Sponsored Link




大谷翔平新人王ファイナリストに選出!MLBニュースを和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

 

予想通り!大谷翔平選手がMLB新人王アメリカンリーグのファイナリスト3人に選出されました!

Sho Time イングリッシュでも、新人王(=最優秀新人賞=Rookie Of the Year=ROY)受賞のニュースをお伝えしてきましたが、こちらは本家本元、BBWAAが選出するJackie Robinson Rookies of the Year、いわゆる『MLB 新人王』と呼ばれるのはこの賞です。

賞の詳細はこちら↓

 MLB新人王Q&A!いつ発表?誰が投票?米公式サイト和訳で解説!

 

しかも、同じくエンジェルスのマイク・トラウト選手はMLBのファイナリストに名を連ねています。

今回は MLB.com から、すっかりおなじみになったエンジェルスの番記者マリア・グアルダードさんの速報記事を

原文で読み解きながら、英語を学んでいきましょう!

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

 

 

トラウトMVP候補に;オータニROYファイナリストに


up for

通常「~に向けて意気込んで、~に乗り気で」という意味で We are up for tomorrow’s Party. 「私たちは明日のパーティーに向けて張り切っている」などと使います。

ここでは「~に立候補して、~の候補になって」という意味で使われています。

a ROY finalist

【冠詞】の使い方の苦手な皆さん、この “a” を参照するといいですよ。

“a” は「いくつかある中の1つ」ここでは、大谷選手は3人いるファイナリスト中の1人なので、”a ROY finalist” と “a” をつけるのです。

 

BBWAA 選出の各リーグ各年間賞のファイナリスト3人

The Baseball Writers’ Association of America announced Monday that center fielder Mike Trout and two-way phenom Shohei Ohtani are finalists for the American League Most Valuable Player and the Rookie of the Year honors, respectively.

The Baseball Writers’ Association of America(BBWAA)「 全米野球記者協会」は月曜日、中堅手マイク・トラウトと二刀流の天才ショウヘイ・オオタニを、それぞれアメリカン・リーグの最優秀選手賞と最優秀新人賞のファイナリストとして選出した。

Trout, a two-time AL MVP winner, is up against the Red Sox’s Mookie Betts and the Indians’ Jose Ramirez. Ohtani will be challenged by a pair of Yankees, Miguel Andujar and Gleyber Torres.

過去に2度MVPを受賞しているトラウトに対抗するのは、レッドソックスのムーキー・ベッツとインディアンズのホセ・ラミレスである。オオタニに挑むのはヤンキーズの2人の選手、ミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスである。

 

トラウトはMVP候補の常連だった

Trout, 27, has now finished in the top three in MVP balloting in six out of his seven full seasons with the Angels. He slipped to fourth place last season after suffering a thumb injury that forced him to miss nearly seven weeks. In 2018, Trout enjoyed what he considers to be his best overall season to date, batting .312 with an MLB-high 1.088 OPS, 39 home runs, 79 RBIs and 24 stolen bases in 140 games.

27歳のトラウトは、エンジェルスでフルシーズン出場を果たした7シーズン中、MVP投票のトップ3に6回選ばれている。昨年は親指のケガで約7週間欠場したため4位に甘んじた。2018年は自身のキャリア最高の年を送った。彼の打撃成績は、140試合で打率.312 OPS1.088(MLB最高)39本塁打79打点24盗塁であった。

 

His 9.8 WAR, according to FanGraphs, ranked second in the Majors, behind only Betts, who is likely the MVP favorite after hitting .346 with a 1.078 OPS, 32 home runs, 80 RBIs and 30 stolen bases for the World Series champion Red Sox.

FanGraphsによると、彼のWAR9.8はベッツに続くメジャー第2位であるが、そのベッツはワールドシリーズチャンピオンのレッドソックスで、打率.346 OPS1.078 本塁打32 打点80 盗塁30の記録を残し、MVPの最有力候補となっている。

 

二刀流が高く評価

Ohtani’s inclusion among the ROY finalists had long been expected, as the 24-year-old authored one of the most remarkable freshman campaigns in recent memory after making a successful transition from his native Japan. For the first two months of the season, Ohtani dazzled as both a right-handed pitcher and a left-handed slugger, though his two-way endeavor was derailed by a torn ulnar collateral ligament that led to Tommy John surgery last month.

オオタニがROYファイナリストに入るということは長い間期待されてきたものだ。というのも、この24歳は、母国日本から無事に移籍後、近年の記憶の中でもっとも目立った新人キャンペーンを繰り広げたからである。シーズン開始2ヶ月でオオタニは、右投手左打者の両方で圧倒的な活躍を見せ、その後トミージョン手術に至る靱帯損傷のため二刀流計画は頓挫した。

 

Prior to the elbow injury, Ohtani posted a 3.31 ERA with 63 strikeouts over 51 2/3 innings over 10 pitching appearances. He was equally impressive at the plate, batting .285 with a .925 OPS, 22 home runs, 61 RBIs and 10 stolen bases in 367 plate appearances. Ohtani joined Babe Ruth as the only players in MLB history to hit 15 home runs and pitch 50 innings in a single season.

肘の故障の前に、オオタニは10登板51イニング2/3を投げて、防御率3.31 奪三振63 の投手成績を残している。彼は打席でも印象的な活躍ぶりで、打率.285 OPS.925 本塁打22 打点61 盗塁10の成績を残している。オオタニはベーブ・ルースとともに、MLBの歴史の中で唯一、本塁打15本以上50イニング以上の記録を1シーズンの中で残した選手となった。

 

最大のライバルは?

Ohtani’s chief competition will likely come from Andujar, who hit .297 with an .855 OPS, 27 home runs and 92 RBIs over 606 plate appearances for the Yankees.

オオタニの最大のライバルとなりそうなアンドゥハーは、ヤンキースで606打席に立ち、打率.297 OPS.855 本塁打27本 打点92を上げている。

 

受賞者の発表日はいつ?

The Rookie of the Year Award will be presented on Monday, Nov. 12, followed by the MVP Award on Thursday, Nov. 15.

ROY受賞者は11月12日月曜日、MVP受賞者は11月15日に発表される。

(いずれも現地時間、日本時間ではそれぞれ翌日の日付になります。)

 

 

いかがでしょうか。

マリア・グアルダードさんらしい、『オオタニ愛』に溢れる記事ですね。

私は何よりも、大谷選手とトラウト選手という2人のツーショットが、単に同じチームの選手同志というだけでなく、MLBを代表する2人のスーパースターとしてすっかり1セットで定着したことを感慨深さを感じます。

さて、1週間後発表される結果はどうなんでしょうか?

野茂英雄、佐々木主浩、イチローの各選手に続いて日本人メジャーリーガーとして4人目の新人王に、大谷翔平選手が輝くのでしょうか?

投票自体はすでに終わっているのですが、発表までドキドキします。

 

ニュース原文・画像スクリーンショット参照元: MLB.com

 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。