Sponsored Link




大谷翔平の新女房役として注目のカート・スズキはどんな人?☆MLBニュースを和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

毎日二刀流として大活躍をする2021年シーズンの大谷翔平選手ですが、投手ショウヘイ・オオタニを支える女房役として、カート・スズキ捕手に注目が集まっています。

現地の記事を読んでみると、特に献身的に投手を支える捕手であることを評価されている選手であることがわかります。

投手としての大谷選手の活躍のカギを握るカート・スズキ捕手について、現地メディアの記事を原文で読み解きながら、英語を学んでいきましょう!

 

【過去人気記事】大谷翔平投手の元祖『恋女房』はこの人!

大谷君大好きマルドナードとの再会!MLBニュースを和訳で解説!

 

 

 

スクリーンショット参照元:MLB.com

 

今シーズンよりエンゼルスでプレーすることになったカート・スズキ選手は1983年生まれの37歳、メジャーリーグで14年間プレーしているベテランキャッチャーです。

ハワイ州出身の日系3世で、フルネームはカーティス・キヨシ・スズキ、日本名は鈴木 清〈すずき きよし〉というそうです。

 

そんなスズキ選手のプレイヤーとしてのひととなりを、マドン監督や本人の談話を交えた記事で読み取ってみます。

 

まずは、MLB公式サイトMLB.comの記事から。

 

Ohtani-Suzuki battery ‘working’ for Halos by Daniel Guerrero MLB.com

 

There has been much attention on the performance of Angels two-way star Shohei Ohtani. With the question of whether he will pitch and hit in the same game seemingly constant, one thing to expect is catcher Kurt Suzuki behind the plate for Ohtani’s starts.

二刀流スター大谷翔平に大きな注目が集まっている。彼が投げる試合で打席に立つかどうかは引き続きわからないように思えるが、大谷の先発時には捕手カート・スズキがマスクを被るということは予想できそうだ。

Both Suzuki and Max Stassi operate as the Angels’ two primary catchers, and manager Joe Maddon said both have shown great character and strong work ethic. When it comes to the veteran Suzuki in particular, Maddon said things tend go well when he’s paired up with Ohtani.

スズキとマックス・スタッシはともにエンゼルスの二人の正捕手としてプレーしており、マドン監督は両者とも素晴らしい性格と強いプロ意識を持っていると言っている。特にベテランのスズキのこととなると、彼はオオタニと組むと相性がいいようだとマドンは話している。

Maddon said he would “leave it alone” for now, and we should expect to see more of the Ohtani and Suzuki connection.

マドンは、しばらくは「このまま様子をみて」、オオタニとスズキの関係にさらに多くのものを期待をすると話している。

“They’re there for them, and I’ve only known Kurt for a little bit of time. I knew Stass from last year, but Zuk, I’m telling you, if you’re a pitcher, you want to throw to this guy,” Maddon said. “He’s fully committed to your success. His homework is outstanding. Why those two? It just seems to be working right now.”

「彼ら同士でうまくやってるさ、私はカートに会ってまだ間もない。スタッスは去年から知っているが、ズック(スズキ)は今年からだ。もし君がピッチャーなら、この男に受けてもらいたいと思うよ」マドンは言った。「彼は君が成功するよう精一杯尽くしてくれるよ。彼の仕事は素晴らしい。なぜ、この二人だって?今はそれがうまくいってるからね。」

Despite the superstar status of Ohtani, Suzuki said he looks at the dynamic of catching the two-way player like he does with other pitchers he works with.

オオタニはスーパースター的な状況だが、スズキはこの二刀流プレーヤーの球を、彼が組む他の投手と同じように受けていると言った。

“I mean, it’s not really much different than the other guys,” Suzuki said. “You try to build that relationship, you build that trust with each pitcher. Obviously, [with] different personalities you tend to do different things to try to communicate with each of them. Obviously, Shohei is a special athlete, special pitcher and you know he has an idea of what he really wants to do on the mound, and you just try to get on the same page.”

