Sponsored Link




大谷翔平の5月復帰に「公開謝罪」の名物記者が待った?和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

バリー・ブルーム記者と言えば、去年のスプリングトレーニング時期に大谷翔平選手を酷評したものの、レギュラーシーズンの活躍ぶりを見て公開謝罪、手の平を返したように褒めちぎった名物記者です。

その後、大谷選手についての記事をいくつか書き続けておりますが、今回5月になるだろうとエンジェルス側から公表された大谷選手の打者復帰に関して独自の視点で見ているようです。

ユーモアと辛辣さが適度に入り混じったバリー・ブルーム氏の表現を、Forbes の記事を原文と和訳で読み解いてみましょう。

 

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

Sponsored Link

 

 

エンジェルス ショーヘイ・オオタニの打撃復帰に慎重過ぎるぐらい慎重になるべし

 

Shohei Ohtani is not going to pitch for the Los Angeles Angels this season in his recovery from Tommy John ligament replacement surgery on his right elbow.

ショーヘイ・オオタニは、右肘へのトミー・ジョン靭帯再建手術のため、今シーズンロサンゼルス・エンジェルスで投球は行わない。

 

That much is certain.

それだけは確かだ。

 

Whether the Japanese two-way player hits is up to the medical staff and the baseball gods.

この日本人二刀流プレーヤーが打撃を行うのかどうかはメディカルチームと野球の神様次第である。

 

The Angele and Ohtani should err on the side of a longer rehabilitation. While the guidelines for recovery from Tommy John as a pitcher is 12-to-18 months, there’s no such paradigm for a designated hitter, particularly one who’s expected to come back and pitch.

エンジェルスとオオタニはリハビリが長すぎて失敗するくらいのつもりで気持ちでいるべきだ。投手がトミー・ジョン手術から復帰するガイドラインは12~18ヶ月とされているが、DHの実例、ましては投手としても復帰が期待される例はない。

 

A right-handed pitcher and left-handed hitter, Ohtani could re-injure the elbow swinging, sliding, banging it while running the bases.

右投げ投手で左打者のオオタニは、スイングしたりスライディングしたり走塁の際にぶつかって再び肘をケガするということもあり得る。

 

“I think that’s why we’re saying we’re going to be extremely cautious,” said new Angels manager Brad Ausmus as pitchers and catchers worked out on Wednesday for the first time this spring at Tempe Diablo Stadium, “because we don’t want the fact that he might be able to DH affect if he’s going to be able to pitch in 2020.”

「だから、非常に慎重に進めようとしているんだ」水曜日テンペ・ディアブロ・スタジアムでのスプリングトレーニングのバッテリー陣の初の合同トレーニングで、エンジェルスの新監督ブラッド・オースマスは言った。「彼がDHで打てるということで2020年の投手としての復帰に影響を及ぼしたくはないからね。」

 

Ohtani, then, shouldn’t hit this season, either. At 24, he has an entire career ahead of him.

オオタニは今シーズン打撃もやめた方がいいではないか。24歳の彼のキャリアはこれからだ。

 

The reigning American League Rookie of the Year met with the collected media on Wednesday for the first time since undergoing the reconstructive surgery on Oct. 1, the day after the end of his injury-plagued first Major League season.

現アメリカン・リーグ新人王である彼は水曜日、ケガに悩まされた最初のメジャーリーグシーズンが終わった翌日の10日1日に受けた再建手術以来初めて、集まったメディアの前で会見した。

 

Ausmus said on Tuesday they were eyeing a possible return for Ohtani in the DH role sometime in May. And Ohtani said in his mind, that date is the same.

オースマスは火曜日、5月のいつかにオオタニがDHとして復帰できると見込んでいると話した。オオタニも同様の時期だと考えていると言った

 

“There are a lot of variables, but that’s the goal I’m shooting for,” Ohtani said through his interpreter Ippie Mizuhara. “There might be some setbacks here and there, but if not, that’s the date I’m actually trying to go for.”

「変更の可能性は大いにありますが、それが今の目標です。」オオタニは通訳のイッペイ・ミズハラを通じて言った。「ところどころで後戻りすることもあるかもしれませんが、何もなければそれが目指す日程です。」

 

The Angels let Ohtani make many of the calls about his use last season. He signed with the club in December 2017, well-aware he had a Grade 1 tear of the ulnar collateral ligament in his right elbow.

エンジェルスは昨シーズンオオタニに何度も彼の起用について電話した。彼は2017年12月にエンジェルスと契約をしているが、右ひじの内側側副靱帯にグレード1の損傷があるのは十分認識していた。

 

Because of the injury, the Angels tried to limit his use during spring training, restricting him to a number of “B” games against minor-league and international teams outside the big ring of the main stadium.

ケガのためにエンジェルスはスプリングトレーニング中彼の起用に制限をかけようとし、メインスタジアム外のマイナーリーグや外国のチーム相手のBゲーム数試合に限定した。

 

When the season began, they kept him in a six-man rotation, allowing him to start one day a week.

シーズンが始まると彼を6人のローテーションに入れ、1週間の1度の先発に起用した。

 

By May he was having increased elbow problems and was limited to two starts in 16 days, ultimately blowing out the elbow for good on June 6.

5月までに肘の問題が大きくなり16日に2度の先発に限定され、最終的には6月6日肘は断裂してしまった。

 

During that time he was limited to 47 1/3 innings and 804 pitches in nine starts.

その間、彼の登板は9先発で47イニング1/3、804球に留まっている。

 

None of that worked. They might as well have let Ohtani pitch.

