Sponsored Link




大谷翔平のスプリッターは何故打てない?地元記者とMLBレジェンドが分析するそのすごさ!

Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

投手大谷翔平の最大の武器であるスプリッターについて書かれた、地元紙ロスアンゼルス・タイムズの記事をご紹介します。

スプリッターを得意とした、殿堂入りピッチャーのジョン・スモルツ氏の言葉も織り込まれた興味深い記事です。

Sponsored Link

 


 

 

For most of the 60-foot path to the plate, it looks like a fastball has come out of Shohei Ohtani’s right hand.

ホームプレートまでの60フィートの球筋で、ほとんどの場合ショウヘイ・オオタニの右手から速球が投げられたように見える。

He has the same arm speed, and lets it go from the same release point. It travels on the same plane, appearing to be another upper-90s heater labeled for the strike zone.

彼は同じ腕の振りで、同じリリースポイントでその球を投げる。その球は、同じ軌道で、また時速90マイル超えのストライクゾーンに入る快速球が来たように見える。

Not until the last moment can most hitters realize it’s something else. And by then, they’ve usually already swung, their bat waving helplessly out in front and over the top of a pitch that has dived away from where they thought it was going to be.

ほとんどの打者は最後の瞬間まで、その投球が速球ではない球であることに気づかない。そして、気づいたときには彼らはすでにスイングしてしまっている。彼らのバットはむなしく、彼らが予想した場所から沈むその投球の手前上方で空を切ってしまう。

When Ohtani throws his splitter, this is the most common result. And a month into this season, Ohtani’s first in a full-time two-way role for the Angels since 2018, it’s again considered one of the best pitches in baseball.

オオタニがスプリッターを投げると、ほぼこのような結果になる。2018年以来オオタニが二刀流でフルにプレイする今シーズンも1ヶ月が過ぎ、再びスプリッターは野球においてベストな球種だと考えられている。

“It’s a pretty dynamic pitch,” Angels manager Joe Maddon said. “It’s hard and it goes straight down. Some really good hitters have some really bad reactions to it. The hitters will tell you how good the pitch is.”

「ダイナミックな球だね」エンゼルス監督ジョー・マドンは言う。「力があり一直線に落ちる。好打者たちがほんとにひどい反応をすることがある。彼らはなんていい球なんだというだろうね。」

Indeed, entering Ohtani’s fourth start of the season Wednesday night against the Tampa Bay Rays, opposing batters were 0 for 19 against him in plate appearances that ended with a splitter, including 18 retired via strikeout.

実に、オオタニの今シーズン4度目の先発となる水曜夜のタンパベイ・レイズ戦までに、対戦打者たちはスプリッターを決め球とする19打席で凡退し、うち18打席は三振であった。

Of the 23 times opponents have swung at Ohtani’s splitter this season, 17 came up empty — a major league-best 73.9% whiff rate. Of the six times contact was made, five were foul balls. And on the lone occasion the pitch was put in play by the Chicago White Sox’s Leury García, it resulted in a ground ball hit so weakly to second that García was able to beat out a double play.

今シーズン対戦打者がオオタニのスプリッターにバットを振った23回中、17回が空振りだった ― メジャーリーグトップの73.9%というwhiffレート(空振り率)である。バットに当たった6回のうち5回はファールボールであった。唯一インプレ―となったシカゴ・ホワイトソックスのレウリー・ガルシアの打球はセカンドゴロとなり、当たりが弱すぎてガルシアはダブルプレーをまぬがれた。

One hitter has reached base in a plate appearance that ended with a splitter, when the White Sox’s José Abreu drew a walk in that same April 4 game.

スプリッターで終わった打席で一度だけ一塁ベースに到達した打者がいた。同じく4月4日の試合で、ホワイトソックスのホセ・アブレイユはフォアボールを選んだ。

Other than that, the pitch has produced virtually flawless results.

それ以外は、彼のスプリッターは事実上完璧な結果を生み出してきている。

“If he gets to two strikes,” Maddon said, “it’s a really uncomfortable at-bat for anybody.”

「彼が2ストライクを取ったら」マドンは言った「打席に立つ誰もが落着きをなくすだろう。」

Ohtani, 26, has other weapons on the mound. His fastball is averaging 97 mph this season, 13th-hardest among qualified MLB pitchers. His slider and curveball have also yet to result in a hit. He has added a cutter this season as well, another complementary option that catcher Kurt Suzuki said adds “a different dimension” to Ohtani’s arsenal.

26歳のオオタニはマウンド上で別の武器を持っている。今シーズンの彼の速球の平均時速は97マイルで、規定投球数に達したMLBの投手のうち13番目の速さである。彼の投げるスライダーとカーブもまだ打たれていない。彼は今シーズンカットボールも投げるようになり、カート・スズキによると、それはオオタニの持ち球に「別次元」の幅を広げている。

But the splitter is his trademark pitch, earning admirers inside the Angels clubhouse and elsewhere around the sport.

