入れます。

 

入力した画面はこんな感じです。

 

 

 

さあ投票!5回クリックできます!

問題がなければ、上のボタンを押しましょう。

 

すると、また、違う認証番号が出てきて、入れなおしてクリックすると、また投票でき、これを5回まで繰り返せます。

 

 

6回目からは、「24時間経ってからまた来てね」というエラーメッセージが出ます。

と、これを毎日繰り返すことができるのですが、同じメンバーで投票を繰り返すもよし、違うメンバーに変えてもよし。

大谷選手以外は分散させて、最多投票を狙うか、やはり強力打線を並べて、勝ちに行くか、そこは駆け引きですね。

 

 

ぜひ!日本から熱烈な一票を!

 

 

ニュース原文・画像スクリーンショット参照元:MLB.COM

 

 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。