Sponsored Link




大谷翔平 リハビリを経験に支えられ前向きに!MLBニュースを和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュは米メディアのMLBニュースを原文で読み解きながら英語を学ぶサイトです。

アリゾナでのスプリングトレーニングでティーバッティングを開始したと伝えられる大谷翔平選手ですが、オープン戦には出場できないものの大変前向きで明るい様子を伝える、地元紙 Los Angeles Times の記事を原文+和訳でご紹介します。

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

Sponsored Link

 

 

エンジェルス ショーヘイ・オオタニ 経験が長いリハビリ生活を支える

 

Word is that Shohei Ohtani is hitting baseballs with the force of an All-Star in midseason form, but the promising reports of his recovery are more rumors than established facts at this point.

聞くところによるとショーヘイ・オオタニはシーズン中のオールスター級の選手並みの強度で打撃ができているということだが、彼の回復状況が明るい見込みであるという報告は、現時点では根拠のある事実というよりは噂に過ぎない。

 

Ohtani is simultaneously everywhere and nowhere this spring, the ever-present Japanese media a visible reminder of his presence while he works out exclusively behind closed doors.

オオタニはこの春あらゆるところに同時に現れたりどこにもいなかったり。彼は非公開でトレーニングしているだけなのに、常につきまとっている日本のメディアたちは彼の目撃情報を伝えている。

 

The 20 or so reporters here to cover Ohtani assemble every morning by a railing in the right field corner of Tempe Diablo Stadium that overlooks the adjacent parking lot. The crowd watches Ohtani make the short walk to the indoor batting cages or weight room, which are on the other side of the outfield wall, and waits for him to re-emerge from the structures.

オオタニを取材する20人前後のレポーター達が毎朝、隣接する駐車場を見渡せるテンピ・ディアブロ・スタジアムの右翼側のガードレールの近くに集まってくる。彼らはそこからオオタニが外野の壁の反対側にある屋内のバッティングケージやウェイトトレーニングルームまでの短い距離を歩く姿を見て、また再び建物から姿を現すまで待っている。

 

Three television cameras recorded Ohtani’s 300-foot treks to and from the batting cages Saturday; several photographers snapped pictures.

土曜日には3台のテレビカメラがオオタニがバッティングケージまでの往復300フィートほどの距離を歩く姿を捉え、数人のカメラマンが写真を撮った。

 

Before the Angels opened their exhibition season with a 10-3 victory over the San Francisco Giants on Saturday, Ohtani batted off a tee for only the second time since his reconstructive elbow operation nearly five months earlier. The American League rookie of the year as a two-way player last season, he will be limited to hitting this year. He won’t pitch until 2020.

土曜日エンジェルスがサンフランシスコ・ジャイアンツに10対3で勝ったオープン戦の開幕試合の前に、オオタニは約5か月前の肘の再建手術以来2度目のティーバッティングを行った。昨シーズン二刀流としてアメリカン・リーグの新人王を受賞した彼は、今年は打撃に限定して、2020年までは投球は行わない。

 

The reclusive nature of his workouts has created a sense of uncertainty, with the Angels providing a conservative timeline that projects him to be game-ready in May. Ohtani said he thought he could graduate to soft-toss drills in the next week or so, but declined to make any guesses beyond that.

閉鎖的な性質を持った彼のトレーニングは不透明感を作り出し、エンジェルスは5月復帰という控えめなタイムラインを公表している。オオタニは翌週にはソフトトスバッティングに移れると思うと話したが、それ以上の推測をすることは避けている。

 

Ohtani was the source of a different kind of uncertainty last year, when observers wondered whether he belonged in the major leagues. His earned-run average in the exhibition season was 27.00. He batted .125.

オオタニは昨年違った種類の不透明感を作り出していた。彼を見るもの達は彼が果たしてメジャーリーグでやっていけるのだろうかと思っていた。彼のオープン戦の防御率は27.00で打率は.125であった。

 

His self-assurance was shaken enough to where he solicited advice from countryman Ichiro Suzuki of the Seattle Mariners. Suzuki offered to coach him over a video call, but Ohtani instead showed up at Suzuki’s rental property with a bat in hand. More than the technical pointers he received, Ohtani treasured how Suzuki told him to have more faith in his talent, as well as the experience he gained over five professional seasons in his homeland.

彼の自信は揺るぎ、マリナーズの同郷者イチロー・スズキのアドバイスを求めた。スズキはビデオ電話でコーチすることを提案したが、オオタニはバットを持ってスズキの家を訪れた。彼が受けた技術的な指導以上に、自分の才能や日本での5年間のプロ生活で得た経験に自信を持つようにというスズキの言葉を、オオタニは心に深く刻み込んだ。

 

There is no crisis in confidence this spring, even if Ohtani is headed into the unknown again. In only 366 plate appearances last season, he batted .285 with 22 home runs and 61 runs batted in.

この春オオタニは再び不確かな状況に突入しているが、その自信には危うさはない。昨シーズン366打席立っただけだが、彼は打率.285本塁打22本打点61という成績を残している。

 

“More than confidence, it’s feeling acclimated, knowing the opposing pitchers, knowing how they are going to attack me,” he said in Japanese.

