Sponsored Link




大谷翔平 気にになる復帰はいつ?MLBニュースを和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

 

リハビリを続ける大谷翔平選手、エンジェルスのGMビリー・エプラー氏の電話会見では、回復は順調も現地時間3月28日の開幕戦には残念ながら間に合わないとのことです。

では、復帰はいつごろになるのでしょうか。

米メディアでも注目が集まっていますが、今回は Forbes の記事を英文プラス和訳で読み解いてみましょう。

 

 

驚くことでもなく:オオタニが開幕に間に合わない見込み

 

It comes as no surprise that Los Angles Angels two-way sensation Shohei Ohtani will not be ready to play by opening day at the division-rival Oakland A’s on March 28.

ロサンジェルス・エンジェルスの二刀流天才ショーヘイ・オオタニが、地区ライバルオークランド・アスレチックスとの3月28日の開幕戦に間に合わないであろうということは、特に驚くべきことでもない。

 

Ohtani had Tommy John ligament replacement surgery just after the end of the regular season, and since the surgery has a 12-18 month recovery period, he wasn’t expected to pitch until the 2020 season.

オオタニはレギュラーシーズン終了直後トミー・ジョン手術を受けたが、この手術は回復に12~18ヶ月を要するので、彼は2020年まで投球は行わないと予測されている。

 

The question was how soon the reigning American League Rookie of the Year would be able to hit, rare ground that has never been covered since the surgery was invented to save John’s career in 1974.

問題は現アメリカン・リーグの新人王がいつ打つことができるようになるかということであった。それはジョン選手のキャリアを救うためにこの手術が1974年に開発されて以来めったにないケースである。

 

Ohtani is the first full-time two-way player in the Major Leagues since Babe Ruth pitched and played outfield for the Boston Red Sox a century ago.

オオタニは1世紀前にベーブルースがボストン・レッドソックスで投手と野手でプレーして以来のメジャーリーグでの正規の二刀流プレーヤーである。

 

“It’s clear to us that the timing of his progression will not allow him to be active for opening day,” general manager Billy Eppler said Friday during a conference call with the team’s beat writers. “Anything beyond that, I cannot answer at this time, because it’s a multilayered progression that he has to go through. To pinpoint a time is unrealistic.”

「彼の進行状況では開幕出場はできないのは明らかである」とGMビリー・エプラーは球団担当記者との電話会見で言った。「それ以上のことは現時点では答えられない。彼は何段階もの進行を経ていくので、ピンポイントで時間を述べることは現実的ではない。」

 

Angels pitchers and catchers have their first workout at the Tempe Diablo Stadium complex Feb. 13. Ohtani has been given clearance to begin weight training and will report to camp in a much less heralded position than he did last year when his emergence as a Major League player was one of the biggest stories in the Arizona spring camps.

エンジェルスの投手と捕手は2月13日にテンペ・ディアブロ・スタジアムの球団施設でトレーニングの初日を迎える。オオタニはウェイトトレーニングを始めることは許可されており、昨年のアリゾナ・キャンプで最大の注目を集めたメジャーリーグプレーヤーの1人として登場したときよりははるかに騒ぎは少ないと見られるが、キャンプに合流することになっている。

 

It takes position players six to nine months to recover from Tommy John surgery. For example, Los Angeles Dodgers shortstop Cory Seager had the surgery last May 6 on his right elbow and then another to repair a torn labrum in his left hip, but is expected to be ready for spring training. A shortstop, though, may have to throw the ball about a dozen times a game, most of that at far less than maximum velocity.

野手がトミー・ジョン手術から回復するには6~9ヶ月かかる。例えば、ロサンジェルス・ドジャーズの遊撃手コリー・シーガーは昨年5月6日に右肘を手術し、さらにその後左臀部関節唇の損傷治療のためにもう1度手術をしたが、スプリングトレーニングには間に合うと考えられている。ただ、最高速度よりははるかに遅い球ではあるが、遊撃手は試合中に何度もスローイングしなければならない。

 

When Ohtani is given clearance to start hitting, he’ll remain the Angels designated hitter where he had 367 plate appearances last season with a slash line of .285/.361/.564, 22 homers, 61 RBIs and a .925 OPS.

