Sponsored Link




新人王は大谷翔平を中心に語られる?MLBニュースを和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

いよいよ日本時間11月13日に発表されるMLBの各賞。

なかでも大谷翔平選手がファイナリストとしてエントリーされているアメリカン・リーグの最優秀新人賞<Jackie Robinson Rookie of the Year Award>は、日本でもたくさんの人が注目していると思います。

現地各メディアでも受賞者予想報道は盛り上がっていて、私も各記事をチェックしていますが、ア・リーグ新人王に関しては大谷選手中心書かれたものが多いようです。

そんな記事をいくつか原文+和訳で抜粋してご紹介します。

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

 

 

 

地元記者は当然大谷中心に報道  Fox Sports West

Sho-ing Up: Angels’ Ohtani named finalist for AL Rookie of the Year

Shohei Ohtani had an incredible year on both sides of the ball for the Los Angeles Angels this season, and he along with Miguel Andujar and Gleyber Torres from the New York Yankees are the finalists to win the American League Rookie of the Year award, Major League Baseball announced on Monday.

ショウヘイ・オオタニはロスアンジェルス・エンジェルスで今シーズン、投打両方で信じられないような年を送った。そして彼は、ニューヨーク・ヤンキースのミゲル・アンドゥハーやグレイバー・トーレスとともにアメリカン・リーグの最優秀新人賞のファイナリスト入りをしたと発表された。

 

トロフィーを見せてね!

おめでとう!ショウヘイ・オオタニ!ア・リーグ最優秀新人賞のファイナリストに選出!

 

ヤンキースの2人に票が分かれることも大谷に有利 Yahoo! Sports

MLB year-end awards: Mookie Betts, Jacob deGrom, Shohei Ohtani among finalists

Our take: The Ohtani experiment wasn’t a 100 percent success since his elbow injury derailed him as a starting pitcher, but it was still enough to win this year. He was plenty effective at the plate. His offensive output alone (.285/.361/.564, 22 HRs, 61 RBIs) made for a better WAR than Andujar and Torres. Add the pitching numbers, and he was the more valuable overall player. Consider that the two Yankees stand to split some of the votes here and it should be Ohtani’s.

私たちの見解:オオタニの体験は肘の故障で先発投手から外れて以来100%ではなかった。しかしそれでもなお彼は今年受賞するに充分値する。彼の打席は非常に効率が高く、攻撃力だけ取ってみても(打率.285 出塁率.361 長打率.564 本塁打22 打点61)でアンドゥハーやトーレスより高いWAR を誇っている。さらに投球した回数を加えると、彼はより価値のある万能プレーヤーであることがわかる。ヤンキースの2人の選手に票が分かれることを考えても、受賞者はオオタニに違いない。

 

 

wOBAを評価で大谷推し  NBC Sports 

Who should win BBWAA’s awards?

AL Rookie of the Year: P/DH Shohei Ohtani, Angels

Even ignoring what he did on the mound, Ohtani outperformed Andújar and Torres, though he had only 367 plate appearances. According to FanGraphs, Ohtani posted weighted on-base average of .390 compared to the .361 of Andújar and .349 of Torres. The AL average is .317.

ア・リーグ 最優秀新人賞:

投手/DH ショウヘイ・オオタニ エンジェルス

マウンド上でのプレーを無視したとしても、367打席ながらオオタニはアンドゥハーやトーレスののパフォーマンスを上回っている。FanGraphsによると、wOBA は.390とアンドゥハーの.361やトーレスの.349を上回っている。ア・リーグの平均は.317である。

 

Ohtani, of course, was also a pitcher and a great one at that. In 10 starts before suffering an injury, the 24-year-old posted a 3.31 ERA with 63 strikeouts and 22 walks in 51 2/3 innings. We rarely see two-way players in baseball anymore, and especially not ones that are significantly above-average in both ways. Per Baseball Reference, Ohtani was worth 2.7 WAR as a batter and 1.2 WAR as a pitcher in what amounted to essentially two-thirds of a season. It remains to be seen if Ohtani starts a trend in which more players are capable as both pitchers and position players — probably not — but he was a historically unique player in 2018.

オオタニはもちろん、投手でもありしかも素晴らしいプレーぶりである。ケガに苦しむ前、この24歳は10先発51イニング2/3を投げて、防御率3.31 奪三振63 与四球22という成績を残している。このような二刀流プレーヤーは他には例を見られず、特に両面において明らかに並以上のプレーをする例はない。Baseball Reference によると、実質2/3シーズンの出場でオオタニは、打者としてWAR2.7、投手としてWAR1.2を残している。他にも投手と野手の両面で活躍する選手が出てくるという流れをオオタニが作るかーおそらくないだろうがーどうかはまだわからないが、彼は2018年歴史的にユニークな存在であった。

 

各記者が熱く大谷推し Yahoo! Sports

2018 Rookie of the Year: Sizing up the finalists

Our picks
Chris Cwik

AL: Shohei Ohtani: Miguel Andujar, Gleyber Torres and Joey Wendle all deserve credit, but Shohei Ohtani was the choice for me. The league hasn’t seen a player like him in decades. He was not only an excellent pitcher, posting an ERA 26 percent better than league average, but he proved the doubters wrong with his bat. His 152 wRC+, an advanced stat that measures offensive performance, would have ranked sixth in MLB if Ohtani qualified for the batting title. He’s not going to be special. He already is.

