Sponsored Link




大谷・菊池に松坂・イチローのライバル関係を見るニューヨークタイムズ記事を和訳で解説!

菊池雄星と大谷翔平の初対決ならず
Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

日本時間5月30日のマリナーズ対エンゼルスで期待された菊池雄星選手と大谷翔平選手のMLBでの初対決は、大谷選手がベンチスタートとなったために惜しくも見送りとなりました。

もちろんこの対戦をアメリカのスポーツメディアや両チームの地元メディアも当然注目していたのですが、ニューヨークタイムズが独自の切り口で大谷・菊池両選手のライバル関係について語った興味深い記事を掲載していたので、和訳でご紹介します。

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

Sponsored Link

 

 

キクチ対オオタニに見る新たなライバル関係

大谷翔平と菊池雄星に見る日本独自のライバル関係

 

 

 

The Seattle Mariners and Los Angeles Angels may be duking it out in the cellar of the American League West, but when they begin a four-game series on Thursday in Seattle, the showdown will get October-like coverage in Japan.

シアトル・マリナーズとロスアンゼルス・エンゼルスは、アメリカン・リーグ西地区の最下位を争っての死闘をしているのかもしれない。しかし木曜日シアトルでの4連戦が始まると、日本ではこの決戦はまるで10月のような報道ぶりとなりそうだ。

 

Nearly every spot in the Mariners’ 150-seat press box has been assigned — the largest turnout since opening day — and the game will be broadcast live throughout Japan, starting at 10 a.m. Friday with the time difference.

マリナーズの150席ある報道席はほぼ埋まっている。これは開幕日以来の混雑ぶりだ。そして試合は時差により金曜日の朝十時から日本全国で生放送される。

 

The reason for the hype? Yusei Kikuchi and Shohei Ohtani, who attended the same high school in Japan, could face off for the first time on American soil. Kikuchi, a left-handed pitcher, is scheduled to start Thursday for Seattle, and if Angels Manager Brad Ausmus decides to use Ohtani, his left-handed designated hitter, Japan will go bonkers.

この大騒ぎの理由?日本で同じ高校に通っていたユウセイ・キクチとショウヘイ・オオタニがアメリカの地で初対戦となりそうだからだ。左投手のキクチは木曜日シアトルの先発に予定されており、もしエンゼルスのブラッド・オースマス監督が左打ち指名打者として起用すると決めたら、日本は狂ったような騒ぎになるであろう。

 

But the nation’s interest is not just in seeing two of its players on the same Major League Baseball diamond. It is also about Japan’s fixation on the nuances of individual rivalries between pitchers and batters, a fascination that underscores how differently fans there view baseball compared with most North Americans.

しかしこの国の興味は2人の日本人プレーヤーが同じメジャーリーグのダイヤモンド上に立つということだけではない。投手と打者の間の個々の微妙なライバル関係を日本のファンが凝視しているということ、ほとんどの北米のファンに比べて日本のファンが野球を違った見方をするという意味がある。

 

Japan has long viewed elite pitchers and skilled hitters in tandem. When the pioneering Dodgers ace Hideo Nomo pitched for the Kintestu Buffaloes, it was the hard-swinging Kazuhiro Kiyohara whom most fans wanted to see face him. Mention the home run king Sadaharu Oh, and many Japanese people will fondly recall how Yutaka Enatsu took him on.

日本は長い間エリート級のピッチャーと技のあるヒッターをセットにしてみてきた。パイオニアであったドジャーズのエース、ヒデオ・ノモは近鉄バッファローズで投げていたときは、ファンが最も見たいと思っていたのが強打者カズヒロ・キヨハラとの対戦であった。ホームラン王サダハル・オウに関して言えば、多くの日本人はユタカ・エナツとの対戦を懐かしく思い出すであろう。

 

“It wasn’t just great ability that made the legendary matchups of the past: In each case, there was a rivalry or palpable consciousness between the particular pitcher and batter,” Yuta Ishida, a journalist from Tokyo who traveled to Seattle to cover the Mariners-Angels matchup, said in Japanese.

「過去のレジェンドマッチアップは単に偉大な能力だけで出来上がったものではない。それぞれに、特定のピッチャーとバッターの間のライバル関係や明らかに意識し合う関係といったものがある」マリナーズとエンゼルスの試合の取材に東京から訪れた記者ユータ・イシダは日本語で言った。

 

Sure, fans in the United States cherish a handful of pitcher-batter associations, but it is often because of inciting incidents or landmark results: Roger Clemens hurling part of a broken bat at Mike Piazza during the 2000 World Series or Al Downing serving up Hank Aaron’s 715th career home run to break Babe Ruth’s record. But in Japan, where the national sport pits one wrestler against another in a sumo ring, the fascination is with the process and how the one-on-one confrontation evolves.

