Sponsored Link




大谷翔平24歳の誕生日に24名場面!MLBニュース原文を和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュ運営者のMami.です。

無事に打者として、試合に復帰した大谷翔平選手。

7月5日は、その大谷翔平選手の24歳の誕生日でした。

24歳にちなんで大谷選手の24つの名場面を紹介する、こんな素敵なMLB.COM CUT4で発見しました。

原文の記事を読み解きながら、英語を学んでいきましょう!

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

 

24歳になったショウヘイ・オオタニが成し遂げた24回のあっけに取られる名場面

jaw drop

“jaw” は「あご」あごが落ちるということは、驚いてとか、あっけにとられて、口をあんぐり明けた状態や開いた口が塞がらないと言った状態をいいます。

“jaw dropping” で名詞を修飾したり、ここにあるように “make someone’s jaw drop” 「(出来事などが)開いた口が塞がらないほど(人を)驚かせる」のような使い方をします。

 

Contents 目次

大谷翔平選手の誕生日はアメリカ独立記念日の翌日

Now that we’ve devoured all the hot dogs we can possibly handle, it’s time to move on to that other momentous July birthday: Shohei Ohtani. The Angels’ two-way phenom turns 24 on Thursday, so to celebrate — and to recognize his return from the DL on Tuesday (at least as a hitter) — we’ve put together the 24 most jaw-dropping moments of his young career in both Japan and the States.

食べられるだけのホットドッグを平らげたら、もう一つの重要な7月の誕生日に移ろう:それはショウヘイ・オオタニの誕生日だ。エンジェルスの二刀流の天才は、木曜日に24歳になった。誕生日を祝うために、そして彼が火曜日DLから戻って来た(少なくとも打者として)ことを認めるために 、まだ若い彼の日米のキャリアの中で最も驚くべき出来事を24個ここに集めてみた。

devoured all the hot dogs

「全てのホットドッグをガツガツ平らげる」

奇しくも前日の7月4日はご存知アメリカの独立記念日。 この日には毎年恒例になっているホットドッグの早食い大会が行われます。 実はこのホットドッグの早食い大会の女性の部では、日本人女性の須藤美貴さんが今年5連覇を成し遂げましたこともあり、ニュースでこの早食い大会の様子をご覧になったこともあるかもしれません。

ここでは前日がホットドッグをガツガツ食べる日、独立記念日であったことをさしています。

アメリカの独立記念日の翌日が誕生日だなんて、大谷翔平選手はやはり何か持ってます。

さてどんなシーンが登場するか、メジャーに行ってからの活躍ぶりだけではなく、 かなり懐かしいお宝映像も見られますよ。

 

1.中学時代、対戦した18人の打者から17三振

1. The time he struck out 17 of 18 batters faced … in middle school

In case you were wondering, yes, Ohtani has always been ridiculous:

嘘だと思うかもしれませんが、本当です。オオタニはいつもとんでもないことをやらかすのです。

 

2.エンジェル・スタジアムの初打席で初ホームラン

2. The time he homered in his first Angel Stadium at-bat …

Ever since he announced that he was signing with the Angels, fans in Southern California couldn’t wait to get their first look at the man billed as the Japanese Babe Ruth. How did he respond to that pressure in his home debut? He hit a three-run dinger:

彼がエンジェルスとの契約を公表して以来、南カリフォルニアのファンたちは和製ベーブルースと言われる男を早く見たくて仕方なかった。この本拠地デビューのプレッシャーに彼はどう応えたか?なんとスリーランホームランだったのだ!

 

3.そして、本拠地の初3連戦でなんと3日連続ホームラン

3. … then made it three homers in his first three home games

As if that wasn’t enough, he took reigning AL Cy Young winner Corey Kluber deep the next day, then went yard again in the series finale:

初ホームランではまだ足りないというように、彼は、アメリカン・リーグのサイ・ヤング賞受賞投手コーニー・クルーバーを翌日叩き、最終日もさらにまたホームランを打った。

go yard

「ホームランを打つ」

 

4.メジャー初打席で初安打

4. The time he singled on the first pitch he saw

Not sure what to expect in your first official Major League at-bat? Come out swinging anyway:

メジャーリーグの公式戦の初打席で何を期待する?とにかく思い切り振るだけだ。

 

5.初登板の先頭打者から奪三振

5. The time he struck out the first batter he faced

Poor Marcus Semien never knew what hit him:

哀れなマーカス・セミエンは打つすべなし。

 

 

6.2014年、日米野球シリーズに登場

6. The time he showed out in the 2014 Japan All-Star Series

A then-20-year-old Ohtani had already drawn the attention of MLB scouts, and in the Japan All-Star Series — in which a team of big league stars faced off against the best of the NPB — he showed everyone why. The righty gave up a couple runs in his four innings of work, but he also struck out seven, including Yasiel Puig, Evan Longoria and Justin Morneau in the first:

当時20歳のオオタニは、すでにMLBスカウトの注目を集めていたが、日米のオールスターが集うこのシリーズで、その理由を見せつけた。この右腕投手は、4イニング2点を失ったものの、ヤシエル・プイグやエヴァン・ロンゴリア、ジャスティン・モルノーを含めて、7三振を奪った。

 

7.101mphの速球を披露

7. The time he unleashed a 101-mph fastball

It was the fastest by a starter to that point in 2018, and even better, he spotted it on the outside corner:

その時点での、2018年先発投手の最速記録であった。しかも、それを外角コーナーにキメた。

 

8.メジャーのマウンドで初披露したスプリット

8. The time he gave MLB its first taste of his splitter

Of course, Ohtani doesn’t just have easy gas. He also has one of the most devastating breaking balls in the game, a splitter that just disappears — as Matt Olson discovered in Ohtani’s first start.

もちろん、オオタニの持ち球は速球だけではない。試合の中で最も破壊力のある球のひとつ、消えるスプリットを持っている。彼の初先発で、マット・オルソンも目撃している。

 

 

9.そしてカーブボール

9. And his curveball

If you somehow prepared for those first two offerings, he had another trick up his sleeve:

速球とスプリット、なんとかこの2つの球種に対して準備したとしても、彼はさらなる切り札を持っているのだ。

 

 

10.ムーンウォークを披露

10. The time he moonwalked

It seems unfair that a guy who can hit and pitch at an elite level can also dance at an elite level, but some people are just different:

打っても投げてもエリート級なのに、ダンスをしてもエリート級だなんて、不公平だが、ただ違う人間もいるというだけなんだ。

 

よくもこんな映像拾って来ましたね(笑)

それにしても、ムーンウォークまでこなすとは!恐るべし!

 

11.日本のホームランダービーで優勝

11. The time he won Japan’s Home Run Derby

Sure, why not:

もちろんだとも!

 

2016年のNPBのオールスター戦のホームランダービーの様子ですね。

それにしても、DeNA筒香、SB柳田、ヤクルト山田という、今の日本球界を代表するホームランバッターを抑えての優勝とは、あらためてスゴイです。

 

12.クアーズ・フィールドのレールをへこませる。

12. The time he dented a railing at Coors Field

What happens when you take that power into altitude? This:

そのパワーを高さにこめるとどうなるかって?こうなるんだ。

 


以前こちらの記事にもご紹介しましたが、バッティング練習中の特大ホームランがなんと、3階スタンド席の上のデッキにも届くような当たり。そして、球場に傷跡が特大ホームランの証拠として残ったのです。

大谷翔平選手の特大ホームランが球場に傷跡を残すの巻

 

13.高校時代の本塁で走者を刺す送球

13. The time he hosed a runner at home in high school

As you might imagine, the 100-mph velocity plays in right field, too:

想像通り、右翼手として投げても、時速100マイル。


花巻東高校時代の外野からのレーザービーム。エンジェルスではすっかり、DHとして定着しましたが、高校時代やファイターズ時代は、時にはライトの守備についておりました。

あれだけの強肩ですから、その守備も半端ない。

もはや、二刀流どころか三刀流です。

 

14.エンジェル・スタジアムの初先発であわやパーフェクト

14. The time he flirted with a perfect game in his first Angel Stadium start

After the dinger show against Cleveland, Ohtani took the mound for his first home start — and took a perfect game into the seventh:

クリーブランド戦でホームランショーを演じた後、オオタニは始めて本拠地のマウンドに登る。そして7回までパーフェクト。

 

15.NPB最速記録を更新する102.5マイル(165キロ)

15. The time he broke an NPB record with a 102.5-mph heater

Japan has literally never seen a faster pitch.

