Sponsored Link




大谷翔平帰国記者会見を米メディアも注目!MLBニュースを和訳で解説

大谷翔平&マイク・トラウト
Pocket

Sho Time イングリッシュ運営者のMami.です。

まさに凱旋帰国!

11月22日に東京で行われた大谷翔平選手の帰国記者会見をご覧になった方も多いと思います。

この記者会見の模様はMLB各メディアでも大きく報道されておりました。1時間ほどの長い会見の中で、特にどのような部分が注目されていたのでしょうか。

最も注目されたのは、やはりあの大リーガーとの関係です!

数ある記事の中から代表として、MLB.com の記事を取り上げてみます。

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

 

 

 

大谷、センセーショナルなルーキーシーズンを振り返る

二刀流スターの活躍の裏にイチローの助言が

 

Sponsored Link

 

 

大谷選手東京で記者会見、デビューイヤーを振り返る

Fresh off an American League Rookie of the Year Award season, Angels sensation Shohei Ohtani met with Japanese reporters in Tokyo on Thursday to reflect on his headline-making debut in Major League Baseball.

アメリカン・リーグの新人王受賞してすぐに、エンジェルスのスターショウヘイ・オオタニは木曜日東京で記者会見を行い、メディアを沸かせたMLBデビューを振り返った。

 

MLBの野球について

The 24-year-old two way player, who is currently recovering from Tommy John surgery on his right elbow, spoke to the elite competition he had to grow accustomed to in the United States.

24歳の二刀流プレーヤーは現在トミー・ジョン手術後の回復期間中であるが、米国で慣れていかなければならないエリート競争について語った。

 

“Everything was different — the baseball, the culture,” said Ohtani. “I was aware right away of a higher level of power, technique and speed.”

「野球自体が文化も含めて全てが違うなと感じました。」オオタニは言った。「レベルが総合的に、パワーとかだけではなくて、技術もスピードも高いなというのは感じました。」

 

苦闘する大谷を救ったイチローの助言

There were widespread reservations about Ohtani’s ability to adjust to the Major Leagues after he struggled in Spring Training, but he credited his fellow countryman Ichiro Suzuki with helping him recalibrate.

彼のスプリングトレーニングの悪戦苦闘ぶりを見て、彼がメジャーリーグに対応できる能力があるのかという懸念が広く広まっていた。しかし彼は同郷のイチロー・スズキに相談して再調整できたと語った。

 

 

“I really was having trouble — not playing as I thought I should and also with my mental attitude,” Ohtani admitted. “[Ichiro] made time for me. From that, I came away in better shape, both in terms of attitude and approach. I am so grateful to him.”

「本当に苦労して―なかなか思い通りにいかない中で、精神的なものも含めて」オオタニは認めた「(イチローさんが)時間を作ってくださって。そこから精神的にも技術的にも進歩できたので、すごく感謝しています。」

 

驚異的な開幕ダッシュ

Ohtani flipped the switch in the regular season, beginning with a pair of starts against the playoff-bound A’s in which he allowed only three runs and paired 18 strikeouts with two walks over 13 innings. Ohtani finished with a 3.31 ERA and 63 strikeouts over 51 2/3 innings before a strained ulnar collateral ligament (UCL) in his pitching elbow forced him off the mound. He also proved to be one of the AL’s best hitters, compiling a .925 OPS to go with 22 homers as a designated hitter. In the process, Ohtani became the first player since Babe Ruth to hit 20 home runs and make 10 pitching appearances in a season.

レギュラーシーズンが開幕するとオオタニのスイッチが入り、まずは今シーズンプレーオフ進出を果たしたアスレチックスとの対戦で2度先発をして、13イニングで失点3奪三振18与四球2であった。右肘靭帯損傷でマウンドからやむなく降りるまで、51イニング2/3を投げて防御率3.31奪三振63の成績を残した。彼はまたア・リーグのベストヒッターであることを、DHとしてOPS.925本塁打22という成績で証明した。そうするうちに、オオタニはベーブ・ルース以来の10登板20本塁打という記録を達成した。

 

 

手術後の経過は順調

“After the surgery, everything went fine and continues to be,” he said. “For the first month or so, I was frustrated by not being able to use my right hand as much as I would have liked. But because now I don’t feel any such impediment, I believe it really was good to have had it.”

「術後の経過は順調です。」彼は言った。「最初の1カ月はなかなか思い通りに右手は使えず苦労はしましたが、今は不自由ないし、今はやってよかったと思います。」

In regards to his rehabilitation, Ohtani added, “I can do most anything that doesn’t put a heavy load on my right arm. I’m doing light resistance training with my right arm. All the time, I’m bending and extending the arm, and I want to keep doing that. After, I will progress toward being able to play in real games.”

リハビリについてオオタニは付け加えた。「右腕に大きな負荷がかからなければほぼなんでもできます。右腕も軽い負荷がかかった抵抗運動ならできます。継続的にやっているのは屈曲伸展の運動で、それは続けたいと思います。その後実戦でプレーできるように進めていきたいと思います。」

 

世界一の野球選手になる夢に焦点を合わせ続ける

Ohtani will be back as a hitter in Spring Training, and he said he remains focused on his original goal: To become the best baseball player in the world.

オオタニはスプリングトレーニングで打者として戻る予定であり、彼の元の目標である、世界一の野球選手になることに焦点を合わせ続けたいと言った。

 

“I’m not going to change my stance about striving in that direction,” Ohtani said, “but it’s not something you’re going to see in one season. That’s something that will be seen in the process of playing five to 10 years, so I want to give it my best shot next year and beyond.”

「その方向で努力していくというスタンスは変わらないです。」オオタニは言った。「でもそれは1シーズン目で達成できるものではないし、5年10年とプレーしていくうちに達成できるものではないかと。なので来年はさらにベストな年にしていきたいです。」

 

いかがでしょうか。記者会見でのたくさんの質問の中から各米メディアで特に注目されていたのが、この記事にもあるようにイチロー選手との秘話、そして手術後の経過でした。

 

最後に1つ、使える英語表現をご紹介しましょう。

この記事の副題 Two-way star credits Ichiro for helping him improve にある、credit 人 for 事 は「(事)は(人)のおかげである」という表現です。

クレジットカードで一番よく使う単語 credit ですが、動詞にはこんな使い方もあるのです。

 

ニュース原文参照元:MLB.com

 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。