Sponsored Link




MLB 開幕延期決定で選手の選ぶべき今後とは MLBニュースを和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

既にご存じのように、コロナウイルスの影響でMLBの開幕が延期され、残っていたオープン戦の日程も全てキャンセルされました。

今後の動きを現地メディアのニュース記事原文+和訳で詳細に追っていきたいと思います。

 

シーズン延期、キャンプ離脱は選手の選択にまかせる

 

After a meeting between Major League Baseball and the MLB Players Association on Friday, players were told they are allowed to leave their Spring Training sites in Florida and Arizona during the national emergency created by the COVID-19 pandemic.

金曜日のメジャーリーグベースボールとメジャーリーグベースボール選手会の会議後、COVID-19パンデミックによる国家非常事態の期間中、選手はフロリダとアリゾナのスプリングトレーニングのキャンプ地を離れてもよいことになった。

 

Players have the option of remaining in their spring cities, returning to their club’s home city or returning to their offseason homes.

選手はキャンプ地に残ること、球団本拠地に戻ること、自宅に戻ることの3つの選択肢が与えられている。

 

“This step is in the best interests of players, employees and the communities who host Spring Training,” MLB said in an official release Friday evening. “MLB will continue to monitor ongoing events and undertake the precautions and best practices recommended by public health experts. We send our best wishes to all the individuals and communities who have been impacted by coronavirus.”

「この措置は選手、職員、スプリングトレーニング開催地のコミュニティの利益を最優先に考慮すうものである」とMLBは金曜夜の公式アナウンスで述べた。「MLBは引き続き情勢を観察し、公衆衛生の専門家達の推奨する予防策や効果的な実践例に従っていくことになる。コロナウイルスによる影響を受けている全ての個人、全てのコミュニティにお見舞い申し上げます。」

 

Players who choose to remain near their team’s spring site will still have access to on-field and training facilities.

キャンプ地近辺に留まる選手たちには、グラウンドやトレーニング施設に出入りできる。

 

“We’re trying to make sure [player travel] happens in a safe and orderly manner,” Red Sox chief baseball officer Chaim Bloom said on a conference call from Fort Myers, Fla. “For players who want to stay here, we will have the facility available to them if they want to stay here and, obviously, we’re going to continue and intensify all the precautions taken to make sure this is a clean and safe environment for everybody here.”

「選手の移動には安全かつ適切な手段で行われるよう努力している」レッドソックスの野球部門最高責任者カイム・ブルームはフロリダ州フォートマイヤーズからの電話会見で述べた。「ここに留まりたい選手には施設を提供し、ここに滞在するあらゆる人にとってこの地がクリーンで安全な環境であることを確かにするために、引き続き予防策を強化していく。」

 

Quite a few players have made clear their intent to remain near their spring sites, including the entire Yankees team, which voted unanimously to stay, according to player representative Zack Britton.

満場一致で留まることを投票で決定したと選手会長ザック・ブリトンが発表したヤンキースを含め、かなり多くの選手がキャンプ地に留まる意志を表明している。

 

Prior to Friday afternoon, players had generally been advised to avoid unnecessary travel. But with events still unfolding and the coronavirus rapidly spreading in the United States and elsewhere, the situation has evolved.

金曜午後の会議以前、選手たちは広く不要の移動を避けるように伝えられていた。アメリカ国内外で次々と展開される出来事やコロナウイルスの素早い拡散により、事態は発展してきている。

 

“I think everyone understands the circumstances right now,” Braves president of baseball operations Alex Anthopoulos told reporters on a conference call. “No one has ever faced anything like this. I think everyone knows things are fluid and things are changing. We’re getting information and updates. But you just have to look at this week to see how much things have changed. So, at this point, we can’t get too far ahead of ourselves.”

「現在置かれた状況を全員理解すべきだと思う」ブレーブスの野球運営部門社長アレックス・アンソポロスは電話会見で記者に述べた。「このようなことに誰も直面したことがない。誰もがわかっている通り、物事は流動的で変化していくものだ。我々は最新の情報収集をしているところだ。しかし、今週どれほど物事が変化したかを考えなければならない。なので、現時点では、我々は先走って結論を出すことはできない。」

 

A day after MLB halted exhibition play, some teams — including the Rays, Mariners and Phillies — held team meetings Friday morning. Some — such as the Indians, Braves and A’s — held light, informal workouts. All felt their way through an unusual situation in which sports, at large, have been shut down.

MLBがオープン戦を中止した翌日、いくつかのチーム ― レイズ、マリナーズ、フィリーズなど  ― は、金曜日の朝チームミーティングを開いた。いくつかのチーム ― インディアンズ、ブレーブス、アスレチックスなど ― は、軽い非公式トレーニングを行った。誰もが皆、スポーツが大々的にシャットダウンされるという異常な状況の中を手探りで進んだ。

 

A picture taken of the Reds’ Spring Training clubhouse in Goodyear, Ariz., by team vice president of media relations Rob Butcher on Friday morning captured what a global pandemic has brought to the sports world. Jerseys hang in locker stalls in a darkened room. The chairs are empty, the TV sets are off. All that remains to remind us of the bustling activity that took place in the room mere days earlier is, appropriately enough, a bottle of hand sanitizer in the center table.

アリゾナ州グッドイヤーのレッズのスプリングトレーニングのクラブハウスで、メディア向け広報担当副部長ロブ・ブッチャーによって金曜日朝に取られた写真は、世界的パンデミックがスポーツ界にもたらしたものを捉えている。暗い部屋のロッカーにユニフォームがぶら下がっている。椅子には誰も座っていない。テレビも消えている。ほんの数日前この部屋でみなぎっていた活気を思い出させてくれるのは、あまりに適切なほど、センターテーブルに置かれたハンドサニタイザーのボトルである。

 

ニュース原文参照元:MLB.com By Anthony Castrovince

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。