「他の投手と大きな違いはないですよ」スズキは言った。「投手との関係、お互いの信頼関係を築く。もちろん、性格が違えばそれぞれの投手とのコミュニケーションの取り方は違ってくるけれどね。明らかにショウヘイは特別なアスリートで特別なピッチャーでマウンド上で何がしたいかという考えを持っている。ただ共通の考えを持とうとすればいいだけさ。」

The relationship built between the two was evident in Ohtani’s start against the Rangers on Monday. Ohtani gave up four runs in the first inning and walked two batters and hit another. He then proceeded to strike out eight batters over 4 scoreless innings to earn his first win of the season.

二人の関係が築かれたのは明らかに月曜日(4月26日)のレンジャーズ戦のオオタニの先発であった。オオタニは初回4点を許し、打者二人を歩かせてさらにヒットを打たれた。その後彼は8奪三振で4回を無失点に抑え、今季初勝利を得た。

“Obviously the first inning wasn’t like Shohei. … [He] just wasn’t settling in [and] wasn’t comfortable yet, and we talked a little bit in the dugout and we figured out a game plan to move forward and see if we can get him back on track,” Suzuki said.

「明らかに初回はショウヘイらしくなかった。。。準備ができていなかったし、落着きがなかった。それでダグアウトで少し話し、前に進めるようにゲームプランを考え、軌道に戻れるか考えたんだ。」スズキは言った。

 

 

続いて地元紙Los Angels Times の記事から

 

Shohei Ohtani and Kurt Suzuki becoming an effective duo for the Angels by Jack Harris Los Angels Times

 

After the first inning of Shohei Ohtani’s most recent start Monday against the Texas Rangers, when the right-hander struggled with his command in a four-run opening frame, catcher Kurt Suzuki hatched a plan with his two-way battery mate.

月曜日(4月26日)テキサス・レンジャーズ戦でのオオタニの先発の初回、立ち上がりコントロールに苦しむ右腕が4点を失った後、捕手カート・スズキは、バッテリーを組む二刀流とプランを立てた。

Unlike past outings, when Ohtani would lean more on his secondary pitches while searching for his fastball command, he and Suzuki decided to stick with the upper-90 mph four-seamer. They emphasized the need to be aggressive early in the count. They tried to hit the reset button.

速球のコントロールを探しつつ変化球に頼っていた過去の登板と違って、彼とスズキは時速90マイルを超えるフォーシームで通すことに決めた。彼らは、早めのカウントで積極的に攻めることを強調した。彼らはリセットボタンを押そうとした。

It worked. Over his final four innings, Ohtani didn’t give up another run.

うまく行った。続く4イニングを、オオタニは無失点に抑えた。

When Ohtani makes his next start Monday against the Tampa Bay Rays, Suzuki is expected to be back behind the plate. The 15-year veteran might not be the best pitch-framer, nor a more potent offensive threat than fellow Angels catcher Max Stassi. But since joining the club this offseason, he and Ohtani have emerged as an effective duo.

月曜日のタンパ・ベイ・レイズ戦でのオオタニの次回登板時に、スズキはまたマスクを被ると予測されている。15年目のベテランはフレーミングがものすごく上手いというわけでもないし、同僚のマックス・スタッシよりも守備力が高いわけでもない。しかし、このオフにチームに入団して以来、彼とオオタニは相性のよいバッテリーとして浮かび上がってきた。

“It just appears as if they’re getting somewhat on the same page,” manager Joe Maddon said, confirming he will try to keep the Ohtani-Suzuki combination intact for the time being. “That’s not to say I would hesitate to put Stass back there [with Ohtani]. Just as of right now, leave it alone. Suzuki, I’m telling you, the guy is totally committed to his pitcher. I love it.”

「彼らはなんらかの共通の考えを持ち始めたように思える」ジョー・マドン監督はそう言って、オオタニとスズキのコンビネーションをしばらくはそのまま続けることを確認した。「スタッスにまた戻すことをためらっているわけではないんだがね。ただ今は、そのままにしておくよ。スズキはね、本当にあの男はピッチャーのために全力を尽くしてくれる、そこがとてもいいね。」

Suzuki had been Ohtani’s most common partner since the start of spring training, catching three of his four Cactus League starts and two of his first three outings in the regular season while Stassi was on the injured list. Now, their pairing will be more intentional. On Friday, before the Angels lost to the Seattle Mariners, Maddon offered several reasons why.