もちろん、アメリカのファンが懐かしむピッチャーとバッターの関係も一握りはあるが、それは誘発する出来事や球史に残るような結果が理由であることが多い。2000年のワールド・シリーズでロジャー・クレメンス折れたバットをマイク・ピアッツァに投げつけた事件や、アル・ダウニングがハンク・アーロンにベーブ・ルースの記録を抜く715号ホームランを献上したことのような。しかし日本では、土俵の上で力士同士が闘うのが国技である国であるので、1対1の対決がどのように進化していくかというプロセスにファンは魅了されるのである。

 

The Atlanta Braves’ Brian McCann, who caught Masahiro Tanaka with the Yankees from 2014 to 2016, said the questions from Japanese reporters after each Tanaka start were different from those he faced after other pitchers’ starts.

2014年から2016年に掛けてヤンキースのマサヒロ・タナカを捕まえていたアトランタ・ブレーブスのブライアン・マッキャンは、タナカの先発の度に日本人記者が投げかけてくる質問が他の投手が先発するときと違うものであると語った。

 

“They would ask about a pitch mid-count, like 1-2, that the hitter took, or why he threw a slider on 0-1,” McCann said. “That would never get asked by American media. They asked more about a pitcher’s condition or the quality of his stuff.”

「彼らは1-2のようなカウントでヒッターが見逃した投球についてとか、何故彼が0-1でスライダーを投げて来たかなどについてとか尋ねて来るんだ」とマッキャンは言った。「アメリカのメディアにそんなことをきかれることはない。彼らだったら質問は投手の状態や球質についてであろう。」

 

Perhaps the most-anticipated Japanese matchup in the United States occurred in 2007, when Boston pitcher Daisuke Matsuzaka faced Seattle’s Ichiro Suzuki. It was a rekindling of a brief but memorable rivalry that began eight years earlier in Japan, when an 18-year-old Matsuzaka faced Suzuki, then a five-time Pacific League batting champion, in an encounter that made the pair instantly synonymous.

おそらく最も期待されたであろう日本人同士のアメリカでの対決は2007年に起こった。ボストンの投手ダイスケ・マツザカとシアトルのイチロー・スズキとの対決だ。それは日本でその8年前に始まった短いけれど記憶に残るライバル関係の再燃であった。18歳のマツザカは、当時パシフィック・リーグの首位打者を5回取っていたスズキと対戦し、瞬時にこのライバル関係が生まれた。

 

Matsuzaka, nine months removed from electrifying the nation by pitching a no-hitter in the championship game of the National High School Baseball Tournament, struck out Suzuki three straight times. Many fans can still recall the pitch selection Matsuzaka used to vanquish Suzuki that May day. For those who yearn for more, a pitch-by-pitch description — along with vivid commentary and interviews — is preserved in a book whose title translates to “Ultimate Baseball Theory” in English.

高校野球選手権大会の決勝でのノーヒットノーランで日本全国に感動を与えた9ヶ月後、スズキを3回連続三振に切って取った。その5月の日にスズキを抑えるのに使ったマツザカの配球をいまだに覚えているファンも多い。さらに詳しい情報を知りたいひとは、鮮明な解説やインタビューとともに1球1球の描写が 英語に翻訳すると “Ultimate Baseball Theory” というタイトルの本の中に残されている。(注:二宮清純著『最強のプロ野球論』)

 

The first at-bat alone consumes six pages. Here is a paraphrased translation of the climax, with the count at 2-2:

“A 94-m.p.h. fastball came up and in, and Ichiro fouled it off. Indeed, Ichiro clearly was waiting for a fastball. Would Matsuzaka challenge him with what he now knew he was waiting for? The answer is yes. Matsuzaka taunted Ichiro with a fastball up and away, a breathtaking 91-m.p.h. fastball that sapped the strength right out of Ichiro’s swing. One can only wonder if Ichiro had been looking for it inside. But whatever he was thinking, he simply wasn’t able to swing with his trademark sharpness. He was left back on his heels.”

最初の打席だけでも6ページを費やしている。カウント2-2のクライマックスシーンの要約をここにご紹介する。

「時速94マイルの速球が内角高めに入り、イチローはそれをファウルした。イチローは明らかに速球を待っていた。マツザカは彼が待っていると知った球で彼にチャレンジするのであろうか?答えはイエスだ。マツザカは外角高めに息を飲むような時速91マイルの速球を嘲るように投げ、それはイチローのスイングを狂わせる1球となった。イチローははたして内角の球を待っていたのだろうかと思うばかりだ。しかし彼が何を思っていようと、彼は単にトレードマークであるシャープなスイングができなかったのである。腰が引けてしまった。」

 

Suzuki left for the major leagues in the United States two years later, and Matsuzaka followed in 2007. Among the eagerly anticipated questions the night their rivalry resumed at Boston’s Fenway Park was: Would Matsuzaka start Suzuki off with the fastball he used to vanquish him years earlier? To the consternation of many, he did not. Even Matsuzaka himself was disappointed.

