Sponsored Link




大谷米野球専門誌で新人王に選出!記事全文和訳!

Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

 

快挙です!

大谷翔平選手が米国の権威ある野球専門誌『ベースボール・アメリカ』の新人王に選出されました!

『ベースボール・アメリカ』は1981年創刊、隔週で発行されているアメリカの野球専門誌で、メジャーリーグだけでなくマイナーリーグやアマチュア野球など幅広く扱い、ドラフト候補や若手の有望選手などに関する情報も特に充実しているということ。それだけに、今回の大谷選手が同誌の新人王( Baseball America Rookie of the Year)に選ばれたことは、充分な分析に基づいた価値のあるものと言えましょう。

 

今回は、大谷選手の受賞を発表する Baseball America のオンライン記事を全文、原文+和訳でご紹介します。

少し長文になりますが、大谷翔平選手の1年を振り返ることができる、とてもよい記事です。

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

 

 

2018 MLB Rookie Of The Year: Shohei Ohtani

 

Billy Eppler still remembers when he first saw Shohei Ohtani on a baseball field. The Angels’ general manager couldn’t forget it if he tried.

ビリー・エプラーはショウヘイ・オオタニを初めて球場で見た時のことをまだ覚えている。エンジェルスのジェネラル・マネージャーにとってそれは忘れようとしても忘れられないことである。

 

The year was 2013, Ohtani’s rookie season in Nippon Professional Baseball. Eppler was a Yankees assistant general manager on a trip to scout players across Japan, namely Rakuten righthander Masahiro Tanaka.

それは2013年、大谷のNPBでのルーキーシーズンだ。エプラーはヤンキースのアシスタントGMで、日本からの選手、楽天の右投手マサヒロ・タナカをスカウトする旅の途中であった。

 

Eppler’s charge was to focus on priority targets eligible to come to the United States in the near future. Ohtani, just 18 years old, was too young to be one of them.

エプラーの役割は、すぐに渡米してくるにふさわしい、優先目標である選手たちに集中することであった。オオタニはまだ18歳で、まだ若すぎた。

 

But every time Eppler beared down on another player, Ohtani kept popping up, swerving into Eppler’s field of vision and demanding his attention. An executive in title but scout at heart, Eppler couldn’t help but look again and again at the tall, gangly teenager playing both ways as both a hitter and pitcher.

しかしエプラーが他の選手に接近するたびに、オオタニが現れてはエプラーの視野に入り、彼の注目を引くのであった。肩書はエグゼクティブでありながら心はスカウト、エプラーはひょろっと背の高いティーンエージャーが打者と投手の両方でプレーするのを何度も何度も見ずにいられなかった。

 

“It was a very explosive-looking athlete, kind of had everything you wanted,” Eppler recalled. “If you have a scouting background you really enjoy watching tools. To see those types of tools on both sides of the inning come from the same person was unique. That’s the best way to put it. It was something you hadn’t seen before.”

「それはとても爆発力を持ったように見えるアスリートで、必要なものを全て持ち合わせているように見えたよ。」エプラーは思い出して言った。「もしスカウティングのバックグランドがあったら、選手の持っているツールを見るのが本当に楽しいはずだ。1人の同じ選手からそんなツールをイニングの裏表に見るのはユニークなことだ。それが一番わかりやすい説明だ。とにかく見たこともない光景だったんだ。」

 

Eppler was hardly alone in that assessment, which was reinforced to him in follow-up trips to Japan in 2014 and 2015. Dozens of other evaluators across baseball felt the same way, setting the stage for a highly anticipated move to MLB.

そのような評価を持ったのはエプラーだけではなかった、その後の2014年と2015年の日本へのツアーでそのことがはっきりとする。何十人もの野球界中から集まった評価者たちが同じように感じ、大いに期待されるMLBへの移籍の準備を始めた。

 

When the move finally came this season, Ohtani showed the wider baseball world that he was, indeed, unlike anything they’d seen before.

今年移籍がついに実現したとき、オオタニはより広い野球の世界を見せてくれた。彼は今までに見てきたどんな選手にも似ていない存在だった。

 

Ohtani, 24, delivered a nearly unprecedented season as a rookie with the Angels, simultaneously excelling as both a hitter and pitcher and shattering all notions about what is possible in today’s game. Even considering Ohtani was limited to 10 starts and just over a half-season’s worth of plate appearances due to injury and the demands of juggling both roles, his performance stands out as historic.

