Sponsored Link




大谷翔平キャンプイン!近況を語る!MLBニュースを和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

バッテリー陣の合同練習から始まったエンジェルスのスプリングトレーニングの初日、リハビリ中の大谷翔平選手が集まった記者たちの前で近況を語りました。

すでにオースマス新監督からは順調にいけば5月の「いつか」には打者として復帰との話がありました。

思い起こせば1年前のスプリングトレーニングはそれこそ大騒ぎでした。

比べて今年はずいぶん異なる状況にはなりましたが、大谷翔平選手本人は前向きにリハビリに取り組み、2年目といえども去年と変わらぬ緊張感を持ってキャンプインしたと語っているようです。

ESPN の記事を原文で読み解きながら、英語を学んでいきましょう!

 

スプリング・トレーニングの概要・試合日程についてはこちら

エンジェルス2019年全試合日程!①スプリングトレーニング

 

 

エンジェルスのショーヘイ・オオタニ 手術を遅らせ打ち続けたことに後悔なし

 

TEMPE, Ariz. — Shohei Ohtani tossed his water bottle toward a clubhouse garbage can and missed, instead landing it in a laundry bin. He laughed out loud, smiled big as he so often does, then retrieved the trash and put it in the proper place.

ショウヘイ・オオタニは水のボトルをクラブハウスのゴミ箱に向かって投げたが失敗して、洗濯物入れに入ってしまった。彼は大笑いして、いつものような満面の笑みで、やり直して正しい場所に入れた。

 

That’s about as close to throwing as the Japanese two-way star is right now.

この日本人二刀流スターのスローイングの現在の状態もちょうど似たようなものだ。

 

Ohtani wouldn’t change how he handled his elbow injury late last year, continuing to hit for the Angels until season’s end even if it meant delaying reconstructive surgery and his ability to pitch again until 2020.

オオタニは昨シーズン終盤肘の故障に対する対処法を変えることなく、たとえそれが再建手術が遅れて2020年まで投げられないということを意味しても、シーズンが終了するまでエンジェルスの試合で打ち続けた。

 

“I have no regrets about what happened last year. That’s what the team thought about me, the plan,” Ohtani said through an interpreter. “In the end it didn’t work out but I still have no regrets.”

「昨年に関しては後悔していません。チームの考えであり、そういったプランでしたから。」オオタニは通訳を通じて言った。「結果としてうまく行かなかったけれども後悔はしていません。」

 

The reigning AL Rookie of the Year is recovering from an Oct. 1 Tommy John surgery with the hope he will be able to bat in the Los Angeles lineup as early as May if all stays on schedule.

現在のア・リーグの新人王は10月1のトミー・ジョン手術からの回復期間中で、全て順調にいけば5月にはロスアンジェルスのラインアップに打撃復帰できる見込みである。

 

“There’s a lot of variables. That’s the goal I’m shooting for but there might be some setbacks here and there,” Ohtani said. “If not, that’s what I’m trying to go for.”

「変更の可能性は大いにありますが、それが今の目標です。」オオタニは言った。「ところどころで後戻りすることもあるかもしれませんが、何もなければそれが目指す日程です。」

 

At Tempe Diablo Stadium, the scene Wednesday was a far cry from a year ago when Ohtani showed up at spring training with fanfare and faced a huge media contingent following his every move. For now, the two-way star isn’t even on the field as he works out inside.

テンペ・ディアブロ・スタジアムでの水曜日の風景は、1年前にオオタニが鳴り物入りでスプリング・トレーニングに現れてその一挙手一投足を追う多くのメディアに向かったときとは大違いのものであった。二刀流スターは今はフィールドに現れることもなく室内でトレーニングを行っている。

 

Even the second time around, “I feel just as nervous as last year, my first year.”

二度目ではあるものの、「1年目の去年のように緊張しています。」

 

Ohtani acknowledged that’s partly because he’s behind schedule with the extensive rehab and will have to “catch up to everybody.”

