Sponsored Link




大谷翔平の半年ぶりの投球練習を動画で公開!MLBニュースを和訳で解説!

大谷翔平投球再開
Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

順調にリハビリを続ける大谷翔平選手、現地時間3月8日には軽いキャッチボールを行いました。

エンジェルスの twitter 動画を交えながら、MLB.com の記事を原文+和訳で現地の様子を読み解いてみましょう。

 

 

オオタニ トミー・ジョン手術手術から回復を目指しキャッチボール

 

TEMPE, Ariz. — When Angels two-way phenom Shohei Ohtani is placed back onto the Angels’ active roster this season, it will be as a designated hitter. Pitching, which Ohtani hasn’t done since undergoing Tommy John surgery in October, is off the table until 2020.

エンジェルスの二刀流天才ショーヘイ・オオタニが今シーズンのエンジェルスのアクティブロースターに戻ってくるときは、DHとして戻ることになる。10月のトミー・ジョン手術以来行っていない投球は2020年までは予定されていない。

 

 

But that doesn’t mean Ohtani won’t be spending this season taking necessary steps toward that highly anticipated return to the mound. One of those small, but significant strides took place on a back field at the Angels’ spring complex on a chilly Friday morning, when Ohtani played catch for the first time since the surgery.

だからといってオオタニが、大いに期待されるマウンドへの復帰に必要なステップを今シーズンは踏まないということではない。肌寒い金曜日の朝、エンジェルスのスプリングキャンプのバックフィールドでは、オオタニが手術後初めてキャッチボールを行うという、小さいけれど重要な一歩が踏まれていた。

 

“I’m really satisfied with my progress so far,” Ohtani said, through an interpreter. “From here now, I’ll start building up. Maybe there are going to be some setbacks, so want to be careful about those.”

「ここまでの前進に満足しています」オオタニは通訳を通じて言った。「ここから鍛えていこうと思います。うまく行かないときもあるでしょうが、注意深く進めたいと思います。」

 

Categorizing the session as “playing catch” is probably a bit of an exaggeration. These were very soft tosses, and the entire session lasted 12 minutes. Ohtani threw 60 times: 20 tosses at 20 feet, 30 working back to 40 feet and 10 during a cooling down period.

「キャッチボール」と呼ぶにはちょっと大げさかもしれない。12分程度の軽いトスだった。オオタニは60球ー20フィートのトスを20球、40フィートに下がって30球、クーリングダウンに10球ーを投げた。

 

 

“It was very light,” Ohtani said. “The effort level was not there. It was something I was expecting. I was glad I was able to do it.”

「ごく軽いものでした」オオタニは言った。「負荷は全くなく、想定通りのものでした。ここまでできるようになってうれしいです。」

 

If anything, the session probably helped Ohtani more from a mental standpoint. The simple act of throwing after such a long layoff, and such a major surgical procedure, can be helpful in that manner with the recovery process.

どちらかというとこの日のセッションは、オオタニの精神的に役に立つものだっただろう。長いブランクと大きな手術の後での簡単な投球動作は回復過程に役に立つであろう。

 

“I’m really relieved I was able to get through the 60 throws I had to go through at the distance I threw at,” he said. “In that sense, mentally, I was very relieved. I just have to see tomorrow how my arm reacts.”

「予定通り60球を投げられてとてもホッとしています」彼は言った。「精神的にとても楽になりました。あとは明日の腕の状態を確認することです。」

 

Ohtani also took 15 swings off a tee, and took another 25 off soft tosses.

オオタニはティーバッティングを15回とトスバッティングを25回行った。

 

“Both hitting and pitching-wise, everything is going as scheduled, so I don’t feel rushed or pressured at all,” he said. “Everything is going smoothly.”

「打撃も投球も全て予定通りに進んでいるので、焦ったりプレッシャーを感じたりということは全くありません」彼は言った。「すべてはスムーズにいっています。」

 

Manager Brad Ausmus said the Angels will “back off the workload in terms of hitting” now that Ohtani is working on both sides of his game.

ブラッド・オースマス監督の話によると、オオタニが投打両方のトレーニングに入ったことで、エンジェルスはヒッティングの負荷を少し落とすであろうということである。

 

The Angels maintain that Ohtani will be ready to rejoin the team as the DH sometime in May.

エンジェルスとしては、5月のどこかでオオタニがチームに合流する予定は変わらない。

 

“That’s the timeline I’ve been given,” Ohtani said. “So hopefully at least by May, if not before. Anything earlier would be a plus.”

「それが与えられたタイムラインです」オオタニは言った。「うまく行けば5月までに、それより前にとは言わないまでも。少しでも早ければそれはいいことです。」

 

いかがでしょうか。

最初に日本のニュースの見出しで「大谷翔平 60球を投げる」と見て、ちょっとびっくりしたのですが、動画を見るとほんとにキャッチボールともいえないくらいの投球でした。

それでも10月1日の手術以来、もっというと9月2日に3回途中で降板して2度目の靭帯損傷診断を受けた日以来、ちょうど半年ぶりに見る大谷選手の投球モーションにはちょっと感慨深いものがあります。

投打ともに順調にリハビリが続いているということで、安心して復帰が待てそうです。

 

 

ニュース原文参照元:MLB.com by Alyson Footer

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。