24歳のオオタニは、エンジェルスでルーキーとしてほとんど前例のないシーズンを送った。打者としても投手としても同時に優れており、今日の野球の試合で可能だと考えられているあらゆる見解を打ち砕いた。ケガのためにオオタニの先発は10回にとどまり、シーズンの半分しか投げられなかったため、投打の役割を調整する必要があったということを考慮しても、彼のパフォーマンスは歴史的に際立ったものであった。

 

Ohtani hit .285 with a .925 OPS and 22 home runs in 367 plate appearances (a 34-homer pace), numbers in line with Paul Goldschmidt’s.

He delivered a 3.31 ERA, 11.0 strikeouts per nine innings and a 1.16 WHIP on the mound, numbers in line with Luis Severino’s.

オオタニの打撃成績は367打席で打率.285、OPS.925、22ホームラン(34ホームランのペースである)で、ポール・ゴールドシュミットに並ぶ数字である。

投手成績は、防御率3.31、9イニングあたり11.0の奪三振、WHIP1.16で、ルイス・セベリーノに並ぶ数字である。

 

Ohtani joined Babe Ruth in 1919 as the only players in major league history to hit 15 home runs and pitch 50 innings in a season. He became the first player with 15 home runs and 50 pitching strikeouts in a season, something not even Ruth accomplished.

オオタニは、1シーズンに15ホームランを打ち50イニング投げたメジャー・リーグの唯一の選手として、1919年のベーブ・ルースの仲間入りをした。彼は1シーズンに15ホームランを打ち50奪三振を達成した初めての選手となった。それはルースでさえ成し遂げなかったことである。

 

For living up to impossible expectations and starring as both a pitcher and hitter at the highest level of baseball in the world, Ohtani is the 2018 Baseball America Rookie of the Year.

あり得ないような期待に応え、投打両方での、世界の野球界でもっとも高いレベルの優れたプレーを評価して、オオタニを2018年ベースボール・アメリカ・ルーキー・オブ・ザ・イヤーとする。

 

“I didn’t really know what to expect here, so I didn’t really set any expectations for myself,” Ohtani said through translator Ippei Mizuhara before the Angels’ final series of the season in Anaheim. “But once I got here, I feel like I got the level of competition early, even though there were some struggles.”

Ah yes, those struggles. For a brief moment, it looked like the hype was too good to be true.

「ここでどういうことになるのかわからなかったし、自分自身でも何らかの期待値を設定していませんでした。」アナハイムの最終シリーズの前に、オオタニは通訳のイッペイ・ミズハラを通じて言った。「けれど、いったんここに来たら、早くに試合モードになったように思います。いろいろと苦闘はありましたが。」

そうだ、苦闘。ほんの短い期間、彼に対する過大な評価がうますぎる話に思われた時期があった。

 

Ohtani entered spring training with the eyes of the baseball world watching him, and he promptly struck out 10 times in 32 at-bats in the Cactus League while getting pummeled on the mound, even in minor league “B” games. It got so bad opposing evaluators questioned if he’d be best served starting in the minors. Hitting and pitching at the same time in Japan was one thing, but this was the major leagues, and a century of history said it could not be done.

オオタニは、野球界の視線が見つめる中スプリングトレーニングに入った。そして彼は早々に、カクタスリーグで32打席中10三振を喫し、マウンドではマイナーリーグ『B』の試合でも打ち込まれていた。あまりに状態が悪かったので、対立的な評価者たちは、彼がマイナーの先発でも役割を果たせるのだろうかと疑問を呈した。日本で投打同時にこなしていたということはあっても、ここはメジャーリーグで、1世紀という歴史がそれができないと示しているのだと。

 

Eppler and the Angels, however, never wavered.

“There was a lot of confidence, and I think a lot of our mindset, perhaps it has something to do with the scouting background, was trust the tools,” Eppler said. “Guys that I had been around in baseball that helped develop me, the Bill Liveseys and the Gene Michaels, it was ‘trust the tools, trust the tools,’ and the tools were out of this world. And the performance at, again, the level that is closest to the majors leagues as you can get (NPB) was out of this world. So all signs were pointing toward you letting this guy get an opportunity to go do what he does.”

