Sponsored Link




大谷翔平 打者専念も復帰に大きな期待!MLBニュースを和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュは米メディアのMLBニュースを原文で読み解きながら英語を学ぶサイトです。

開幕日の復帰は残念ながら間に合わないという大谷翔平選手の指名打者限定2019年シーズンですが、それでも大きな期待が寄せられています。

MLB.com の新しいエンジェルス番記者レット・ボリンジャー氏の記事を原文+和訳で読み解いてみましょう。

 

指名打者限定出場もオオタニの打席は必見もの

二刀流スターが素晴らしかったルーキーイヤーの打撃成績を塗り替えることを期待

 

ANAHEIM — It was a memorable first season for Shohei Ohtani, who proved he’s capable of being both a frontline starting pitcher and an elite power hitter en route to winning American League Rookie of the Year honors in 2018.

ショーヘイ・オオタニにとって記憶に残る最初のシーズンであった。彼は2018年アメリカン・リーグの新人王を獲得する道のりで、第一線のピッチャーとエリート級のバッターが両立できることを証明した。

 

But Ohtani, who joined Babe Ruth as the only players to hit 20 homers and make 10 pitching appearances in the same season, will be limited to only designated hitter duty in ’19 after undergoing Tommy John surgery on his right elbow on Oct. 1. Ohtani, though, remains a must-watch player for Angels fans and his recovery from the operation will be worth monitoring throughout the season as he prepares to pitch again in ’20.

しかし、同一シーズンに20本塁打を打ち10登板を果たしたベーブ・ルースの記録に並んだオオタニは、10月1日右肘にトミー・ジョン手術を受けたため、19年はDHとしての出場に限定されるであろう。それでも尚彼はエンジェルスファンにとって観るべきプレーヤーであり、20年の投球再開に向けて手術後の回復状況をシーズンを通して見守る価値はある。

 

Ohtani will not be ready for Opening Day, but isn’t expected to miss much time early in the season and once he returns, he’ll bring much-needed power from the left side. But it’ll be a juggling act for Ohtani and the Angels, as they don’t want him to experience any setbacks with his elbow, so his rehab schedule will be custom-tailored given that he’s a two-way player.

オオタニは開幕日には間に合わない見込みだが、シーズン序盤戦の多くを欠場することにはならないとみられている。一旦復帰すれば切望されるパワーを左打席から見せてくれるはずだ。しかし、オオタニとエンジェルスにとっては危険で難しい状況ではあり、右肘の回復を妨げるようなことはしたくないので、彼のリハビリのスケジュールは二刀流プレーヤーとしてカスタマイズされたものとなる。

 

“The uniqueness of Shohei also coming back as a pitcher is that you’ll have to incorporate the throwing progressions, like throwing from farther distances,” Eppler said. “One of the things that we were mindful of is not introducing him to two new things in the same week.”

「投手としても復帰を目指すというショーヘイの独自性のために、遠投といったスローイングの向上プログラムも取り入れていかなければならない。」エプラーは言った。「我々が充分に気を配ったことのひとつとして、1週のうちに2つの新しいことを取り入れないということである。」

 

大谷翔平回復順調も開幕は間に合わず?MLBニュースを和訳で解説!

 

The 24-year-old hit .285/.361/.564 with 22 homers, 21 doubles and 61 RBIs in 104 games as a position player in 2018, while also posting a 3.31 ERA with 63 strikeouts, 22 walks and six homers allowed in 51 2/3 innings as a starting pitcher.

この24歳は2018年、打者として104試合で打率.285/出塁率.361/長打率.564本塁打22二塁打21打点61を叩き出し、一方で先発投手として51イニング2/3登板し、防御率3.31奪三振63与四球22被本塁打6の記録を残している。

 

He’s also an above-average runner on the bases, as he ranked as the fastest designated hitter in baseball by a wide margin last year. His average sprint speed was 28.4 feet per second, which puts him in the 81st percentile among Major Leaguers, per Statcast™. It also ranked as the fourth-fastest on the team behind Michael Hermosillo, Mike Trout and the departed Eric Young Jr.

彼のベースランニングもまた並外れており、昨年大差で最も速い指名打者であった。彼の平均スプリントスピードは秒速28.4フィートでスタットキャストによるとメジャーリーグの中で81パーセンタイルの位置にある。チームの中ではマイケル・エルモシージョ、マイク・トラウト、エリック・ヤング・ジュニアについで4番目に速い選手としてランクしている。

 

But it’s Ohtani’s hitting that will really make an impact in ’19, and the advanced metrics provided by Statcast™ clearly illustrate that. Ohtani was among the game’s best in terms of making hard contact, as he ranked 11th among all hitters in average exit velocity at 92.6 mph.

19年インパクトを与えるものはオオタニの打撃であろう。スタットキャストによる高度な分析によるとオオタニのコンタクトの強さは球界屈指のもので、時速92.6マイルという彼の打球の平均初速は全ての打者の中で11番目にランクされた。

 

Of his 225 batted balls in play tracked by Statcast™, 113 of them were hit harder than 95 mph, which gave him a hard-hit rate of 50.2 percent that ranked 10th in the Majors and has him the same company as perennial MVP candidates Mookie Betts, Christian Yelich and Giancarlo Stanton.

スタットキャストが計測した彼の打球の225球のうち113球は時速95マイルを超えており、このハードヒット率50.2パーセントはメジャーで10番目にランクし、MVPの常連となるであろうムーキー・ベッツ、クリスチャン・イエリッチやジャンカルロ・スタントンに肩を並べるものである。

 

Even without pitching this year, he has the ability to be a game-changer at the plate and on the bases, and combines with Trout to give the Angels one of the game’s most exciting 1-2 punches.

ピッチングをしなくとも彼は今年打席や塁上でゲームチェンジャーとなる能力を持っており、トラウトとのコンビは球界で最もエキサイティングなワンツーパンチとなるのだ。

 

Ohtani will be the primary designated hitter once he returns, while Angels manager Brad Ausmus will be tasked with finding the right mix of playing time for first basemen Albert Pujols and Justin Bour.

オオタニが復帰するとレギュラーDHとなり、1塁手アルベルト・プホルスやジャスティン・ボーアとうまく組み合わせて使う方法を見つけることがエンジェルス監督ブラッド・オースマスの課題となるであろう。

 

But Ausmus, who served as a special assistant with the Angels last year, knows what Ohtani is capable of and is excited to have him the lineup once he’s healthy.

しかし、昨年エンジェルスの特別補佐であったオースマスはオオタニの能力を知っており、完治次第彼をラインアップに入れることを楽しみにしている。

 

“He’s just a tremendous talent,” Ausmus said. “I remember watching him take batting practice the first day in Tempe when I was there. And immediately in batting practice, the one thing that stood out is how the ball came off his bat. The only way I can describe it is it’s very similar to Miguel Cabrera. You just don’t see guys like that.”

「彼はとにかく素晴らしい才能の持ち主だ」オースマスは言った。「私はテンペでの初日彼の打撃練習を見ていたときのことを覚えている。打撃練習に入るとすぐに、彼のバットから放たれた球は際立っていた。私がそれを描写するとしたらミゲル・カブレラ大変よく似ているということだ。あんな選手は見たことがない。」

 

 

いかがでしょうか。

昨年靭帯損傷後の爆発的な打撃っぷりは記憶に鮮明に残っています。

それを考えると、今シーズンの打者としての大谷選手の活躍に対する不安要素は今のところ見当たりません。

あとは、一刻も早く打撃に戻れる状態まで回復してくれることを祈るばかりです。

 

 

ニュース原文・画像スクリーンショット参照元:MLB.com

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。