何の効果もない。チームがオオタニに投げさせたようなものだ。

 

“I have no regrets about last year,” Ohtani said. “The club made all those plans and in the end it didn’t work out, but I still had no regrets.”

「昨年のことについては後悔はありません。」オオタニは言った。「チームがプランしたことであり最終的にはうまくいきませんでしたが、それでも後悔はありません。」

 

Instead of having surgery in June to increase the likelihood of a return even to the mound late this season, Ohtani wanted to hit. During a month on what is now called the injured list, Ohtani had a platelet-rich plasma shot and therapy to no avail, yet after the All-Star break he was reactivated to swing the bat.

6月に手術を受けて今シーズンの後半に復帰する見込みを大きくする代わりに、オオタニは打つことを望んだ。いわゆる故障者リスト入りをしていた1ヶ月、オオタニはPRP注射による治療を受けたが効果なく、それでもオールスターの休み明けには打線に戻ってバットを振った。

 

After building his arm back up in bullpen sessions, Ohtani made one more pitching start the remainder of the season on Sept. 2. He lasted into the third inning and after his velocity quickly deteriorated against the Astros in Houston, an MRI revealed the injury had turned into a Grade 3 tear.

ブルペンセッションで腕を作り直したあと、オオタニは9月2日消化試合でもう一度先発登板している。ヒューストンでのアストロズ戦で3イニング目に入ったときに球速が急激に落ち、MRIを受けた結果彼のケガはグレード3の損傷と診断された。

 

At that point he was told he needed the surgery. Instead, Ohtani decided to DH for the remainder of the season. Again, that decision may ultimately delay his return.

その時点で彼は手術が必要と診断された。しかし、オオタニはDHとして残りのシーズン打席に立つことにした。またここでこの決断が彼の復帰を最終的に遅らせることになる。

 

“I guess there might have been an opportunity for me to hit again by opening day,” he said. “But I felt like last year when the doctor told me I needed Tommy John, I was swinging the bat really well, seeing the ball really well. I wanted to get that experience level and finish out the season. Ultimately that’s going to help out this season.

「開幕日にまた打つ機会があったかもしれません。」彼は言った。「けれど、昨年ドクターにトミー・ジョン手術が必要だと言われたときとてもよくバットが振れており、球がよく見えていたように思えました。その体験レベルを得てシーズンを終わりたいと思いました。最終的にそれは今シーズンにつながります。」

 

“I might miss the first month, but in the long run it’s going to help out myself and the team.”

「最初の1月は出場できないかもしれませんが、長い目で見ればそれは自分のそしてチームの役に立ちます。」

 

Be that as it may, that’s all in the past. The question is, what did Ohtani and the Angels learn from all that?

それはそうかもしれないが、過ぎたことだ。問題はその経験からオオタニとエンジェルスが何を得たかということだ。

 

This year, the Angels have a DH with Albert Pujols returning from left knee and right elbow surgery that ended his season on Aug. 31. At 39, the injuries certainly were exacerbated by Pujols starting 70 games at first base while Ohtani was the DH.

今年のエンジェルスのDHには、8月31日の左膝と右肘の手術から復帰したアルベルト・プホルスがいる。39歳で、オオタニがDHで出場する間70試合を先発で1塁の守備についたプホルスはケガを悪化させることとなった。

 

This year, the Angels have a capable first baseman in Justin Bour, a free agent signee who hit 20 homers and drove in 49 runs last year for the Miami Marlins and Philadelphia Phillies.

今年のエンジェルスにはFA契約で入ったジャスティン・ボアという使える1塁手がいる。彼は去年マイアミ・マーリンズとフィラデルフィア・フィリーズで20本の本塁打を打ち49打点を叩き出している。

 

There’s absolutely no reason to rush Ohtani.

オオタニを急がせる理由はまったくない。

 

To that end, Ohtani was not even on the field Wednesday, disappointing the myriad Japanese photographers and videographers who were there to document every step. He has taken what baseball people like to call “dry swings” with the bat. No ball, flailing at thin air.

そのためオオタニは水曜日グラウンドに出ることさえなく、復帰の全ての段階を記録しようと押し寄せた無数の日本人カメラマンたちをがっかりさせた。彼はいわゆる “dry swings” (素振り)を行った。ボールなしで空を切り続けた。

 

Otherwise, he’s getting in his cardio and light weight work, all behind closed doors.

それ以外の時間は、有酸素運動や軽いウェイトトレーニングを全て室内で行った。

 

May or June or 2020 will come soon enough.

5月でも6月でも2020年でもすぐに来るさ。

 

“Like I said, we need to protect this guy long term,” Ausmus said. “We’re hoping for May, but if it goes longer, it goes longer.”

「前にも言ったとおり、彼を長い目で見守らなければならない」オースマスは言った。「5月復帰が望ましいが、もしリハビリが長引けば復帰も長引くであろう。」

 

Good!

よかろう!

 

いかがでしょうか。

プホルス選手のくだりなど、ところどころにピリっとした相変わらずの辛辣さを残しておりますが、基本大谷選手が好きなんでしょうか。

さっさと手術してれば今年の後半に投げていられたかもしれないのに、エンジェルスと大谷に「喝!」

と、日本の某ご意見番解説者をちょっと思い出してしまいます。

 

いずれにしても、タイトルにある表現 “Err On Side Of Caution” は「慎重すぎるくらい慎重になる」と表現で、英文法の教科書の例文でよく見る “can’t be too careful” と同じですが、まさにその通り。

焦らず無理せず、万全な状態での復帰が望まれます。

 

 

ニュース原文・画像スクリーンショット参照元:Forbes by Barry M. Bloom

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。