しかしながら、エプラーとエンジェルスに迷いはなかった。

「大きな自信はあったし、気持ちもしっかり固まっていたと思う。ツールを信頼するということは、おそらくスカウト時のバックグラウンドに関係すると思う。」エプラーは言った。「ビル・リブジー、ジーン・マイケル、野球界で私の周りにいた人たちは私を成長させてくれた。『ツールを信じろ、ツールを信じろ』と。彼のツールはとびきり素晴らしいものだった。そしてメジャーリーグに限りなく近いレベル(NPB)で残したパフォーマンスもとびきり素晴らしいものだった。だからとにかくこの男に自分の仕事をさせる機会を与えてやるだけだった。

 

Once the games actually began to count, it took Ohtani all of one week to silence his skeptics.

In his first career start, Ohtani beat the Athletics with six strong innings, touching 99.6 mph. He followed by hitting a home run in each of his next three games, including a 400-foot shot to the opposite field off Corey Kluber. And then he delivered his coup de grace, taking a perfect game into the seventh inning against the A’s in his first home start and finishing with seven scoreless frames, one hit allowed and 12 strikeouts.

いったん公式戦が始まったら、彼の実力を疑うものを黙らせるのに1週間しかかからなかった。

初先発でオオタニは、最速99.6マイルに達する球で6イニングを好投し、アスレチックスに勝利した。次に出場した3試合は、コーリー・クルーバーから逆方向への400フィートの特大弾を含む3連続ホームランを放った。さらにとどめとして、最初のホームゲームでの先発となる対アスレチックスで7回に入るまでパーフェクトピッチング、結局1ヒット12奪三振で7回を無得点に抑えた。

 

It was a definitive statement, one that put the questions to rest. Yes, it was possible to excel as a pitcher and a hitter at the same time in the major leagues today.

And yes, Ohtani was the man to do it.

それは疑問を解消するのに決定的な試合となった。そうだ、今日のメジャーリーグでも投打両方で素晴らしいプレーをすることは可能なのだ。

そして、そうだ、オオタニはそれを成し遂げた男だった。

 

“I have no satisfaction showing (people) up or anything like that because looking at my numbers during spring training, I can’t really blame them for saying those type of things,” Ohtani said. “Maybe I really was not major league-ready at that time. But that time was really important to me now that I look back at it. Without those struggles, maybe I wouldn’t have had success this year. I tried to take positive stuff out of it.”

「見せつけようとかそういう気持ちはないです。ボクのスプリングトレーニング中の数字を見れば酷評されても仕方ないですから」オオタニは言った。「たぶんそのころはまだメジャーリーグに慣れていなかったのでしょう。でも振り返ってみるとその時期は本当にボクにとって重要でした。この苦闘がなければ、今年の成功がなかったでしょう。苦闘からポジティブなものを取り出そうとしました。」

 

Ohtani’s feats continued throughout the season.

There was the 11 strikeouts in 6.1 innings against the Twins. There was the nine strikeouts in 7.2 dominant innings against the Mariners. There was the run of five consecutive starts allowing two earned runs or less, the 15 home runs of at least 410 feet and, oh by the way, 10 stolen bases.

オオタニの功績はシーズンを通して続いた。

ツインズ戦で6.1回を投げ11三振を奪った試合があった。マリナーズ戦で7.2回を投げ9三振を奪った試合があった。先発5試合連続で自責点2点以下に抑えたこともあった。410フィート越えのホームランは15本、それに10盗塁もあった。

 

As long as his body allowed him, Ohtani impacted the game both ways unlike anything seen in almost a century.

“He was as advertised, if not more,” Athletics manager Bob Melvin said. “I was a little bit skeptical. You saw the pitching end of it, we saw early on how dominant he can be, and anybody who throws 100 miles an hour with a plus split and good breaking stuff is going to have success and he did, and I think we were the team that saw it the most.

身体の許す限り投打の両方で1世紀近く誰も見たことのないような方法で試合にインパクトを与えた。

「彼は、それ以上とは言わないまでも宣伝通りだったよ。」アスレチックスの監督ボブ・メルビンは言った。「私は少しだけ懐疑的だった。投球面では、我々は彼がどれほど圧倒的であるかを早い時期に見た。時速100マイルの速球に加えてスプリットやよい変化球を持っている投手が誰でも成功するように、彼もまた成功した。我々は一番その成功を見たチームだと思うよ。」

 

“But I didn’t know he was going to be this good a hitter. You look at the numbers and you say ‘Yeah, this is a true two-way guy who’s fast and has got some power, but would both ends of it translate here?’ And it absolutely has. He’s a force at the plate. He’s a unique athlete for this game and probably better than we expected.”

