Sponsored Link




大谷翔平がメジャーに与えた影響とは?MLBニュースを和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュ運営者のMami.です。

新しい年が明けました。

大谷選手が鮮烈なメジャーデビューを果たした2018年、彼は最も影響力のあった選手としてアメリカのメディアで紹介されています。

彼の達成した偉業がメジャーリーグに、ある1つの道を開いたようです。

どういうことなのか、 Orange County Register の記事を原文で読み解きながら、今一度大谷選手のルーキーイヤーを振り返ってみましょう。

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

 

2018年もっとも影響力のあったMLB選手:日本からエンジェルスへ 革新的なスターとなったショウヘイ・オオタニ 

 

The questions about Shohei Ohtani had been growing louder for years, ever since he began his climb toward baseball stardom in Japan. While he was a rare two-way phenom across the Pacific, the baseball world wondered if he could really succeed in the major leagues in the United States.

ショウヘイ・オオタニに関する疑問は、日本で野球のスターダムを昇り始めて以来ずっと数年間声高になっていた。彼は太平洋の向こうで稀少な二刀流の天才プレーヤーではあるが、米国のメジャーリーグで本当に成功することができるのかと思われていた。

 

Just over a year after Ohtani selected the Angels to begin his major league career, it’s safe to say the answer is a resounding yes.

オオタニがエンジェルスでメジャーリーグのキャリア始めることを選んでからちょうど1年が経った今、その答えははっきりとイエスであると言っても間違いない。

 

Ohtani has nudged the sport to loosen the grip on the notion that a player must be a pitcher or a hitter. Since Ohtani’s successful rookie season, the Angels and other teams have been more open to experimenting with others as two-way players.

オオタニによってスポーツ界は、野球選手は投手か打者かどちらかでなければならないという固定観念を徐々に緩めるようになった。オオタニのルーキーシーズンが成功に終わり、エンジェルスや他の球団は他の選手たちの二刀流挑戦に対してオープンになった。

 

“He’s a special player,” new Angels manager Brad Ausmus said, reflecting on Ohtani’s first season in the majors. “If he was just a pitcher, he’d be a special pitcher. If he was just a hitter, he would be a special hitter. Now you’ve got both.”

「彼は特別なプレーヤーだ」オオタニのメジャー初シーズンを思い出し、エンジェルスの新監督ブラッド・オースマスは言った。「もし彼が投手だけだったとしても彼は特別な投手だっただろうし、もし打者だけだったとしても彼は特別な打者だっただろう。実際その両方なんだ。」

 

Ohtani spent his rookie season achieving feats last accomplished by the iconic Babe Ruth. It had been nearly 100 years since Ruth succeeded as a pitcher and a hitter. Since then, no one in the majors had performed those jobs simultaneously at even an average level.

No one between Ruth and Ohtani had pitched 50 innings and hit 15 home runs.

オオタニは、最後に達成したのはあのアイコン的存在ベーブ・ルースという偉業を成し遂げてルーキーシーズンを終わった。ルースが投打両方で成功してから100年近く経っている。それ以来、平均的なレベルでさえ同時にこの両方の仕事をこなした者はメジャーにはいない。

ルースとオオタニの間には、50イニングを投げ15ホームランを打ったものは誰もいないのだ。

 

Ohtani finished his season with 22 homers in just about half of a full-season’s worth of plate appearances. As a pitcher he won four games in his 10 starts, posting a 3.31 earned-run average. He struck out 63 batters in 51 2/3 innings, an elite rate.

オオタニはフルシーズンの半分の打席数で22本塁打の成績を残した。投手としては10先発し4勝、防御率3.31の成績を残した。51回2/3投げて63三振を奪っている。これはエリート級の数字である。

 

“I didn’t know how my skills would play until I got there,” Ohtani said last month in a press conference in Japan. “But I had the confidence of having played in Japan for five years. … When I got there, and I saw the high level, I felt you still have to do your best regardless of what you’ve done in the past. I think that paid off, and I was able to … please so many people.”

