Sponsored Link




大谷翔平膝の手術で今シーズン終了!復帰はいつ?MLBニュースを和訳で解説!

大谷翔平
Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

時差の関係もあり、メジャーリーグのニュースは朝目覚めた瞬間に飛び込んできます。

大谷選手の昨年の右肘靭帯損傷のときもそうでした。

今回も『手術』『今季絶望』の文字に、大きな衝撃で目覚めた日本のファンは少なくないと思います。

手術自体は無事に済んだようですが、エプラーGM の会見内容を中心にした現地のメディア記事で大谷選手の膝の状態を読み解いてみましょう。

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

 

 

関連記事:野球で覚えるケガに関する英語表現 米メディアでMLB記事を読もう!

 

 

Sponsored Link

 

 

 

Los Angeles Angels two-way sensation Shohei Ohtani is set to undergo season-ending surgery to address bipartite patella in his left knee, a rare congenital condition that was giving Ohtani discomfort as he increased the intensity of his bullpen sessions in recent weeks.

ロサンゼルス・エンゼルスの二刀流天才プレーヤーショウヘイ・オオタニは、シーズン出場終了となる、左膝の二分膝蓋骨の手術を受けることになった。これは稀な先天性症状で、ここ数週間の強度を上げたブルペンセッションでオオタニに不快感を与えていた。

 

The surgery, which will be performed in Los Angeles on Friday, comes with an estimated recovery time of 10 to 12 weeks. The Angels hope Ohtani can get on the mound again in late November and conclude his 2019 throwing program the following month, at which point he will be shut down for the buildup to the 2020 season.

手術は金曜日にロスアンゼルスで行われる予定で、全治10週間から12週間とみられる。エンゼルスは、オオタニが11月下旬にマウンドに戻り、12月は残りの投球プログラムを完成させた時点で2020年シーズンの準備期間に向けて一旦休養に入ることを見込んでいる。

 

Angels general manager Billy Eppler said the team expects Ohtani to be ready to pitch at the start of spring training. Contributing as a designated hitter, which he will do on the days he does not start, is not a concern.

エンゼルスのビリー・エプラーGMは、オオタニがスプリング・トレーニング開始時には投球できるように仕上がっていることをチームとして期待していると言った。先発登板しない日に指名打者として出場することは懸念事項ではない。

 

The Angels were considering delaying Ohtani’s surgery until he completed his post-surgery throwing progression, but decided otherwise after consulting with Drs. Neal ElAttrache and Brian Schulz, who will perform the surgery.

エンゼルスは、オオタニの手術を(昨年の右肘)手術後の投球のリハビリが終了するまで遅らせることを考えていたが、手術を行うニール・エラットラシェ、ブライアン・シュルツの両ドクターと相談した結果、手術を遅らせないことに決定した。

 

“We felt like it was better to get it done now because it was causing some reluctance or apprehension, whatever word you want to use, in his mound progressions, and we wanted to continue to increase intensity,” Eppler said on a conference call Thursday. “If we increased intensity and pushed on the intensity, and he compromised something in his delivery, that could lead to some unforeseen issues.”

「何と言ったらよいか、この不快感がマウンドのリハビリ進行に気乗りがしなかったり不安だったりという影響を与えていたし、我々はその強度を上げ続けたかったので、今手術をやってしまった方がいいと思った」とエプラーは木曜日の電話会見で言った。「強度を上げて押し進めていって、彼が投球に何かしらの妥協をするとしたら、それは何らかの予期せぬ問題につながるからね。」

 

Bipartite patella is caused by the two bones of the kneecap not fusing together at birth, an issue present in no more than 2% of the population. Ohtani had been asymptomatic throughout his professional career, but it “aggravated him a number of times throughout the season,” Eppler said.

二分膝蓋骨とは、膝の皿の2つの骨が生まれつき融合していないことで起こり、この症状を持つ人は全人口のわずか2%にも満たない。オオタニのプロのキャリアの中でそれまで無症状であったのが、「今シーズン何度も彼を悩ませてきたんだ」エプラーは言った。

 

Ohtani, who underwent Tommy John surgery shortly after the 2018 regular season, had been off a mound since late June and was throwing his fastball up into the mid-80s. The 25-year-old spent this season primarily as a designated hitter, finishing with a .286/.343/.505 slash line with 18 home runs in 425 plate appearances.

2018年のレギュラーシーズンの直後トミー・ジョン手術を受けたオオタニは、6月後半以来マウンドから投球練習を行い、時速80マイル程度の速球を投げていた。25歳の彼は主に指名打者として今シーズンを過ごし、425打席で.286/.343/.505 というスラッシュライン(打率/出塁率/長打率)とホームラン18本で終了した。

 

The bipartite patella did not necessarily affect Ohtani offensively — Eppler referenced similar sprint speeds and exit velocities from his 2018 season — but did impact the amount of weight he took on during squatting sessions.

二分膝蓋骨は必ずしも不快な影響を与えていたわけではない ― エプラーは彼の2018年と変わらないダッシュスピードと打球初速を引き合いに出した  ― しかしスクワットを行うときのウェイトには実際影響した。

 

The Angels presented the possibility of surgery on Tuesday morning, and Ohtani made the decision 24 hours later, prior to homering in what would be his final game of 2019. Ohtani is expected to activate his arm again in two to three weeks, at which point he will slowly increase the intensity once again. The Angels are hopeful that Ohtani can return to the mound at about the 10-week mark.

エンゼルスは木曜日の朝に手術の可能性を提示し、オオタニはその24時間後、彼の2019年最後となるであろう試合でホームランを打つ前に決心した。オオタニは2、3週間後には腕を動かすことができ、その時点から再びトレーニングの強度をゆっくりと上げていく。エンゼルスはオオタニが約10週間でマウンドに戻れることを期待している。

 

“He will hopefully conclude his throwing program at some point in early December,” Eppler said, “at which point we’ll give him appropriate time off and derive our program at that time for what that looks like going into 2020.”

「うまくいけば、彼は12月初旬のどこかの時点で投球プログラムを締めくくることができるだろう」エプラーは言った「その時点で適切な休養を彼に与え、2020年に向けてのプログラムを組み立てることとなるだろう。」

 

実はこの後、トラウト選手の手術・今季絶望のニュースも飛び込んできて、本当にダブルの衝撃を受けたのですが、どちらも来シーズンに向けての積極的治療の様子で安心しました。

ポストシーズン進出の可能性のない今だからこそ、球団も決断したのでしょう。

消化試合とは言えども、個々の選手のプレーを楽しみに最後まで応援を続ける私たちファンには大変残念ですが、来年の大谷選手の二刀流としての完全復活が万全であることを祈りましょう。

 

ニュース原文参照元:ESPN.com Knee surgery to end season for Angels’ Ohtani

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。