Sponsored Link




大谷MLB.com新人王最終投票制す!MLBニュース和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

 

9月末に行われたMLB公式サイトの最優秀新人賞の最後の記者投票の結果発表の元記事を和訳でご紹介します。

 

前回Rookie of the Year を含む全米野球記者協会のAnnual Awardsの発表時期や投票方法などについて、公式サイトの和訳で詳しくご紹介しました。

MLB新人王Q&A!いつ発表?誰が投票?米公式サイト和訳で解説!

こちらの発表は11月12日、まだちょっと先ですが、これとは別に、新聞社や雑誌社、ウェブサイトなどでも独自に各賞が発表されています。

 

たとえば以前ご紹介しましたが、権威ある野球専門誌『ベースボール・アメリカ』では、大谷翔平選手が新人王に選出されています。

大谷米野球専門誌で新人王に選出!記事全文和訳!

 

今回は、Sho Time イングリッシュでもしばしば元記事を引用させていただいている、MLBの公式サイトである MLB.com の記者による新人王投票で、大谷翔平選手が見事最終投票のトップに立ったという記事を和訳でご紹介します。

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

 

 

MLB.comのROY最終投票結果!1位は大谷翔平!

 

MLB.com では所属記者の間で最優秀新人賞やMVPなど独自に投票を行っています。

年数回中間投票があるので、その変動も見ものになっています。

 

下記が今シーズンのアメリカン・リーグ最優秀新人賞(Rookie of the Year Award)の全ての投票結果ですが、現地時間9月25日が最終投票で、ご覧のように大谷翔平選手が1位に輝いています。

以下、2位がヤンキースのアンドゥハー選手、3位が同じくヤンキースのトーレス選手となっています。

 

写真をご覧になるとおわかりのとおり、シーズンを通してこの3人の選手が上に下にと入れ替わっているのがわかります。

(もちろん投票はこの3選手に絞られているわけではなく、若干数他の選手も投票を獲得しています。)

 

大谷選手の順位の動きを見ると、シーズン初めのセンセーショナルな活躍でトップに躍り出て、右肘靭帯の損傷によるショッキングな欠場で3位に沈み(それでも3位内に入っているのがさすがです)そして復帰後、特に投手復帰⇒再度損傷後の打者としての大活躍で再びトップに躍り出たという経緯がそのまま表れていますね。

それでは記事本文を和訳とともに読み解いてみましょう。

 

ア・リーグはショーヘイ・オオタニ、ナ・リーグはロナルド・アクーニャ

Almost from the first hour of Spring Training, pretty much everyone in and around baseball agreed that Shohei Ohtani of the Angels and Ronald Acuna Jr. of the Braves were the rookies they were most interested in seeing. Sometimes, these things turn out the way they were supposed to.

スプリングトレーニングのほぼ最初から、野球界の興味は、エンジェルスのショーヘイ・オオタニとブレーブスのロナルド・アクーニャに集まっていた。時に予想通りにことは運んだ。

 

Ohtani and Acuna hold sizable leads in our final Rookie of the Year Award survey of MLB.com’s members of Baseball Writers’ Association of America.

オオタニとアクーニャは、全米野球記者協会に所属するMLB.com の記者たちが選ぶ Rookie of the Year Award (最優秀新人賞)の最終投票で、大きなリードを保った。

 

In the American League, Ohtani got 26 of 36 first-place votes, with Yankees third baseman Miguel Andujar getting nine and teammate Gleyber Torres one.

アメリカン・リーグでは、36人中26人がオオタニを1位に投票し、ヤンキースの三塁手ミゲル・アンドゥハーには9人、チームメートのトーレスには1人であった。

投票は各記者1位から3位までの選手の名前を記票し、1位から順に5-3-1ポイントが加算され集計されます。

毎回投票者人数は若干変動するようですが、この最終投票には36人の記者が投票したようです。

 

Ohtani, 24, led our AL survey only one other time, back in May when he was baseball’s first true two-way player in almost a century. He finishes the season as a designated hitter after sustaining ligament damage in his right elbow in June. Ohtani has made just one pitching appearance since then and appears to be headed for Tommy John surgery that puts his 2019 schedule into doubt.