「自信というよりは慣れたという感覚で、対戦投手もわかったし彼らの攻め方もわかりました。」彼は日本語で言った。

 

He is clearly more comfortable in this environment, which was entirely new to him last spring. When the clubhouse opened to the media Saturday, Ohtani was huddled with Mike Trout, the two stars giggling as they looked down on their phones. Shortly after, Ohtani received another visitor at his locker in shortstop Andrelton Simmons. More smiles. More laughs.

全くの目新しいものであった昨年の春と違って、彼は明らかにこの環境を心地よく思っている。土曜日クラブハウスがメディアに公開されたとき、オオタニはマイク・トラウトと身を寄せ合い、2人のスターたちは電話を見下ろしながらクスクスと笑っていた。その直後オオタニのロッカーにまた別の選手、アンドルトン・シモンズが訪れた。さらなる笑顔とさらなる笑いが起こった。

 

“He’s funny,” Simmons said. “He’ll throw a little poke here and there. He’s a guy who likes to compete so whenever he beats you at something, he’ll talk some smack. He can take a joke, too, so that’s always nice.”

「彼は面白いやつさ」シモンズは言った。「あちこちをちょこちょこ突っつくんだ。ひとと競争することが好きで、何か自分が勝っていることがあれば毒舌を吐いたりするんだ。ジョークも好きでね、楽しいやつだよ。」

 

Manager Brad Ausmus said he has made it a point to check in daily with Ohtani because sidelined players often feel as if they are not part of the team. But Ohtani doesn’t seem to have that problem. Simmons marveled at how Ohtani has remained upbeat.

ブラッド・オースマス監督は、欠場中の選手はチームからの疎外感を感じることが多いものなので毎日オオタニをチェックすることにしていると言った。オオタニにはその心配はいらないようだ。シモンズはオオタニが変わらず上機嫌であることに驚いていた。

 

“He’s taking it really well, I think,” Simmons said. “He looks in good spirits. I’m surprised he’s doing that great. I don’t know how he does it.”

「彼は本当に冷静に受け止めているのだと思う」とシモンズは言った。「彼は上機嫌そうだ。びっくりするほどで、どうしたらそうなれるのかもわからないよ。」

 

Here, too, experience has helped. Ohtani was initially diagnosed with a damaged ligament in his throwing elbow shortly after a start against the Kansas City Royals in June. Shocked and depressed, he rarely left his apartment over the next week. But his outlook became more optimistic once he accepted the possibility of a major elbow operation.

「ここでも経験が彼を助けている。オオタニは6月にカンサスシティ・ロイヤルズとの対戦で先発した直後投球する側の肘の故障と診断された。ショックと絶望でその翌週は部屋にほとんどひきこもっていた。しかし肘の大きな手術の可能性を受け入れてからは大変楽観的な様子に見えた。

 

He returned to the lineup as a hitter in early July and responded by hitting 16 home runs and driving in 41 runs over the remainder of the season. He maintained his offensive momentum through a failed late-season comeback to the mound. When the Angels opened Cactus League play on Saturday without him, Ohtani wasn’t down.

彼は7月の初めにはラインアップに戻り、残りのシーズンで16本の本塁打を打ち41打点を叩き出した。シーズン後半にマウンドに戻り失敗に終わったが、攻撃力は維持した。彼がいないままエンジェルスがカクタスリーグのオープン戦に突入しても、彼は落ち込むことはなかった。

 

“I figured this would happen, so I don’t especially feel that way,” Ohtani said. “Since it was decided I would undergo surgery, I almost didn’t have any of that. I haven’t been depressed or anything. I’ve progressed smoothly up to this point.”

「想像していた通りなので、特に落ち込むことはありません」オオタニは言った。「手術を受けることは決まっていたことなので、絶望したりということは何もありませんでした。この時点までスムーズに回復しています。」

 

Ohtani figures he’ll make more than the 367 plate appearance he made as a rookie because he won’t be pitching once a week as he did last year. The increased focus on hitting should improve his offensive numbers.

昨年のように週1度投球することはないので、ルーキーとして立った367打席より多く打席に立つことができるだろうと計算している。打撃に集中することで打撃成績がアップするであろう。

 

“There is no guarantee of growth,” he said. “I think playing in every game will be tough, as will having to continue to play during a slump” instead of taking a three-day break from hitting to make a start as a pitcher.

「成績を伸ばすという保証はありません」彼は言った。「毎試合出ることは大変なことです、スランプの間もプレイし続けなければいけないですから。」先発ピッチャーとして3日間休みを取る代わりにだ。

 

He added: “I’m looking forward to all of that.”

彼は付け加えた「そういうことを全て楽しみにしています。」

 

He had experienced worse. He sounded ready for whatever is ahead.

もっと悪い状況は経験済だ。彼はこれから起こることに心の準備ができているように思える。

 

 

いかがでしょうか。

地元のメディアならではの、彼らしく気持ちを前向きにリハビリと調整を続ける様子がよく伝わってくる記事でした。

チームメートや新監督との関係もとてもよさそうですね。

スプリングトレーニングの様子は、以前にもご紹介した The Halo Way というエンジェルスの公式ブログサイトのフォトギャラリーでたくさん見ることができます。

外部の取材陣では撮れないような、ロッカールームでの選手たちの様子も見ることができてお薦めですよ。

 

 

オープン戦の日程はこちら

エンジェルス2019年全試合日程!①スプリングトレーニング

 

ニュース原文・画像スクリーンショット参照元:Los Angeles Times by Dylan Hernandez

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。