Sponsored Link




投手大谷が打者大谷と対戦したら悪夢?MLBニュースを和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

 

もしも投手大谷翔平と打者大谷翔平が対戦したらどっちに軍配が上がるのか?

それは多くの人が一度は想像する、あるいはあちこちで議論しているかもしれないテーマでしょう。

非常に緻密な(というかマニアックな)データを元にこのテーマを分析している記事を、 VICE SPORTS というスポーツメディアで見つけましたので、原文と和訳でご紹介します。

 

この記事の分析によると、打者大谷が有利のようです。

長文でかなり細かいデータのお話しになりますが、大谷選手自身を非常によく分析しているおもしろく熱のこもった(というかマニアックな)文章なので、ぜひゆっくりお楽しみください。

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

 

 

投手オオタニにとって打者オオタニとの対戦は悪夢

 

Shohei Ohtani and literally Babe Ruth. Three-hundred plate appearances and 10 starts into his Major League Baseball career and George Herman Ruth, the Sultan of Swat himself, is the only point of reference for what the Los Angeles Angels’ right-handed pitcher—and left-handed batter—has done so far.

ショウヘイ・オオタニ、文字通りのベーブ・ルース。メジャー・リーグ・ベースボールで300打席と先発10回達成。このロスアンジェルス・エンジェルスの右ピッチャー兼左バッターがこれまでに成し遂げたことを評価する基準となるのは、スルタン・オブ・スワット(打撃の帝王)ことジョージ・ヘルマン・ルースしかいないのだ。

 

Ohtani came over from Japanese professional baseball amidst a cacophony of hype, only to have the 24-year-old nearly exceed it in the season’s opening months. He can smash home runs to the deepest part of any park as a hitter and throw 100 miles per hour as a pitcher. The Angels all but won the won the lottery—again.

オオタニは日本のプロ野球から、過剰とも言える騒ぎの中をやってきた。結果としてこの24歳は、シーズン開始の1ヶ月でそれを超越した。打者としての彼はどんな球場の最も深い場所にでもホームランを打ち込めるし、投手として時速100マイルの球も投げられる。エンジェルスは、再度宝くじに当たったようなものだ。

 

Productive as Ohtani’s been, he’s still learning on the job. Like most big leaguers, he’s vulnerable to pitchers with good changeups and the ability to bury sliders under his hands, especially when paired with elite velocity. It especially leaves him vulnerable to one pitcher, specifically: Shohei Ohtani.

実りはあったが、オオタニはプレーをしながらまだ学んでいる途中である。多くのメジャーリーグの打者のように、よいチェンジアップと手元で沈むスライダーを持ち、特にそれらをエリート球の直球との組み合わせることのできるピッチャーが苦手だ。ということは、彼の苦手となりそうなピッチャーが1人いる。それはショウヘイ・オオタニだ。

 

Based on his (limited) track record, Ohtani the pitcher represents the perfect weapon to retire Ohtani the hitter. That duality is what made the total package so alluring for every team in baseball in the first place. With at least a full year until we see him face big league hitters again, now is the time for a thought experiment: How would Ohtani the pitcher attack Ohtani the hitter?

彼の(限定的ではあるが)実績を見ると、投手オオタニは打者オオタニからアウトを取る完璧な武器となる。そういった二面性がそもそも、あらゆる野球チームにとって魅力的なトータルパッケージとなっているのだ。少なくともフルイヤー彼がまた大リーグのヒッターたちと対戦するまで、今は想像してみるだけの実験となるが、投手オオタニは打者オオタニをどのように攻めるだろうか?

 

打者オオタニの分析

To say Ohtani is unique is an understatement, but the way he approaches every plate appearance certainly stands out. Few hitters in the game today, if any, boast his brand of prodigious power to the middle of the field. No hitter, by a shocking margin, can claim better numbers when hitting the ball to center field.