オオタニ24歳は、私たちのア・リーグの投票で今回以外に1度だけ1位になったことがある。それは5月に遡るが、そのころ彼は100年ぶりの真の二刀流として活躍していた。彼は6月の右肘靭帯の損傷の後、シーズンをDHとして終わることとなった。オオタニはその後1度だけマウンドに立ったが、結果としてトミー・ジョン手術を受ける羽目になり、2019年の彼のプレースケジュールは不透明なものとなった。

 

In terms of talent, Ohtani answered every question. He had a 3.31 ERA and 11 strikeouts per nine innings in 10 starts as a pitcher, and he had 20 home runs and a .923 OPS in 342 plate appearances as a designated hitter.

才能という点では、彼はあらゆる疑問に答えている。投手として10先発し、防御率3.31と9イニングあたりの奪三振率11の成績を残している。またDHとして342打席で20本塁打OPS.923の成績を残している。

(注:最終的な打者成績は367打席22本塁打OPS.925です)

 

アメリカン・リーグ各選手得点と主な成績

Shoehei Ohtani, Angels (154 points)
Ohtani is the first player in MLB history with 20 home runs as a hitter and 50 strikeouts as a pitcher. He needs one more stolen base to join Mike Trout and Devon White as the only rookies with a 20-home run, 10-stolen-base season in Angels history.

ショーヘイ・オオタニ、エンジェルス(154ポイント)

オオタニはMLB史上初の、打者として20本塁打投手として50奪三振を記録した選手である。彼はまた、マイク・トラウトとデボン・ホワイトにあと盗塁1つで並ぶ、エンジェルス史上3人目の20本塁打10盗塁を達成した新人選手となった。

 

Miguel Andujar, Yankees (93 points)
Andujar’s 51 multihit games are the most by a Yankees rookie since Tom Tresh had 54 in 1962, and the most by an AL rookie since Trout had 56 in 2012. Andujar’s 43 doubles are the most for a Yanks rookie since Joe DiMaggio had 44 in 1936.

ミゲル・アンドゥーハ、ヤンキース(93ポイント)

アンドゥハーの51試合というマルチヒット達成試合数は、ヤンキースの新人としては1962年のトム・トレッシュの54試合に、またア・リーグの新人としては2012年のマイク・トラウトの56試合に次ぐものである。また、二塁打43本という記録は、ヤンキースの新人としては1936年のジョー・ディマジオの44本に次ぐものである。

 

Gleyber Torres, Yankees (71 points)
Torres’ 23 home runs are the third most by a Yankees player before his 22nd birthday; ahead of him on that list: Mickey Mantle and Joe DiMaggio. His seven two-run home runs are the second most in the Majors, trailing only Brewers first baseman Jesus Aguilar, who has eight.

グレイバー・トーレス、ヤンキース(71ポイント)

トーレスの23本塁打は、ヤンキースの22歳以下のプレーヤーの記録としては、ミッキー・マントル、ジョー・ディマジオに次ぐ3番目のものとなる。彼の7本の2ランホームランは、メジャー全体でブリューワースの一塁手ヘスス・アギラルに次いで2番目の成績である。

 

いかがでしょうか。

まとめてみると。。

いわゆるその年の『新人王』Rookie of the Year は、BBWAAの記者たちの中から選ばれた30人の記者による投票で決まるものです。

そしてこの投票は、そのBBWAA に属するMLB.com の記者によるもの。

非公式といえども、投票時期もほぼ同じ時期(BBWAA の投票はポストシーズン開始前、つまり9月末ごろとされています)なので、こちらの投票結果は賞の行方を占う意味でも重要なものと言えるのです。

ニュース原文・画像スクリーンショット参照元: MLB.com

 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。