しかし、スプリッターは彼のトレードマークとなる球種であり、エンゼルスのチーム内でも球界内でも賛辞の声を集めている。

“If he has command with his fastball, they have no chance laying off of his split,” said Hall of Fame pitcher John Smoltz, who has followed Ohtani closely as an analyst for MLB Network. “Because he comes out of the same slot, and it comes out firm in the middle of the zone, it drops and it has great late movement.”

「もし彼が速球を使いこなせば、打者たちは彼のスプリッターに狙いを定めることはできない。」MLBネットワークのアナリストとしてオオタニを綿密に分析している、殿堂入りピッチャー、ジョン・スモルツは言った。「同じ腕の振りで投げて、ストライクゾーンど真ん中からとんでもない動きで落ちる。」

Smoltz added: “Trying to catch up with velocity and then distinguish between fastball and split differential, it’s just ridiculous. It comes out of his hand the same way.”

スモルツは付け加えて言った:「球の速さについていこうとしながら速球とスプリッターを見分けようとするなんて、ばかばかしいほどありえないよ。彼の手からまったく同じように離れるんだから。」

The splitter was a key pitch for Smoltz, another hard-throwing right-hander, during a 21-year MLB career spent mostly with the Atlanta Braves. Originally, he developed it to use specifically against left-handed slugger Barry Bonds, whom Smoltz and the Braves met in the playoffs in 1991 and 1992. The first year Smoltz incorporated the splitter full-time in 1996, he won the Cy Young Award and led the majors in strikeouts.

スプリッターは、同じく右腕の剛速球投手スモルツが、主にアトランタ・ブレーブスで過ごした21年間の彼のMLBのキャリアの中でキーとなる球種であった。もともと彼は、1991年と1992年に対戦した左打ちのスラッガー、バリー・ボンズ対策としてこの球を身につけた。彼がスプリッターをフルで球種に取り入れた最初の年となる1996年に、スモルツはサイ・ヤング賞を受賞し、また、メジャーの奪三振王となった。

“It was a pitch that came real easy to me,” Smoltz said. “I threw that pitch just like a fastball with no stress whatsoever. And the ball just disappeared, went completely left-to-right. You want to talk about a new tool, having fun for the first time against power left-handed hitters, that was a game-changer for me.”

「私はその球をとても簡単に身につけたよ」スモルツは言った。「私はそれを速球を投げるように、何のストレスも感じずに投げた。ボールが消えて、左から右へと動いた。新しいツールを身につけて、初めて左打ちのパワーヒッターと対戦するのが楽しみになったよ。それは私にとってゲームチェンジャーとなった。」

The splitter’s prevalence in the sport has slowly faded over the years, largely because of concerns about the strain it puts on a pitcher’s arm. Even Smoltz stopped throwing it later in his career. This season, of the almost 500 big leaguers who have thrown at least 50 pitches, only 31 have used a splitter.

ここ数年球界では、スプリッターの普及はスローダウンしている。その主な理由はこの球が投手の腕に負担を与えるということである。スモルツでさえキャリア後半でスプリッターを投げるのをやめた。今シーズン、ここまで最低50球を投げた約500人のメジャーリーグの投手のうち、スプリッターを使ったのはわずか31人である。

But in Ohtani’s case, it serves as an effective complement to his other pitches, with sharp downward movement that differentiates from his high-velocity fastball and slight left-to-right tailing action that breaks the opposite direction of his slider.

しかし、オオタニの場合、彼の高速の直球と区別する鋭く落下する動きや、彼のスライダーと逆方向への変化となるわずかな左から右への動きなど、スプリッターは彼の他の球種効果を高める役割を持っている。

“Obviously when you’re throwing the ball in the upper 90s, low 100s, and then you throw the same arm speed on something that comes out about 10-12 mph slower, it’s gonna throw a hitter off,” said Suzuki, who has been Ohtani’s primary catcher this season.

「明らかに、時速90マイル後半から100マイル前半の球を投げ、同じ腕の振りで時速10~12マイル遅い球を投げると、バッターはタイミングを狂わされるよ」今シーズンオオタニとバッテリーを組んでいるスズキは言った。

Ohtani is at his best, of course, when he’s consistently commanding those other pitches too, something that has been a work in progress this season (his 21% walk rate is fourth-highest among pitchers with at least 10 innings).

常に他の持ち球もうまく操っているときはオオタニはもちろん絶好調だ。今シーズンいくぶん改善すべきポイントもあるが(彼の21%という四球率は10イニング以上投げた投手のうち4番目に高い数字である。)

But when Ohtani does get ahead, when he does put hitters on the defensive, he can turn to one of the best putaway weapons in the sport — separating his index and middle fingers over the seams, and unleashing a pitch that so far opponents have barely been able to touch.

しかし、オオタニが実際に進化し打者たち守勢に立たせるときに、スポーツにおける最強の武器となり得る ― 球の縫い目を人差し指と中指に挟んで、現段階ではほぼ対戦相手がかすることもない球を放つのである。

“It’s a fantastic pitch,” Smoltz said. “It’s just such a weapon with the velocity he has.”

「ファンタスティックな球だよ」スモルツは言った。「彼のスピードがあるからすごい武器になっている。」

 

 

英語原文参照元:Los Angels Times By JACK HARRIS

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。