オオタニがユニークだと言うことは控えめな表現で、毎回彼の打席は際立っている。彼独特のフィールド中央に運ぶ並外れたパワーを自慢できる現役の打者は、もしいたとしても非常に少ないであろう。衝撃的な大差をつけて、彼は誰よりも多くの打球をセンターフィールドに運んでいる。

 

画像参照元: FanGraphs

 

The Angels’ DH relies on his pitch recognition and preternatural reflexes to wait, driving fastballs the opposite way while using the big part of the field to corral breaking balls. He rarely pulls the ball with authority, instead waiting back to do his damage (though he had no problem turning on a 97-mph fastball from Luis Severino earlier in the season.)

エンジェルスのDHは自分自身の投球感覚や超能力的な反射神経に頼って球を待ち、速球を反対方向に運び、変化球を囲い込むように捉えてフィールドの広い部分へと打つ。彼が力ずくで球を引っ張ることはめったになく、しっかり待って打撃を与える。(シーズン初めに、ルイス・セベリーノの97マイルの速球に向かって行くことも問題ないと示しているが。)

 

Ohtani happily rides high fastballs out to center field, or he will stay back even longer and deposit it into the cheap seats in left, his opposite field.

オオタニは高めの速球をセンターへ運ぶのが好きなようだ。あるいはさらに待って反対方向である左翼席に打ち込むこともある。

 

What we don’t often see the Angels slugger do, something very common among just about every other power hitter in baseball, is pull the ball with authority. His second dinger in the below clip is a no-doubter to right center, as he still uses the middle of the field on a ball he could easily attempt to pull down the line.

他のパワーヒッター皆がよくやることで、このエンジェルスのスラッガーにあまり見られないのが、球を力まかせに引っ張るということだ。下の動画の中の彼の2本目のホームランは、打った瞬間にわかる右中間への当たりだが、彼が簡単にライナーを飛ばせるフィールド中央に打ち込んでいる。

 

 

The one hole in the big 6’4″ lefty’s game is strikeouts. Ohtani’s strikeout rate is nearly 30 percent, making him one of the 30 or so more whiff-prone hitters in the game. Good sliders are his main nemesis, with those thrown inside, under his hands and toward his back foot, giving him the most trouble.

6フィート4インチの長身の左打者の1つの穴は三振である。オオタニの三振率は30パーセント近く、彼は空振りの多い30人の選手に含まれている。きびしいスライダーが彼が主に不得意とするもので、内角に投げ込まれた手元から後ろの足元へ沈む球に最も苦労している。

 

The below heat map (from the catcher’s perspective) shows his tendency to swing and miss at sliders from right-handed pitchers.

下のヒートマップ(キャッチャー側から見たもの)は、右投手が投げたスライダーに対する彼のスイングと空振りの傾向を示したものである。

 

Via Brooks Baseball

 

投手オオタニの分析

In a nutshell, Ohtani brings the heat, with a fastball that touches triple digits, giving him one of the highest average velocities among starters this year. He complements that high octane (but straight) fastball with a sweeping slider and his mind-bending splitter, which dives down and away from left-handed batters, generating terrible swings by the hatful.

一言で言うとオオタニは、今年の最速アベレージを持つ先発投手の中の1人に入る3桁に達する速球で熱狂を招いた。彼はハイオクな(だが真っ直ぐな)速球に圧倒的なスライダーや左打者の外角低めに沈むショッキングなスプリットを織り交ぜて、派手な空振りを量産している。

 

Ohtani also offers a much slower “show me” curveball, a pitch he can use to steal a strike or two from hitters geared up for his big time velocity.

オオタニはまた、大変遅い “ショーミー” カーブボールを持っていて、それは彼のとびきりの速球に備えてギアアップした打者からストライクを1つや2つ奪うことができる球である。

 

In just ten starts this season, at least three of which were hampered by injuries, Ohtani managed a 3.31 ERA, striking out 30 percent of the hitters he faced by fanning 63 batters in 51.2 innings. He allowed six homers in those ten starts, just one coming off the bat of a left-handed hitter.