オオタニが打撃を始めることを許可されると、昨年に引き続き、367打席で打率.285出塁率.361長打率.564本塁打22打点61OPS.925の成績を残した指名打者としてプレーすることになるであろう。

 

Since he only made two pitching starts because of the elbow injury after May 30, it was those hitting stats that made him the fourth Japanese player to win Rookie of the Year honors and first since Ichiro Suzuki of the Seattle Mariners in 2001.

彼は肘の故障のために5月30日以降2回しか先発登板していないので、彼が史上4人目、2001年イチロー・スズキ以来の日本人新人王となったのはこの打撃成績のためである。

 

“The uniqueness of Shohei also coming back as a pitcher is that you’ll have to incorporate the throwing progressions like throwing from farther distances,” Eppler said. “One of the things that we were mindful of is not introducing him to two new things in the same week.

「投手としても復活するというショーヘイの独自性のために、たとえば遠投のようなスローイングの進行段階も取り入れていかなければならないので」エプラーは言う「我々が留意しなければいけないことは同じ週のうちに2つの新しいことを取り入れないということである。」

 

“The easiest way to frame that is if he’s going to hit off a tee, that would come one week, but perhaps if he was going to move back in his throwing progression, that happens in a different week. It wouldn’t simultaneously happen, and each event is its own level. We’re going level to level, so that’s why it’s hard to put a timeline.”

「一番簡単な方法は、もしある週にティーバッティングをするとしたら、次にスローイングの段階を進めることに戻るが、それはまた別の週になるというような方法だ。同時に始めることはなく、それぞれのレベルに応じて進めることだ。それぞれのレベルごとに進めていくので、タイムラインを設定することは難しい。」

 

Dr. Neal ElAttrache, one of the foremost orthopedic surgeons in the field, performed the surgery on Oct. 1, the day after the end of Ohtani’s rookie Major League season. He’s the team physician of the Los Angeles Dodgers and is based at the famous Cedars-Sinai Kerlan Jobe Institute in Los Angeles.

この分野で最高の整形外科執刀医であるニール・エルアトラッシュ博士が10月1日、オオタニがメジャーリーグのルーキーシーズンを終えた翌日に手術を行った。彼はロサンジェルス・ドジャースのチームドクターであり、有名なシダーズ・サイナイ・ケルラン・ジョーブ医療機関をベースにしている。

 

Because of a diagnosed tear in his UCL, Ohtani made one start after June 6. He lasted 2 1/3 innings on Sept. 2 against the Astros at Houston and was pulled when his velocity precipitously declined. After that outing, he was told that he needed the reconstructive elbow surgery, but decided to finish the season as the DH.

UCL 損傷と診断されて、6月6日以降1度先発登板している。9月2日ヒューストンでのアストロズ戦で2イニング1/3を投げたが、急に球速が落ちて降板した。この降板の後、彼は肘の再建手術を受ける必要があると告知されていたがDHとしてシーズンを終わることに決めた。

 

When Ohtani pitched at full-strength early in the season he was nothing short of spectacular, mixing four other pitches with a potent 98-miles per hour fastball. He was 4-1 with a 3.35 ERA in seven starts through a two-run, six-hit, nine strikeout, 7 2/3 innings, season-high 110-pitch win over Tampa Bay at home on May 20.

シーズン序盤にオオタニが全力で投げていたころは、時速98マイルの剛速球に4種類の変化球を織り交ぜ、まさに壮観であった。5月20日ホームでタンパベイに対して7イニング2/3でシーズンハイの11球を投げ2失点6被安打9奪三振で勝利するまでは、7先発登板で4勝1敗、防御率3.35の成績であった。

 

Bad elbow and all, from Sept. 4 on to the remainder of the season, Ohtani had a slash line of .310/.371/.632 with seven homers and 18 RBIs. His OPS for the month was 1.003.

肘の故障を抱えながら、9月4日以降シーズンの残りの試合をオオタニは、打率.310出塁率.371長打率.632、7本の本塁打と18打点という成績を残した。この月の月間OPSは1.003だった。

 

It’s those numbers that made Ohtani say he favored his work as a hitter during his inaugural MLB season rather than his pitching. The 24-year-old, who throws right handed and bats left handed, played his first five seasons for the Nippon-Ham Fighters of Japan’s Pacific League where he had 42 wins and hit 48 homers.

