Sponsored Link




大谷選手復帰がエンジェルスの打線・チーム編成に与える影響は?MLBニュースを和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

5月7日の大谷選手の2019年シーズン初出場に、地元メディアの番記者たちも忙しそうです。

いち早く大谷選手の復帰を予告したジェフ・フレッチャー氏の記事を原文+和訳で読み解きましょう。

大谷選手の復帰が低迷するエンジェルスの打線やチーム編成に与える影響が詳しく書かれています。

 

祝大谷翔平復帰!エンジェルス公式サイトは#Shotime祭り!

ショウヘイ・オオタニ エンジェルスのDHに登録、今夜3番を打つ

DETROIT — The Angels did not ease Shohei Ohtani back into the lineup.

エンジェルスは早速ショウヘイ・オオタニをラインアップに復帰させた。

 

On Tuesday the Angels activated Ohtani and stuck him in the No. 3 spot, right behind Mike Trout.

火曜日エンジェルスはオオタニを登録し、打順3番、マイク・トラウトの直後に置いた。

 

Manager Brad Ausmus said he first planned on putting Ohtani in that spot “when I got hired.” He added that “there was no thought to using him lower in the batting order.”

ブラッド・オースマス監督は「就任した」当初からオオタニをその打順に置くことを考えていたと話し、「それより下の打順に彼を置く考えはなかった」と付け加えた。

 

The fact that Ohtani went right into that spot in his first game, and against a left-handed pitcher, illustrates how highly the Angels value his status in the lineup.

彼の復帰第1戦から、しかも左ピッチャーに対して彼をその打順に使ってきたという事実は、いかにエンジェルスが打線の中で彼重要視しているかを物語るものである。

 

“Having him behind Mike, if Mike’s getting on base at the clip he gets on base, they’re going to have to hold a runner on first, and that will open up a lane over there as well,” said General Manager Billy Eppler, who made the trip to Detroit. “You’re adding a middle-of-the-order bat, and when you can do that, it can help everybody throughout the lineup.”

「彼をマイクの後ろに置くということで、もしマイクが今の勢いで塁に出たとしたら、一塁にランナーを置くことで、そこにスペースが生まれる」デトロイトに移動したGMビリー・エプラーは言った。「中軸を打つ打者が増えるんだ、それによって打線上の全ての打者が楽になる。」

 

Trout said it is “huge” to have Ohtani back in the lineup.

トラウトは、オオタニが打線に復帰することは「非常に大きい」と話した。

 

“He’s super talented,” Trout said. “It’s special. We’re excited to have him back. He’s ready.”

「彼はとびきりの才能を持っている」トラウトは言った。「特別なものだ。みんな彼の復帰に興奮しているよ。彼はもう準備万端だ。」

 

Ausmus said that Ohtani will play essentially every day, against righties and lefties. The Angels have no plan to limit Ohtani’s workload because of his rehab. He will play as often as he and the medical staff deem he can.

オースマスによると、オオタニは右投手でも左投手でも基本的に毎日出場することになる予定である。リハビリのために出場を制限することはなく、彼自身とメディカルスタッフがプレーできると判断すればプレーし続けることになる。

 

When Ohtani hits, he’ll continue to wear the protective elbow guard he wore last year, and when he’s on base, he will have a different elbow guard that protects his arm from anything that could happen sliding.

打つときオオタニは、昨年つけていた肘の防具を引き続きつける。またベース上ではスライディングの際に腕を保護する別の防具をつけることになる。

 

Although Ohtani will not pitch this season, he will continue his throwing progression. At some point, Ohtani will be throwing with a level of intensity that could possibly require him to be unavailable as a hitter, but if that happens it wouldn’t be until he’s deep into his routine of throwing off a mound, sometime in September, Eppler said.