私たちの予想

クリス・ツヴィーク

AL : ショウヘイ・オオタニ:ミゲル・アンドゥハーやグレイバー・トーレスは確かによくやったが、ショウヘイ・オオタニを私は選ぶ。メジャーリーグには彼のような選手は何十年もいなかった。彼は、リーグ平均を26%上回る防御率を残した優れた投手であるばかりでなく、誰もが納得する打撃成績を残した。攻撃力を示す最新のデータであるwRC+で彼は、MLB6位にランクする。彼は今後の特別な活躍が期待される選手であり、すでにもう特別な存在なのだ。

 

Mark Townsend

AL: Shohei Ohtani: Even with arm troubles limiting him, Ohtani managed to surpass the enormous hype as both a hitter and pitcher. It was his award to lose coming into the season. Miguel Andujar and Gleybor Torres definitely made him earn it with their remarkable seasons. Flat out win it is exactly what Ohtani did.

マーク・タウンセンド

AL : ショウヘイ・オオタニ:腕の故障により制限はあったが、オオタニは過剰な前宣伝を超える活躍ぶりを、打者としても投手としても見せた。シーズン前は彼は受賞できないと思われていた。ミゲル・アンドゥハーやグレイバー・トーレスは立派なシーズンを送ったが、オオタニにはかなわない。明らかにオオタニが受賞する。

 

Mike Oz

AL: Shohei Ohtani: There are certainly cases to be made for both of the other two finalists, but this is all Ohtani. His unprecedented rookie season didn’t include a full year of pitching, but the combination of what he brought to the mound and what he achieved at the plate was unmatched. Ohtani’s offensive output was on par with Torres and Andujar, when you add the pitching, this is a no-brainer.

マイク・オズ

AL : ショウヘイ・オオタニ:もちろん他の2人のファイナリストにも受賞するチャンスはある、しかしやはりオオタニだ。彼の今までに例を見ないルーキーシーズンに彼はフルシーズン投球したわけではないが、彼がマウンド上での活躍ぶりと打席で成し遂げたことは、誰もかなうものがいない。彼の打撃成績はアンドゥハーやトーレスに肩を並べるもので、それに投球を加えると、もう頭を悩ませるほどのことでもない。

 

Liz Roscher

AL: Shohei Ohtani: Shohei Ohtani is the first two-way player MLB has seen in nearly 100 years. He didn’t manage to both pitch and hit for the entire season, but he had a 3.31 ERA in 10 starts and a .285 average with 21 doubles, 22 home runs, and 10 stolen bases. Other rookies may have been good at one thing, but Ohtani was good at two when people questioned whether he’d even be good at one.

リズ・ロッシャー

AL : ショウヘイ・オオタニ:ショウヘイ・オオタニはMLBに100年ぶりに現れた二刀流プレーヤーである。彼はフルシーズン、打者と投手で過ごすことはできなかったが、10先発で防御率3.31、そして打率.285 二塁打21 本塁打22 盗塁10の成績を残している。投球と打撃のどちらか1つで優秀な成績を残す新人選手は他にもいるかもしれないが、彼は人々の疑問を払拭するべく両方ですばらしい活躍を見せたのである。

 

まとめ:『オオタニが』取れるのかというのが現地でも関心の中心

いかがでしょうか。たとえば日本でも報知新聞は読売目線だったりというのは当然、アメリカの各メディアでもあります。

エンジェルス・西地区寄りのメディアだと大谷選手中心の記事が多くなります。

ただ、逆にヤンキースの2人にスポットを当てた記事があるかというと、実はあまり見つからないのです。

やはり、記者たちの関心事の中心は大谷選手が新人賞を取るかどうかということのようです。

単なる成績が上とか下とかでは表し切れない、大谷選手の100年に1度という二刀流としての素質に記者たちは皆感動した特別なシーズンであったということがうかがえます。

 

おまけ:日米野球にナ・リーグの新人王ファイナリスト2人が!

ちなみに、今まさに日本で開催されている日米野球では、ナショナル・リーグのファイナリスト2人、フアン・ソト選手とロナルド・アクーニャ選手のプレーが見られますね!

こちらの方もかなり接戦の様相。

どちらもピチピチに若くて才能バリバリの選手です。

 

 

 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。