今シーズンは10回しか先発しておらず、そのうち少なくとも3回はケガで思うような投球はできなかったが、オオタニは防御率3.31、51回2/3で63奪三振、対戦した打者の30%から三振を奪っている。ホームランを6本許しているが、うち1本が左打者によるものである。

 

At his best, Ohtani generates swinging strikes with his splitter, his “putaway pitch” when ahead in the count, especially the first time through the order. He then works off that pitch, using his slider and, later in games, his fastball spotted down and away for called strikes against hitters expecting that splitter to dive under the strike zone.

絶好調時のオオタニは、特に打順一巡目、有利なカウントで彼の決め球であるスプリットを投げ空振り三振を奪っている。その後スプリットを減らしてスライダーを使い、ゲーム終盤では外角低めを狙った速球で、スプリットがストライクゾーンを低めにはずれると予想した打者から見逃し三振を奪っている。

 

 

実在の選手を置き換えてシミュレーション

To envision just how this magical encounter might go, let us look to recent history. A decent Ohtani hitter proxy exists in the form of Matt Olson, first baseman for the Oakland A’s. While Olson isn’t quite the same calibre hitter as Ohtani (who is?!), he looks the part and puts up numbers similar to those the Angels’ star rookie boasts this year.

この魔法の対戦がどのようなものになるか想像するために、最近の履歴を見てみよう。打者オオタニにそこそこ近い代替として考えられる実在の選手は、オークランド・アスレチックスのマット・オルソンであろう。オオタニと同じスケールの打者ではないが(そんな打者はいるだろうか?)いくつか似た部分がもあり、今シーズン放ったホームラン数もエンジェルスのスタールーキーと似通っている。

 

Olson hits the ball hard at a similar rate to Ohtani (often) and uses the opposite field regularly. Unlike Ohtani, Olson is human. In this early-season matchup between the two, Ohtani’s heat was on display, showing how his elite velocity lets him get to places other pitchers cannot.

オルソンはオオタニと同じような高い確率で強打し、通常逆方向へ打球を飛ばす。オオタニと違ってオルソンは実在の人間である。今シーズン初めの2人の対戦で、オオタニのヒートが表示されたが、彼のエリート級の球の速さが他の投手には到達できないレベルのものであることを示していた。

 

There aren’t many pitchers who throw this hard with the same type of splitter/slider mix. Masahiro Tanaka is another expert user of the splitter, but his velocity is a far cry from that of his countryman.

スプリットとスライダーを織り交ぜながらこれほどの剛球を投げる投手は多くない。マサヒロ・タナカも優れたスプリットを扱うが、球の速さに関しては彼の同郷プレーヤーのものとは程遠い。

 

Justin Verlander is an imperfect but useful comparison for our purposes. Verlander doesn’t use his changeup as a weapon the way Ohtani does, but the velocity and volume of head-to-head battles serves our specific, insane needs.

ジャスティン・バーランダーは完全にではないが比較として使える投手である。バーランダーはオオタニのようにチェンジアップを武器にはしないが、球の速さや直接対決数では私たちの限定的でばかげた需要には役立ちそうだ。

 

In an early-season matchup, Verlander struck out Ohtani three times, pounding the zone with fastballs until getting the strikeout with a well-placed curve down-and-in in the first plate appearance. Later in the game, his attack shifts, and two high fastballs register two more Ks for the Astros legend.

シーズン初めの対戦で、バーランダーはオオタニを3三振に打ち取っている。最初の打席ではストライクゾーンに速球を投げ込んだ後、狙い澄ましたカーブボールで三振を奪っている。その後バーランダーの投球は変化し、2つの高めの速球でアストロズのレジェンドにふさわしいさらに2つの三振を奪っている。

 

 

It’s also worth noting that while Verlander has struck Ohtani out five times in 12 plate appearances, the Angels slugger has tagged the future Hall of Famer for two doubles and a home run already in his short career.