スズキはスプリング・トレーニングが始まって以来、オオタニと一番組んできた捕手であり、スタッシが彼のカクタス・リーグでの4先発中3度、レギュラーシーズンが始まって最初の3度の登板のうち、スタッシが負傷者リスト入りしている間2度受けている。今では、意図的に彼らのバッテリーが組まれている。金曜日、エンゼルスがシアトル・マリナーズに敗れた試合の前に、マドンはいくつかの理由を述べている。

First and foremost, Maddon praised the behind-the-scenes work Suzuki puts into each pitcher’s start, a dedication he believes has helped the newly-acquired 37-year-old backstop earn instant credibility in the clubhouse — and with Ohtani especially.

何よりもまずスズキがそれぞれの投手の先発登板につぎ込む陰の働きをマドンは称賛している。投手に献身することで新しく獲得された37歳の捕手がクラブハウス内での信頼を即座に得ることができたー特にオオタニとのーと、彼は思っている。

“Shohei, he’s a special athlete, special pitcher,” Suzuki said. “He has an idea of what he really wants to do on the mound. You just try to get on the same page. You study him, you talk to him [about] strategy. And then in-game, he’s very intelligent. He’ll let you know which pitches he feels comfortable with, and then you just work from there.”

「ショウヘイ、彼は特別なアスリートで特別なピッチャーだ」スズキは言った。「彼はマウンド上で何がしたいかという考えを持っている。ただ共通の考えを持とうとすればいいだけさ。彼のことを知って、戦略を彼に話すのさ。そうすれば、試合で彼はとてもインテリジェントなピッチャーなので、どの球種が調子がいいか教えてくれるし、そこから組み立てればいいだけだよ。」

Maddon also cited Suzuki’s ability to block Ohtani’s wicked off-speed and breaking pitches, especially a splitter that often dives out of the zone and into the dirt.

マドンはさらに、オオタニのひどい曲がり方をする緩球やキレのある変化球、特にワンバンすることも多いスプリットをブロックするスズキの能力についても話している。

That’s a skill Maddon and Suzuki believe can be particularly valuable with a pitcher like Ohtani, who throws fewer pitches in the strike zone than the average big leaguer and instead relies more on getting hitters to swing-and-miss while chasing.

それはオオタニのような、平均的なメジャーのピッチャーよりストライクゾーンに入ることが少ないかわりに、つり球で打者から空振りを取るタイプのピッチャーには特に価値のあるスキルであるとマドンとスズキが考えるスキルである。

“Catching Ohtani is no day at the beach,” Maddon said. “When it comes to metrics and framing and stuff, it’s not easy to frame Shohei Ohtani’s pitches. Sometimes it can just be self-defense in a game. And [Suzuki] has been acrobatic making some plays for Shohei.”

「オオタニの球を受けるのは容易いことじゃないよ」マドンは言った。「メトリクスやフレーミングといったことになると、ショウヘイ・オオタニの投球をフレーミングするのは簡単なことじゃないよ。試合の中では自分を護るくらいのことにしかならないよ。彼はアクロバティックなプレイでショウヘイの球を受け止めているよ。」

When asked about Suzuki’s pitch framing — a skill of which Suzuki has been ranked in the bottom half of MLB catchers five of the last six years, according to Baseball Savant’s framing s — Maddon acknowledged that “some people put more stock into that than maybe I do.”

スズキのフレーミングはと問われると、 ― スズキのこのスキルは、Baseball Savantのフレーミング評価によると直近6年のうち5回、下位半分にランクされているのだが ー 「まぁあまり私はそういうデータは信用してないけどね」とマドンは言った。

“I just like guys that prep well, guys that are winners,” Maddon continued. “And this guy would do anything for his pitcher. That’s my own personal metric, why I love this guy so much.”

「準備をしっかりする選手、勝利に貢献する選手が好きなんだよ」マドンは続けた。「この男は投手のために全力を尽くしてくれる。そこのところが私の個人的なメトリックで、この選手を好きな理由なんだ。」

 

 

最後に、カート・スズキ選手のエンゼルスへの移籍が決まったときの記事をご紹介します。

 

“Angels sign catcher Suzuki to 1-year deal” by Rhett Bollinger MLB.com

 

The Angels explored several avenues to improve their catching situation and ultimately decided to sign veteran catcher Kurt Suzuki to a one-year deal worth $1.5 million on Friday, giving them more flexibility to acquire pitching help this offseason.