オオタニはひとつには長いリハビリのスケジュールに遅れがあることも認め「みんなに追いつかなければ」と言った。

 

“It’s going to be a slow process,” new manager Brad Ausmus said ahead of his club’s first on-field session for pitchers and catchers. “He gets his workouts in. Right now he’ll be mostly inside. We need to protect this guy long term, so we’re hoping for May. But if it goes longer, it goes longer.”

「焦らず進めていくことになる」新監督ブラッド・オースマスは彼の初めてのバッテリー合同キャンプに先駆けて言った。「彼はトレーニングに参加するよ。現在はほとんど室内トレーニングとなるだろう。我々は彼を長い目で見て守る必要がある。なので5月の復帰を望んでいる。しかしもしリハビリが長引けば、復帰も長引くだろう。」

 

The 24-year-old Ohtani spent time back home in Japan this offseason working through his rehabilitation, which right now includes dry swings only in terms of his hitting preparation.

24歳のオオタニはこのオフシーズンは故郷の日本で過ごしリハビリに励んだ。現在は打撃に関してはまだ素振りだけである。

 

Ohtani said everything is going smoothly at this stage.

オオタニによると現段階ではすべてスムーズにいっているということだ。

 

“So far there’s nothing in my elbow, I don’t feel anything there. It’s been great,” he said. “I just need to watch my effort level, try to keep it down and listen to the trainers.”

「これまでのところ肘はなんともありませんし、違和感も感じません。とてもいい感じです。」彼は言った。「エフォートレベルを観察してそれを低く抑えるようにしトレーナーのいうことを聞くだけです。」

 

Ohtani went 4-2 with a 3.31 ERA in 10 starts as a pitcher. He played 104 games overall as a rookie, hitting .285 with 22 homers and 61 RBIs.

大谷は投手として10先発して4勝2敗防御率3.31をマークした。新人として通算104試合に出場、打率.285本塁打22本61打点を残している。

 

While the Angels can’t wait to get Ohtani healthy to hit, they won’t rush him. He and Albert Pujols are expected to share designated hitter duties, with Pujols playing first on days Ohtani hits — that is, if Pujols is physically fine and performing, otherwise Justin Bour becomes an option. The free agent first baseman signed a $2.5 million, one-year deal in December.

エンジェルスにとってはオオタニの打者としての復活が待ち遠しくはあるが、決して彼を急かすことはない。彼とアルベルト・プホルスはDHをシェアすることになる。オオタニが打つときはプホルスは1塁を守る。それはプホルスの体調やプレイが万全であればのことで、そうでなければジャスティン・ボアが替わる。このFAの1塁手は12月に250万ドルで1年契約を結んだ。

 

“That’s why we’re saying we’re going to be extremely cautious because we don’t want the fact that he might be able to DH affect him being able to pitch in 2020,” Ausmus said of Ohtani.

「そういうわけで、非常に慎重に進めたいと思う。彼がDHで打てるということが彼の2020年の投手としての復帰に影響をおよぼすことは避けたいのだ。」オースマスはオオタニについてそう言った。

 

Ohtani has accepted this year will be about what he can do behind the plate.

オオタニは今年は打者としての年になることを受け入れている。

 

“This season I’m obviously going to be prioritizing my hitting. That’s what I’m going to focus on right now,” he said. “We can push back the pitching because I’m not going to be pitching this season. So the plan is to get back hitting first and take it easy on the pitching side.”

「今シーズンは明らかにヒッティング優先の年になります。今からすぐにフォーカスします。」彼は言った。「ピッチングのことは先送りにできます。今シーズンは投げないのですから。なのでプランとしてはまずヒッティングに戻り、ピッチングについては気楽に構えるということです。」

 

 

いかがでしょうか。

手術で二刀流はおあずけ&開幕には間に合わないといっても、悲観的なムードは全くありません。

焦らずじっくりリハビリが順調に進めば、新緑のころには大谷選手のプレーが再び見られそうです。

 

 

ニュース原文・画像スクリーンショット参照元:ESPN

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。