「しかしこれほどよい打者であるとはわからなかった。数字を見て「そうだね、速いしパワーもあるし本当に二刀流の選手だね。でもここで投打が切り替わるのかい?」というだろう。そう完全に切り替わったんだ。打席でも彼は威力を発揮する。彼は野球界ではユニークなアスリートで、おそらく我々が予想していたよりもよい選手だ。」

 

But there is a caveat. Ohtani’s body didn’t allow him to do it for long.

Ohtani had a partial tear in his right ulnar collateral ligament when he signed with the Angels and further damaged it during the season, limiting him to 51.2 innings. He had Tommy John surgery after the season and will be unable to pitch all of 2019, though the plan is for him to continue to hit through the season as the Angels’ designated hitter.

しかし、1つの警告があった。オオタニの身体が彼の活躍を長続きさせなかったのだ。

エンジェルスと契約したとき、オオタニの右肘に内側側副靭帯の部分断裂があった。そしてシーズン中に起こったさらなる損傷で、彼は51.2イニングを投げるにとどまった。彼はシーズン後トミー・ジョン手術を受け、2019年は投球できないこととなったが、エンジェルスのDHとして打ち続けるというプランはある。

 

The Angels were prepared for this eventuality. They did everything in their power to prevent it, collecting physical and medical data from Ohtani every single day and making decisions to play him or not based on that info, as well as feedback from Ohtani himself.

エンジェルスはこの事態に備えていた。彼らの力の及ぶ限りのことはやってきた。毎日オオタニの身体的、医学的データを集め、その情報に加えてオオタニ自身のフィードバックによって、彼をプレーさせるかさせないかを決めていた。

 

But Ohtani’s UCL still tore despite that level of care and vigilance, and Eppler even admits it wasn’t entirely unforeseen.

しかしオオタニのUCLは、そういったレベルでケアしたり用心したにもかかわらず損傷した。それは予測できないことではなかったと、エプラーは認めた。

 

“One of the questions I asked Shohei very, very early in the process, I asked him ‘When was the first time you touched 97 miles an hour?’ and he said ‘16 or 17’,” Eppler said. “And I said OK, it kind of fits the bill. It’s been eight years of throwing at an extreme velocity, and that’s kind of normal, it’s not irregular, for a ligament to start getting compromised after that many years of throwing that hard. … The elbow did not go because of a singular event. The elbow went because of the totality of the work over those eight years of him being able to throw over or touch 97 miles an hour.”

「大変早い段階でのショウヘイへの質問の1つとして、『初めて時速97マイルに達したのはいつか』と私は彼に尋ねた。彼は『16か17歳です』と答えた。」エプラーは言った。「私はOKと言った。それは期待にかなったものだ。極度に早い球を投げ始めて8年経つ。それだけハードな投球をそれだけ長く投げて、靭帯が損傷するというのはごく普通のことで、異常なことではない。彼の肘は1度の事故で故障したのではなく、8年間も97マイルに達する球を投げ続けることができたということの積み重ねにより故障したのだ。」

 

The question now becomes whether Ohtani can physically handle pitching and hitting at the same time over a full major league season.

Ohtani has not pitched 150 innings in a season since 2015 in Japan. By the time he returns to the mound in 2020, it will be five years since he handled a major league-level pitching workload.

今ある疑問は、メジャーリーグのフルシーズンに渡って、オオタニが身体的に投打を同時にこなしていけるのかということだ。

オオタニは、2015年の日本でのシーズン以来150イニングを投げていない。2020年彼がマウンドに戻るときには、メジャーリーグレベルの投球回数を5年間こなしていない計算になる。

 

Even Ruth, the standard-bearer for two-way excellence, eventually settled on one. After hitting 20 home runs for the first time in 1919 as a 24-year-old—the same age Ohtani is now—Ruth pitched only five more games the rest of his career. (Although Ruth also did not have the DH available to him).

