Sponsored Link




大谷翔平診断結果は6月27日に!MLBニュースを和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュ運営者のMami.です。

現地時間6月8日(日本時間6月9日)に右肘靭帯損傷で故障者リスト入りしていた大谷翔平選手ですが、3週間後とされていた当初の予定通り、6月28日(日本時間29日)に、再検査されることとなりました。

この結果により、治療の方針、そして、それにより、プレー復帰の時期も決まってきます。

トミー・ジョン手術はあるのか?

手術の場合、時期は?

打者としてのプレーは?

ファンとしては、運命の日ともなりそうです。

Forbes.com の記事を原文で読み解きながら、英語を学んでいきましょう!

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

 

ショウヘイ・オオタニ、故障の右肘の再検査は木曜日に

have injured right elbow evaluated

have(使役動詞)+injured right elbow (O) + evaluated (過去分詞)

「Oを~させる、される、してもらう」

 

 

.jpg

 

The Angels have now designated this coming Thursday in Los Angeles for the evaluation of Japanese sensation Shohei Ohtani’s damaged right elbow.

エンジェルスは、ロサンジェルスタイムの次の木曜日を、ショウヘイ・オオタニの故障した右肘の再検査日としている。

evaluation(エヴァリュエーション)

動詞形の “evaluate” とともに、DL入りしてから3週間後の再検査に使われています。

もとの意味は「評価する」です。なので、厳密にいうと、注射治療を3週間続けて、再検査をして、治療効果、故障部分の回復度、手術の必要性、それによるプレー復帰時期などが、「評価」される、とという部分を指しています。

 

The club has fixed the date exactly three weeks after he received stem cell and platelet-rich plasma injections in the elbow. The Angels will be in Boston that evening. Ohtani has been on the disabled list since June 11 with what the club is calling a Grade 2 sprain of the ulnar collateral ligament.

球団は、再検査の日程を、多血小板血漿(PRP)治療と幹細胞注射の日からちょうど3週間後と決めていた。その日は、エンジェルスは、ボストンで試合予定である。オオタニは6月11日以来、球団発表するところによるグレード2の内側側副靱帯損傷でDL入りしている。

the club

「球団」“baseball team” の他に、“baseball club” を使うことが多いです。

fix(フィクス)

スケジュール・数字・場所など、いろいろなものを「固定する」ときに、頻繁に使う動詞です。他にも、ものを「修理する」、問題を「解決する」、食事や飲み物を「準備する」など非常に幅広く使います。

 

The injury is a precursor to Tommy John ligament replacement surgery, which typically puts a pitcher on the shelf for from 12 to 18 months.

この損傷は、トミージョン靭帯帯再建手術につながるものであり、手術となると、投手は12ヶ月から18ヶ月はプレーができなくなる。

put on the shelf

文字通りの意味は「棚の上に置く」ですが、日本語の「棚上げする」と同様に、「保留にする、延期する」などの意味で使われます。

 

The date of the evaluation has been all over the place in recent days, but at least this gives some clarity to the situation.

再検査の日程はここ数日は不定であったが、少なくとも、何らかの状況が明らかになるであろう。

all over the place

文字通りの意味は「あちらこちらに、いたるところに」という意味ですが、あちこちに散らばっている様子から転じて、「乱雑に、ごちゃごちゃして」さらには「カッとする、おかしくなる、理性を失う」という意味をもちます。

ここでは、再検査の日程が”fix”しなかった様子を表していると思われます。

 

“We don’t know where he’s at and how much he’s improved,” Angels manager Mike Scioscia said prior to Saturday evening’s rematch against the Toronto Blue Jays. “We won’t know anything until the evaluation.”

「彼の状態や回復度はわからない。」土曜日のトロント・ブルージェイズとの試合前、エンジェルス監督ソーシアは言った。「再検査までは何もわからない。」

 

Earlier in the week, Scioscia claimed that the club’s medical staff was “optimistic” about Ohtani’s quick recovery.

今週初め、ソーシアは、球団医師はオオタニの早期復帰について、「楽観的」であるとしていた。

optimistic(オプティミスティック)

「楽観的な」

“optimist” 「楽観主義者」対義語の “pessimistic” “pessimist” 「悲観的な」「悲観主義者」とともに覚えておきましょう。

 

Ohtani, the first regular two-way player in the Major Leagues in a century, seems oblivious of the ongoing controversy that has been chronicled daily to his home country by dozens of Japanese media.

メジャーリーグでの、今世紀初の、二刀流レギュラープレーヤーであるオオタニは、多くの日本のメディアにより、毎日のように母国への報告が続くにちがいない。

controversy(コントロバシー)

「議論、論議」 “contro” の部分は「反対」の意味を表す接頭語であることから、特に、意見が真っ二つに分かれて論争されるような場合によく使われます。

この場合は、たとえば、手術するのかしないのかなどを中心に、報道でいろいろな意見が飛び交っている様子を表しているのでしょう。

 

いかがでしょうか、打撃練習は、打席に立って目を慣らしたりなど、少しずつトレーニングを始めているような、どちらかというと”optimistic” な様子が伝わってくるのですが、それは、ファン同様、球団側も、楽観視したいという望みもこめてのことかもしれません。

実際は、検査の結果次第であることには間違いないので、私たちも、よい結果を祈りましょう。

 

参照元:Forbes.com

 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。