「自分の技術がどれだけ通用するか行ってみなければわかりませんでした。」オオタニは先月日本での記者会見で言った。「けれど日本で5年間プレーしたという自信がありました。実際に行ってみてレベルが高いと思いました。過去にやって来たことに関わらずベストを尽くさなければならないと思いました。それは報われたと思います。たくさんの人に喜んでもらえました。」

 

Unfortunately – for Ohtani, the Angels and baseball fans – his right elbow finally succumbed to the rigors of throwing 100 mph fastballs. He suffered an injury that didn’t allow him to pitch all season. He had surgery just after the season, and won’t pitch again until 2020. He will still hit for the Angels in 2019.

不運なことに―大谷にとってもエンジェルスや野球ファンにとっても―彼の右肘は時速100マイルの速球を投げる厳しさに屈してしまった。彼は故障によりフルシーズンの投球ができなかった。シーズン直後に彼は手術を受け2020年まで投げられないことになっている。2019年はそれでも打つことはできる。

 

When he was doing both in the early part of the 2018 season, those who watched him were in awe.

2018年のシーズン当初彼が投打両方をやっていたころは、彼は見る者を圧倒した。

 

Angels general manager Billy Eppler, who had scouted Ohtani in Japan for years and was the point man in convincing Ohtani to pick the Angels, marveled at the 24-year-old’s debut season.

何年もかけてオオタニのスカウトを行い、彼がエンジェルスを選ぶであろうことを真っ先に信じていたエンジェルスのGM ビリー・エプラーは、この24歳のデビューシーズンを称賛している。

 

“Watching him on the mound and in the batter’s box was something I had never seen before … at the major league level,” Eppler said. “It was pretty special. I’m glad I got to watch it.”

「彼がマウンドに立ち同時にバッターボックスに立つ姿は私がこれまで決して見たことのない光景だった…しかもメジャーリーグレベルで。」エプラーは言った。「とても特別なことを見られたことをとても喜んでいる。」

 

It added up to Ohtani being named the American League Rookie of the Year, becoming the first Angels player to win the award since superstar Mike Trout in 2012.

最終的にオオタニはアメリカン・リーグのルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出され、2012年のスーパースター、マイク・トラウト以来の受賞となった。

 

Trout, of course, has gone on to become the consensus best player in the major leagues, on a path to having one of the best careers in the history of the sport. While he has made history with the sheer magnitude of his talent, Ohtani has done so because of his unique skill set.

トラウトはもちろん誰もが認めるメジャーリーグのベストプレーヤーで、球界史上最高のキャリアへの道を歩んでいる。彼がその圧倒的な才能で歴史的な偉業を成し遂げた一方で、オオタニは誰もできない特別なスキルの組み合わせで同様の偉業を達成した。

 

Even Ruth was forced to choose eventually. After starring as a pitcher and hitter, by 1920 Ruth had essentially given up pitching to focus on hitting. The demands of doing both at such a high level were simply too great.

ルースでさえ最終的にどちらかを選ばざるを得なかった。投打の二刀流としてスターになった後、1920年までにルースはピッチングを諦めてヒッティングに専念した。両方をハイレベルでこなすということはただただ大変な努力を要することであった。

 

For nearly a century, the thinking persisted. Aside from the rarity of possessing the physical talent to succeed as a pitcher and a hitter, modern players are required to hone their skills with hours of preparation each day. They do drills, train in the gym and watch video, studying themselves and their opponents.

1世紀近くその考えは根強く残っていた。投打両方で成功するだけのフィジカルな才能を持った選手が稀少であるということは別としても、今のプレーヤーたちは毎日の練習の中で自分のスキルを磨くことを要求されるのだ。基本練習をしたり、ジムでトレーニングをしたり、ビデオを見て自分や対戦相手を研究したりする。

 

Could Ohtani really manage to do both, all while adjusting to a new level of baseball, a new language and a new culture?

新たなレベルの野球や新たな言語、新たな文化に対応しつつ、オオタニは本当に両方をうまくこなせてきたのだろうか?

 

“He came as advertised,” said Oakland A’s manager Bob Melvin, whose team faced Ohtani in his major league debut in April and frequently throughout the year as one of the Angels’ division rivals. “I was like ‘How do you do this? Both ends of it?’ He did it pretty seamlessly.