スズキはその2年後アメリカのメジャーリーグへと旅立ち、マツザカは2007年にその後を追った。ボストンのフェンウェイ・パークで彼らのライバル関係が再開された夜に待ち焦がれた質問の中に次のようなものがあった。マツザカは数年前に彼を打ち負かした速球を使ってスズキとの対戦を始めるのだろうか?多くの人が仰天したのだが、彼が投げたのは速球ではなかった。マツザカ本人もガッカリしている。

 

“I almost feel like telling Ichiro-San to smack me on the head,” he confided to a Japanese magazine. “I can’t believe I started him off with a curveball. No matter how much I want to keep him from getting a hit, a first-pitch curveball was not the right way to do it. I’m so angry at myself.”

「イチローさんに頭をピシャリと叩いてほしいような気分です」彼はある日本の雑誌に打ち明けた。「信じられないことに第1球にカーブボールを投げたのです。どんなに彼からヒットを打たれたくないと思っていようと、第1球にカーブボールはなかったです。自分自身に腹が立ちます。」

 

Lost in the debate was the fact that the curveball dropped in for strike one before Matsuzaka induced Suzuki to ground out.

論議の中で忘れられた事実として、そのカーブボールはワンストライクとなり、その後マツザカはスズキをゴロに打ち取っている。

 


 

The Kikuchi-Ohtani rematch is different because they faced each other only twice in Japan: In 2013 Kikuchi struck out Ohtani, a rookie at the time, twice in two at-bats, then struck him out again in 2017, also surrendering two hits, including a double.

キクチとオオタニの再戦はまた違ったものだ。というのも彼らは日本では2回しか対戦していない。2013年キクチは当時新人だったオオタニを2打席連続の三振に仕留めている。2017年にも1三振を奪い、二塁打を含む2安打を打たれている。

 

As they prepare for a third encounter, Japan has been enthralled by more than just a budding on-field rivalry. In its vertical society, junior-senior relationships are emphasized. Kikuchi, 27, and Ohtani, 24, are both from the rural Iwate Prefecture on Japan’s main island, and both attended Hanamaki Higashi High School. It doesn’t matter that Kikuchi had already turned pro when Ohtani matriculated there; since both are alumni, the fact that Ohtani is kohai (junior) to Kikuchi’s senpai (senior) adds an extra, riveting layer to their evolving relationship.

彼らが3度目の対戦に備える間、日本は始まったばかりのフィールド上でのライバル関係以上のものに熱狂していた。日本球界の縦社会の中では、先輩と後輩の関係が強調されるのである。キクチ27歳、オオタニ24歳、日本の本州の岩手県の地方出身でどちらも花巻東高校に通っていた。オオタニの入学が決まったときにキクチはすでにプロに転向していたことは重要ではない。二人とも卒業生であり、オオタニは後輩でありキクチは先輩であるという事実が彼らの進化する関係に特別で魅力的な要素を加えているのである。

 

“It’s almost like the older brother facing the younger brother,” Ishida said, “because they were developed by the same coach at the same high school, so they have the same DNA.”

「兄が弟と対戦するようなものだ」とイシダは言った。「彼らは同じ高校で同じコーチによって育てられた、だから同じCCNAを持っているんだ。」

 

That DNA now extends to competing in the same division in the major leagues. And since both are under 30 years old and signed to long-term deals, the matchup has the potential to bloom under the microscope for years to come.

そのDNAは今やメジャーリーグの同地区で競う関係に発展している。両者とも30歳未満で長期契約を結んでいるため、このマッチアップは何年かしたら「顕微鏡の下で」花開いている可能性を持っている。

 

 

いかがでしょうか。この記事を書いたブラッド・レフトン氏は、日米両国の雑誌やテレビで活躍しているフリージャーナリスト。なので、日本の野球文化を深く理解した上で日米のファンの視点の違いを書いていて、非常に興味深い良記事ですね。

ちなみに大谷選手は田中将大投手とは対戦しています。

大谷翔平と田中将大メジャー初対決!MLBニュースを和訳で解説!

 

こちらもかなり注目はされたのですが、それでもやはり同じ高校の先輩・後輩という要素はいかにも日本人の好むストーリーであることには変わりありません。

 

ニュース原文・参照元:The New York Times by Brad Lefton

 

 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。