このような数字があるのでオオタニは、自身のMLBデビューシーズンは投手としてよりも打者としてよい仕事をしたと言っている。24歳の右投げ左打ちプレーヤーは最初の5年間、日本のパシフィック・リーグの日本ハム・ファイターズでプレーし、42勝と48本塁打を記録している。

 

He signed with the Angels after a tour of select big-league clubs Dec. 9, 2017, for the league minimum $545,000, plus a $2.3 million signing bonus. The Angels also had to pay a $20 million posting fee to the Fighters.

メジャー球団選出のツアー後の2017年12月9日、リーグ規定の最低報酬545,000ドルと230万ドルの契約金で彼はエンジェルスと契約した。エンジェルスはその他に2000万ドルの譲渡金をファイターズに支払った。

 

Through medicals from Japan he viewed at the time, Eppler knew Ohtani already had a Grade 1 tear of the UCL, an injury which continued to get worse as the season went on.

そのころに見た日本での診察結果で、エプラーはオオタニがすでにグレード1の靭帯損傷を持っており、シーズンが進むに連れて悪化するケガであることを知っていた。

 

It was a tough initial adjustment from Japan. During the spring, he horrified observers by logging a 27.00 ERA and a .125 batting average. But that changed when the regular-season began.

日本から移籍後の調整は最初大変なことだった。スプリングトレーニング中には防御率27.00と打率.125で見るものを絶望させた。しかしレギュラーシーズンに入って状況は一転した。

 

“First of all, the ball’s different, the mound’s different,” Ohtani said on the evening he beat out New York Yankees infielders Gleyber Torres and Miguel Andujar for the AL Rookie Award. “That’s something I struggled with from the beginning. Plus, the level of competition is higher over here, just different type of hitters. There were a lot of tiny adjustments I had to make early.”

「まず第一にボールが違う、マウンドが違う。」と、ニューヨーク・ヤンキースの内野手グレイバー・トーレスとミゲル・アンドゥハーを破ってア・リーグの新人王に輝いた夜にオオタニは言った。「最初そういったことに苦しみました。その上、競争のレベルがここでは非常に高く、打者のタイプが違います。たくさんの微調整を早期にしなければいけませんでした。」

 

One of them was abandoning his leg kick before taking a swing at the plate. He began to have more success when he kept his front (right) foot flat.

その1つは、打席でスイングをするときに足を上げることを止めることであった。前足をすり足にすることによってアジャストに成功した。

 

“I was simply not getting results during spring training from my at bats,” he said. “I felt like I needed to change something up. I knew I needed to make some changes. Getting rid of the kick really seems to have helped me.”

「スプリングトレーニングの打席ではただ結果が出せませんでした。」彼は言った。「何かを変える必要があると感じていました。何かを変えなければいけないとわかったのです。足を上げるのを止めることは役に立ちました。」

 

The question remains when Ohtani will be cleared to even hit again. It won’t be opening day.

打者としてでさえも、オオタニがいつ試合に出ることができるのかというのはまだ疑問のままである。開幕日ではないであろう。

 

いかがでしょうか。

復帰の時期は結局まだはっきりはしませんが、これまでの情報をまとめてみると

 

① 野手がトミー・ジョン手術から復帰するには6~9ヶ月。ただし守備にはつかないのでスローイングの負担が軽減される。(打席だけなら復帰が早くなる可能性あり?)

② エプラー氏、彼は投打両方のリハビリメニューを行う必要があるという特殊なケースで、また1度にいくつもの段階を進めることはできない。(その分復帰に時間がかかる?)

③ 1段階ずつ順を追ってリハビリを進めていくので、今のところ復帰のスケジュールは具体的にはわからない。

④ ただし、執刀医による診察によると、回復は順調。

⑤ スプリングトレーニングではチームに合流して(バッテリー陣は2月12日開始)ウェイトトレーニングを中心に調整する。

 

という状態です。

 

スプリングトレーニングが始まったら、その状況が少しずつわかってくるでしょう。

 

いずれにしても、私たちファンも焦らず回復を祈りましょう。

 

 

 

ニュース原文・画像スクリーンショット参照元:Forbes

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。