「彼は前評判通りだった」オークランド・アスレチックスの監督ボブ・メルビンは言った。彼のチームは4月にオオタニのメジャーリーグのデビュー戦に始まって、その後も何度もエンジェルスの同地区のライバルとして対戦してきた。「私は『どうやったらできるんだ?両方を?」と思ったものだ。彼は見事に一体化させていたんだ。」

 

“We knew looking at the stuff that he would be a premier performer, but obviously I had no idea he was that good. He is. He’s unique in what he does. Maybe it opens up some avenues for other people to do it, but it’s not easy. He made it look easy.”

「彼のデータから一流のパフォーマーであるとは知っていたが、それほど素晴らしいとは思ってもいなかった。彼は本当に一流だ。誰も真似することができない。今後他の選手も同様のことをする道が開かれたかもしれないが、しかし決して簡単なことではない。彼はいとも簡単にやってみせているけれど。」

 

The Angels opened up an avenue in June, when they drafted William English, a high school player from Detroit, and announced that he would begin his climb up the minor league ladder as a two-way player.

エンジェルスは6月に、ドラフトしたデトロイト出身のハイスクールプレーヤー、ウィリアム・イングリッシュが二刀流プレーヤーとしてマイナーリーグの階段を上るであろうことをアナウンスし、二刀流育成の道を開いた。

 

In September, the Angels sent minor league hitters Jared Walsh and Bo Way to their fall instructional league program in Arizona to learn how to pitch.

また9月には、マイナーリーグの打者ジャレド・ウォルシュとボー・ウェイをアリゾナでの秋期育成リーグプログラムに参加させて、投球術をを学ばせた。

 

Just this month, the Seattle Mariners claimed Angels infielder Kaleb Cowart on waivers, and announced that he would also learn to pitch. Cowart had struggled as a hitter in the majors but always possessed a strong arm.

今月、シアトル・マリナーズはウェイバー公示されていたエンジェルスの内野手ケイレブ・カワートを獲得、投球を学ばせるとアナウンスした。カワートは、メジャーでの打撃は今ひとつであったが強肩の持ち主である。

 

The odds are still long that anyone else can succeed in the majors as a pitcher and a hitter, but Ohtani has given a glimmer of hope.

他の選手がメジャーで投打両方で成功を収めるという可能性はまだ低いが、オオタニはかすかな希望の光を投げかけたのだ。

 

“Because of what (Ohtani) is doing, I think you’re going to see more two-way players going forward,” Ausmus said. “I don’t want to call it a fad. I think young athletes, and baseball players, are going to say, Hey, wait a second. Why can’t I do both?”

「オオタニの実績のおかげでさらに多くの二刀流プレーヤーが見られるようになると思う」オースマスは言った。「一時的な流行とは呼びたくない。若いアスリートたち、野球選手たちはこう言うようになるだろう。ちょっと待てよ、両方できないはずがないさってね。」

 

 

いかがでしょうか。

「影響力の大きい」英語でいうと “influential” という形容詞は「考えや動きを変えさせるような力を持つ」という意味です。

たとえばそれが野球選手であれば、がんばってる姿や華やかに活躍する姿を見た人々が感動したり勇気づけられたり、憧れた子供がプロ野球選手を目指したり、通常はそういう形での『影響力』だと思います。

ところが大谷選手の場合、100年間無理だと思われていた二刀流の道をメジャーリーグ界に切り開いた、まさに「考えや動きを変えた」ということですね。

実際にエンジェルスやマリナーズで二刀流養成が始まっているとのこと。

結果として二刀流として定着しなくとも、バッティングのよいピッチャー、肩の良い野手などにも新たな可能性を広げるという意味でとてもよいことかもしれませんし、オースマス監督の言うように一時的な流行でなく、もしも今後、第2、第3の大谷選手と呼ばれるような才能ある二刀流プレーヤーが出てきたら、2018年はメジャーの流れを大きく変える年として歴史に残る年になるかもしれません。

もちろん、大谷翔平選手の名前とともに。

大谷選手自身の今後の活躍だけでなく、このムーブメントがどんな形で展開していくか注目したいと思います。

 

ニュース原文・画像スクリーンショット参照元:Orange County Register

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。