二刀流として優れた選手のスタンダードであるルースでさえ、最終的に打者1本に落ち着いた。1919年24歳ー今のオオタニと同じ歳だ―のときに初めて20ホームランを打った後、ルースは残りのキャリアで5試合しか投げていない。(ルースにはDHという選択肢はなかったのだが。)

 

Eppler is definitive: As soon as Ohtani’s elbow is healed, he will return to the mound as a starter while continuing to hit in the middle of the Angels lineup.

“I want him out there doing both disciplines because that’s what he’s trained for,” Eppler said. “I know that’s a goal of his and I think now that people have seen it, I think it’s a goal of everybody to continue to see him do that.

エプラーの考えははっきりしている。オオタニの肘が治ったらすぐに、彼は先発としてマウンドに戻り、一方で彼はエンジェルスの打線の中軸で打ち続けるであろう。

「欠場中、彼には投打両方の訓練をしてもらいたい。それが彼の今までに訓練してきたことだから。」エプラーは言った。「それは彼のゴールであり、また、人々がそれを目にした今となっては、彼が二刀流でプレーする姿を見続けるというのは人々のゴールでもあると、私は思う。」

 

“It’s hard to say an exact workload. There’s been models in what he’s done in Japan, I think those are pretty good thumbprints to look at it. Sometimes that can end in 130-150 innings on the mound and somewhere between 280-350 plate appearances. It really varies. But he’s impactful on both sides and we want to try to maximize his ability to impact the game and be out there as much as possible.”

適正な負荷作業量を言うのは難しい。彼が日本でやっていたことの中にモデルがあるので、それらを見て確認するのがよいだろう。130~150イニングの投球に280~350打席程度であろう。その数字はかなり変動するが、両面で彼はインパクトにあふれているので、我々は試合にインパクトを与える彼の能力を最大限に引き出していきたいと思っている。」

 

Ohtani, for his part, is just focusing on the near future.

“I got the injury so in that case it wasn’t a fully satisfying season,” Ohtani said.

オオタニ自身はというと、ただ近い将来にフォーカスしている。

「ケガをしたので、充分に満足のいくシーズンであるとは言えません。」オオタニは言った。

 

“Since I got hurt and am going to be not pitching next year, my initial plans or goals have kind of changed. As a pitcher, my focus is to go through the rehab and try to make it back in 2020 as an even better pitcher than I was in the past. As a hitter, I just want to concentrate next year on trying to play full time and obviously try to make the postseason and win the World Series. That’s my biggest goal.”

「ケガをしたので来年は投球ができず、僕の当初のプランやゴールはいくぶん変わりました。投手として僕が集中することは、リハビリを無事終えて2020年に今までより良い投手として戻ることです。打者としては、来年フルタイムで出場できるようにがんばり、ポストシーズンに出場しワールドシリーズで勝つこと。それが僕の最大のゴールです。」

 

There is understandable skepticism Ohtani can hold long-term up over such a dual workload. Then again, there was understandable skepticism that anyone could excel as both a starting pitcher and hitter in Major League Baseball today for any extended capacity, and Ohtani did so in spectacular fashion.

そのような二重の負荷にオオタニが長期間持ちこたえられるのかという懐疑的な見方は当然ある。だが、今日のMLBで先発投手と打者の両方で優れたプレーをするものがいるのだろうかという懐疑的な見方も当然あったのに、オオタニは目を見張らせるほどのやり方でそれをやってのけたではないか。

 

With an exhilarating rookie season, Ohtani lived up to all the hype. He pitched like an ace and hit like an All-Star, and reset the standard for what is, in fact, achievable in the game today.

爽快なルーキーシーズンで、オオタニはすべての誇大評価に応える活躍をした。エース級の投球をしてオールスター級の打撃をした。そして、今日の野球の試合で実際に何を成し遂げることができるだろうかという基準をリセットしたのだ。

 

いかがでしょうか。一言でいうと『不可能を可能にした男』。

栄誉ある賞を受けるにふさわしい活躍ぶりであったと思えます。

ひょっとしたら「ケガがなければ」というのももはや凡人の考えで、回復後には想像もつかなかったような活躍をまた見せてくれるかもしれません。

例えば、9月に再度靭帯損傷が見つかったあとの打撃での活躍のように。

まずは、順調にリハビリが終わることを祈りつつ、さらなる活躍を期待したいですね。

ニュース原文・画像スクリーンショット参照元:Baseball America

 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。