文字通り、日本ではこれ以上早い投球を見たことがない。

 

16.1試合で98-101マイル(160-163キロ)の球を31球投げる

16. The time he threw 31 pitches between 98-101 mph in one game

Ohtani isn’t just a power arm, though — he’s a power arm with the endurance to light up radar guns all game long:

オオタニは剛速球投手というだけではないが、1試合を通してレーダーガンを点灯し続けることのできる剛速球投手なのだ。

 

 

17.打球は東京ドームの天井へ到達

17. The time he hit a ball to the roof at the Tokyo Dome

Sorry, he hit a ball through the roof:

いや、天井を「通った」のだ。

 

 

18.パシフィック・リーグのベストナインに投手とDHのダブルで選出

18. The time the Pacific League named him both its best pitcher and its best DH

Do not adjust your screens:

画面がぶれてるわけじゃないからね

 

 

19.マイク・トラウトも立ち止まらせる打撃練習

19. The time he was good enough to make Mike Trout stop in his tracks

Mike Trout is the best hitter in baseball, and even he had to take in Ohtani’s first batting practice:

ベスト・ヒッターのマイク・トラウトでさえ、オオタニの初の打撃練習には見入ってしまう。

 

後にトラウト選手はインタビューで、「彼(大谷選手)のバッティングケージでの打撃練習を見るのが好きだ、実に楽しそうにやっている。」と語ってました。

 

20.ちびっ子ファンにバットをプレゼント

20. The time he gave a young fan his bat …

Before an Angels-Royals game in April, a kid asked Ohtani if he could give him one of his bats. Ohtani disappeared after signing some autographs — only to reappear later with a gift:

4月のエンジェルス対ロイヤルス戦の試合前に、一人の子供がオオタニにバットをねだった。オオタニはサインをした後姿を消して、ギフトのバットを持って戻って来た。

 

21.そして代わりのバットで3塁打

21. … then hit a triple with the replacement

Thankfully, that wasn’t Ohtani’s only bat, and he used lumber No. 2 to leg out his first Major League triple.

幸い、少年にプレゼントしたバットはオオタニのたった1本のバットではなかった。彼はナンバー2のバットでメジャーで初の3塁打を打った。

 

 

22.大勢のスカウトが見守る中の日本での最終戦でシャットアウト

22. The time he said goodbye to Japan with a shutout in front of a crowd full of scouts

Injuries limited Ohtani in 2017, but with a jump to the Majors reportedly looming, he gave everybody — including prospective big league teams — one last glimpse of what he could do:

ケガのため2017年は思うようにプレーできなかったが、メジャー移籍が伝えられる中、獲得候補であるメジャーチームも含め見ている全ての人たちに、最後に彼の能力を見せつけた。

 

 

23.2試合の先発登板で、27連続のアウトを取る

23. The time he retired 27 straight hitters (across multiple starts)

Sure, it’s not actually a perfect game, but it’s still pretty good:

完全試合というわけではないが、かなりいいプレーであった。

 

 

24.ルイス・セベリーノの速球を打ち返す

24. The time he turned around a Luis Severino fastball

When he came to America, the book on Ohtani as a hitter was relatively straight-forward: Pound him with fastballs on the inside corner. About that, though:

アメリカに来た時、打者オオタニへの対策はかなり単刀直入なものだった。内角へ速球をバンバン投げ込めばいいと。その結果がこれだ。

 

 

いかがでしょうか。

ファイターズ時代だけでなく中学・高校時代のお宝映像のチョイスも含め、この記事はクリス・ランダーさんというもちろん現地アメリカのMLB記者が書いたものです。

まるで日本人記者が書いたくらい、愛情がこもった記事ですよね。

これを見ると、いかに大谷選手が現地のファンだけでなく関係者に愛され注目されているかがわかります。

 

打者限定ですが、プレーに戻れてよかったし。

お誕生日おめでとうございます!

 

ニュース原文・画像スクリーンショット参照元:MLB.COM CUT4

 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。