エンジェルスは捕手の状況を改善するためにいろいろと模索した結果、金曜日、ベテラン捕手カート・スズキと1年150万ドルの契約を結び、このオフシーズン、バッテリーの幅を広げた。

Suzuki will serve as the backup catcher to Max Stassi with Anthony Bemboom, remaining on the 40-man roster to provide depth. Stassi is coming off left hip surgery in October, but the club is optimistic he’ll be ready for Spring Training. Suzuki, 37, signed at a below-market rate because of his desire to join the club, which allows the Angels to allocate more resources elsewhere.

スズキはアンソニー・ベンブームとともにマックス・スタッシのバックアップとして、40人枠に残りデプスを強化する。スタッシは10月の手術からの復帰を目指すが、球団はスプリング・トレーニングには間に合うだろうと楽観的である。37歳のスズキは、エンゼルス入団を強く望んで市場価格以下で契約したが、そのためエンゼルスは他の戦力に資金を割り当てることができる。

 

 

“He’s a first-class individual, he had other offers for more money,” said general manager Perry Minasian. “This is where he wanted to be, which is important to us as an organization. We want players that that want to be a part of the Angel family. He passed up a better offer, and we felt like this is a really good fit. We’re really, really excited to have him.”

「彼は一流の選手だから、他にもっと高い契約金でのオファーもあったんだ。」ペリー・ミナシアンGMは言った。「ここが彼の来たかったチームで、そのことが組織として我々に重要なんだ。我々はエンゼルスファミリーの一員になってくれる選手を求めている。

彼は条件のよいオファーを断って、我々はほんとにぴったりの選手だと感じたよ。彼を迎えることは本当に本当にエクサイティングだよ。」

 

(中略)

 

Suzuki has local ties, as he won the College World Series with Cal State Fullerton in 2004, and is familiar with Minasian from their time together with the Braves in 2018.

スズキは地域的な縁もある。彼は2004年にカリフォルニア州立大学フラトン校の一員としてカレッジ・ワールド・シリーズで優勝しており、また2018年のブレーブス時代以来、ミナシアンをよく知っている。

Suzuki played in 33 games with the Nationals in the shortened 2020 season, hitting .270/.349/.396 with two homers and 17 RBIs in 33 games. He has remained a productive hitter late in his career, as he also batted .264/.324/.486 with a career-high 17 home runs and 63 RBIs in 85 games in ’19, helping the Nationals win a World Series title.

スズキは、試合数削減となった2020年シーズン、ナショナルズで33試合に出場し、.270/.349/.396、2本塁打、17打点の打撃成績だった。彼は、キャリア後半ではあるがまだ生産性のある打者である。19年には.264/.324/.486、キャリアハイの17本塁打、63打点という成績を残して、ナショナルズのワールド・シリーズ優勝に貢献した。

Suzuki, an All-Star with the Twins in ’14, has played 14 seasons in the Majors, batting .259/.316/.392 with 133 homers and 669 RBIs in 1,512 games. He’s also considered a clubhouse leader, and, with his experience, he’ll help the pitching staff as well.

スズキは14年ツインズ時代にオールスター戦に出場し、メジャーで14シーズンプレーしている。通算成績は1,512試合で、.259/.316/.392、133本塁打、669打点である。彼はまた、その経験からクラブハウスリーダーであるとも考えられており、投手陣を支えるだろう。

“We see him as a quality backup catcher,” Minasian said. “A guy that can catch twice a week, three times a week. If needed, he could catch more. It takes a lot of toughness and durability to catch 13 seasons in the Majors. There’s not a lot of guys that have been able to accomplish that.”

「我々は彼を価値のあるバックアップキャッチャーと考えている」ミナシアンは言った。「週に2回か3回受けられる選手だ。必要なときはさらに多く受けられる。メジャーで13シーズン受けると いうのはとてもタフで忍耐力がいることだ。多くの選手ができるわけではない。」

 

 

いかがでしょうか、大谷翔平選手の投げる剛速球や落差の大きいスプリットを受け止めるだけでも捕手のスキルが大いに必要になってくると思うのですが、さらに投手のパフォーマンスを最大限に引き出すために献身的に仕事をするスズキ選手。大谷翔平選手は素晴らしいパートナーを得て、ますます二刀流に磨きがかかりそうですね。

 

 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。