今シーズンオオタニはピッチングは行わないが、スローイングのリハビリは続けていく。どこかの時点でオオタニは、スローイングの強度を上げるために打者としては出場できないことがあるかもしれないが、エプラーによると、そういうことがあるとしたらおそらく9月あたりに、マウンドから投球できるくらいルーティンが進んでからとなるであろう。

 

Ohtani returned to action seven months and one week after undergoing Tommy John surgery, reaching a significant milestone in a rehab process that Eppler said has so far gone without any hitches.

オオタニはトミー・ジョン手術後7カ月1週間ぶりの試合復帰となり、順調に進んで来ているとエプラーが言うリハビリの過程の中で重要な節目に達した。

 

Now, the Angels have regained a hitter who last year batted .285 with 22 homers and a .925 OPS in 367 plate appearances, winning the Americana League Rookie of the Year.

今エンジェルスは、昨年367打席で打率.285、本塁打22本、OPS.925でアメリカン・リーグの新人王に輝いたヒッターを打線に取り戻した。

 

“I just want him to be the best version of himself,” Eppler said. “I think he’ll bring the tools we’ve all seen, the speed, the power, the plate discipline. He’s basically finishing spring training and it can take guys a little time to get into the flow and comfort of their routines.”

「彼の一番いいところを出してもらいたいと望むだけだ」エプラーは言った。「スピード、パワー、選球眼という、我々が皆目にしてきた能力を発揮してくれるであろう。彼はおおむねスプリング・トレーニングを終えようとしているところで、実戦の流れに乗って行くにはもう少し時間がかかるであろう。」

 

Ohtani’s return created a ripple throughout the roster.

オオタニの復帰によってロースターに変動が出た。

 

It means that now Albert Pujols and Justin Bour will mostly need to split time at first base in order to see any action.

つまり、今のところ、主にアルベルト・プホルスとジャスティン・ボアが交替で1塁に入りつつ様子をみることになりそうである。

 

The Angels also designated slumping veteran Peter Bourjos for assignment, which leaves the team with a somewhat inflexible roster. The Angels have an eight-man bullpen and a three-man bench, which is one more pitcher than typical. Their position player roster also includes a player, Ohtani, who doesn’t play a position. Two other players, Pujols and Bour, play only first base. Two others are catchers.

エンジェルスはスランプ状態にあるベテランのピーター・ボージャスを枠から外すこととなり、チームは少し柔軟性のない編成となる。エンジェルスはブルペンに8人、ベンチに3人と普通より1人多く投手を入れている。野手には守備につかないオオタニが含まれる。またあと2人、プホルスとボアは1塁しか守らない。そして2人は捕手である。

 

It places even more value on the versatility of David Fletcher, Tommy La Stella and Zack Cozart, who was activated from the injured list on Tuesday. Luís Rengifo was optioned to clear room for Cozart.

そういう点で、デビッド・フレッチャー、トミー・ラステラ、火曜日に故障者リストから戻ったザック・コザートの万能ぶりに価値が出てくる。ルイス・レンジフォがコザートに枠を明け渡すことになった。

 

La Stella plays all four infield spots and Fletcher and Cozart play all but first. Fletcher is also now the fourth outfielder.

ラステラは内野の4ポジションを全て守ることができ、コザートは1塁以外は守れる。フレッチャーは4番目の外野手になることもできる。

 

“Fletcher becomes even more valuable,” Eppler said. “He’s doing a good job in the outfield. The Swiss army knife nature of David Fletcher is very valuable and allows us to have this roster construction.”

「フレッチャーはさらに価値がある」エプラーは言った。「外野手としてもいい仕事をする。デビッド・フレッチャーのスイスアーミーナイフのような万能ぶりには大変価値があり、そのおかげで我々はこのロースターの組み立てができるんだ。」

 

 

いかがでしょうか。

残念ながらここまで2試合で7打数無安打1打点4三振と、まだ大谷選手とのバットからは快音が聞こえませんが、地区最下位と低迷するチームの打線に新しい風を入れてくれることに期待しましょう。

 

ニュース原文参照元:THE PRESS-ENTERPRISE by Jeff Fletcher

 

エンジェルス2019年全試合日程!②レギュラーシーズン前半

 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。