注目すべき点は、12打席中バーランダーがオオタニから5つ三振を奪っている一方で、エンジェルスのスラッガーがまだ浅いキャリアの中2本の2塁打と1本のホームランを叩き、将来の殿堂入りに近づいたということだ。

 

いよいよ対戦:第1球

As a pitcher facing left-handed batters, Ohtani loves to start hitters with his fastball, throwing it 50 percent of the time as his first pitch. Against a powerful lefty like himself, Ohtani will continually use his fastball to get above the hands while preventing the batter from extending his arms to access his power.

投手として左打者に対戦するときオオタニは初球に速球を投げることを好み、初球の50パーセントが速球である。彼自身のような左のパワーヒッターに対してオオタニは、手元より上の速球をコンスタントに使いながら打者が腕を伸ばしてパワーを発揮するのを防いでいる。

 

On the other hand, Ohtani as a hitter isn’t afraid to let loose against first-pitch fastballs, and he’s shown himself to handle high-end velocity with no problem. Given that Ohtani the batter is less willing to swing at curveballs earlier in the count, a first-pitch curve from Ohtani to Ohtani feels like the best option.

もう一方で打者オオタニは初級の速球を恐れておらず、最高速度の球にでも問題なく対応できるを示している。もし打者オオタニが早いカウントでカーブボールをあまり振りたくないとしたら、打者オオタニに対する投手オオタニの初級はカーブというのがベストオプションのようにも思える。

 

内角で仕留める

If the first pitch is a strike, the next pitch is going to be a splitter. There will be no secret and no pretense, as Ohtani’s splitter is the perfect weapon to wield in this moment. And wield it he does.

もし初級がストライクであれば、次の球はスプリットだろう。隠す必要もごまかす必要もない。オオタニのスプリットはこの場面で使うのにパーフェクトな武器となるからだ。

 

As a batter, other pitchers look to punish Ohtani’s aggression with changeups in this situation, as well. It’s the perfect storm and represents a massive advantage for the pitcher in our imaginary internal struggle.

このシチュエーションで打者オオタニの攻撃を仕留めるのに、他の投手ならチェンジアップも使うであろう。私たちのこの想像上の対戦において、それはパーフェクトな襲撃でピッチャーにとって大きなアドバンテージとなる。

 

If the pitch misses and Ohtani the batter can hold back his swing, the 1-1 count swings the advantage back in favour of his bat, as the pitch he sees (and throws!) is again likely to be a fastball. While Ohtani’s splitter gives his pitching persona the advantage over the hitter within, his very straight fastball favours Ohtani the hitter, so any 1-1 heater needs to be well-located or you’re running the risk of that baseball being sent into orbit. Preferably on the inside half of the plate, but not so far inside that the batter uses his lightning-quick hands to drive the ball to right field.

もしも投球が外れて打者オオタニがバットを振らず見極めたら、1-1というカウントは一転して打者に有利となる。というのも次の球もまた速球になるであろうから。オオタニのスプリットは彼の投手としての人格に打者としての人格に対する優位性を与えてるものであるが、一方で彼の真っ直ぐに伸びる速球は打者オオタニにとって有利に働くのだ。なので、この1-1から投げる球は慎重にコースを選ばなければならない、さもなければ、その球は放物線を描いて飛んで行く危険を冒すことになる。内角寄りに投げるのが好ましいが、あまり寄り過ぎると稲妻のように打球をライトに飛ばされてしまう。

 

As the at-bat progresses, the more likely Ohtani the pitcher is to go back to his splitter, tipping the scales in favour of the hurler. He still has his slider to work in as well, putting Ohtani the hitter on the defensive.

投球が進むと、投手オオタニはスプリットに戻る傾向にあり、形勢は投手有利となる。彼はまだスライダーも持っており、打者オオタニを守勢に立たせることができる。

 

Even with two strikes, against a big power hitter in our magical scenario, his fastball is in danger of being hit out of the park. A hanging slider is sure to be punished if left over the plate. If his splitter stays flat, it’s also going for a ride.

2ストライクを取っても、私たちのこのマジックシナリオにおけるビッグパワーヒッターに対して速球を投げることは、打球を場外に運ばれる危険を持っている。高めのスライダーはプレート上にかかっていれば手荒く打たれるであろうし、もしスプリットが落ち切らなかったら、これもまた打球が高く飛んでいくであろう。

 

フルカウントからの投球

Were we lucky enough to inhabit a metaphysical plane where Shohei Ohtani could be both pitcher and hitter in one single at-bat, and that at-bat results in a full count, we could experience the heat death of the universe. Or a home run if the pitcher threw a fastball over the plate.

もし私たちが幸運にも想像の翼を広げてショウヘイ・オオタニが投手・打者の両方で1打席を対戦するのを見ることができるとしたら、そしてその打席がフルカウントを迎えたら、私たちは宇宙の熱死を体験するかもしれない。つまり、プレート上に投げ込まれた速球をホームランだ。

 

Hitter Ohtani has decent numbers when the count runs full, with a double, home run and 14 walks in the 44 plate appearances that ended with a full-count pitch. As a pitcher, the opposite. Pitcher Ohtani really struggled in a tiny sample of full count at-bats, walking the yard and giving up two of his six home runs. Perhaps situations like that work against his wide-ranging pitch arsenal.

打者オオタニはフルカウントに持ち込んだ44打席中、1二塁打、1ホームラン、14四球とまずまずの数字を残している。投手としては反対に、非常に少ないながらもフルカウントからは苦しんでいて、四球と6本打たれたホームランのうちの2本を打たれている。おそらくフルカウントという状況は彼の幅広い持ち球には不利に働くのであろう。

 

With the count 3-2, I’d advise Ohtani the pitcher to slip a slider past Ohtani the hitter, but one that’s kept in the zone to avoid the walk. The chance to freeze up a hitter, as in his final start of 2018, is a risk worth taking.

3-2のカウントでは、打者オオタニに対してスライダーを滑らせることを投手オオタニに薦めたい。ただし歩かせるのを避けるためにストライクゾーンには入っていなければならない。2018年最後の先発のときのように、打者を身動きさせない球を投げる可能性は、リスクを冒す価値がある。

 

All of this is to suggest that we are talking about a singular player with a skill set too good to be true. In his first year, with all the hurdles he had to face this season, he has wildly exceeded every expectation. At the plate, he’s a phenom and the likely rookie of the year in the American League. So prolific has his hitting (and baserunning) been, the extent of his elbow injury has thrown his future as a pitcher into some doubt.

ここに書いた全てのことは、あり得ないほど素晴らしいスキルをセットで持ち合わせた1人の選手について語ろうではないかという提案だ。最初の年に彼は、今シーズン中に直面しなければならなかったあらゆる障害にもかかわらず、全ての期待を大幅に上回った。打席ではアメリカン・リーグの新人王に輝くのではないかという活躍をしている。彼の打撃(と走塁)があまりにも多くの実を結ぶものであったため、彼の投手としての先行きが疑問視されてきている。

 

Even without the pitching aspect, Ohtani is a true wonder whose best days are only ahead of him, and we’re all better for it. While our dream scenario is mere fantasy, baseball fans from Japan to California and all across the globe eagerly await Ohtani’s return to the mound, where his full potential will be on display once again.

投球という側面がなくてもオオタニは真に感嘆すべき存在であり、最高の日々が彼の目の前にある。だからもう我々は大丈夫なのだと。私たちの夢のシナリオは空想に過ぎないが、日本からカリフォルニアまでそして世界中の野球ファンは、オオタニがマウンドに帰って来るのを首を長くして待っている。そこでこそ、彼の能力がもう一度フルに発揮されるのだ。

 

He could end up one of the best players in all of baseball, but for right now he’ll have to settle for a once-in-a-century talent and this twisted version of “would you rather?”

彼は野球界全ての選手の中でベストプレーヤーの1人に終わるかもしれないが、今この時点では、100年に1人の才能あるプレーヤーでなければならない。そして、この “どちらがいいか?” の逆バージョンも見せて欲しい。

 

ニュース原文・画像スクリーンショット参照元:VICE SPORTS

 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。