Sponsored Link




大谷+シモンズ連続負傷にトラウトのコメント!MLBニュースを和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

スタジアム全体が凍り付くような、大谷選手とシモンズ選手の連続負傷退場のシーン。

幸い大谷選手は大事に至らず翌日には先発出場しましたが、シモンズ選手は負傷者リスト入りとなりました。

このところ好調のエンジェルス打線を支える2人の文字通り「痛い」ケガ。

オースマス監督やトラウト選手のコメントも入れた MLB 公式サイトのエンジェルス番記者の記事を原文と和訳で読み解いてみましょう。

 

Sponsored Link

 

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

 

 

オオタニ、シモンズ、連続負傷

 

 

ANAHEIM — The Angels suffered a tough 3-1 loss to the Twins on Monday, but it was the potential loss of designated hitter Shohei Ohtani and shortstop Andrelton Simmons to injury that cast a dark cloud at Angel Stadium.

月曜日、エンジェルスは対ツインズに苦戦し1-3で敗戦したが、この試合でエンジェルスは指名打者ショウヘイ・オオタニと遊撃手アンデレルトン・シモンズをケガで失う可能性があり、エンゼルスタジアムは暗雲に覆われた。

 

In a scary eighth inning, the Angels saw both Ohtani and Simmons suffer injuries in back-to-back at-bats against lefty Taylor Rogers. Ohtani was hit on his right ring finger with a 94-mph fastball while swinging at a third strike from Rogers, while Simmons injured his left ankle at first base while trying to beat out a throw to Rogers on a grounder to first. X-rays were negative for both players, but Simmons has it worse, as he was diagnosed with a left ankle sprain that’s expected to send him to the injured list, while the Angels are hopeful Ohtani’s injury is minor.

恐怖の8回、左投手テイラー・ロジャーズに対する打席で、エンジェルスはオオタニとシモンズが立て続けに負傷するシーンを目にすることとなった。オオタニはロジャーズに対して空振り三振を喫したが、そのスイングの際に時速94マイル (約151キロ) の速球が右手薬指に当たった。シモンズは一塁へのゴロを安打にしようと、カバーに入ったロジャーズと競ってベース上で足首を負傷した。X線の結果両者とも骨に異常はなかったが、シモンズの状態は悪く左足首捻挫と診断され、負傷者リスト (IL) 入りすると予測されている。一方オオタニのケガは軽いものだとエンジェルスは見ている。

 

“More concerned right now about Simba’s injury than Shohei’s,” Angels manager Brad Ausmus said. “Shohei’s [injury], by all indications, he should be fine. Quicker time frame. We don’t know what Simba’s time frame is. That’s probably the bigger concern right now. We don’t want to lose either one of them, but it seems like the injury to Simba at this point might be a little bit more dire. But we’ll know more tomorrow. We don’t want to guess as to what the final diagnosis will be.”

「今はショウヘイのケガよりもシンバ (シモンズの愛称)のケガの方をより心配している。」エンジェルス監督ブラッド・オースマスは言った。「ショウヘイのケガはあらゆる点から見て大丈夫そうだ。すぐに治るだろう。シンバはどのくらいかかるかわからない。それが目下の大きな気がかりである。

 

関連記事:シモンズ選手はあのNPB助っ人スラッガーと同郷だった!

 

Ohtani, who returned as the club’s regular DH on May 7 after undergoing Tommy John surgery on Oct. 1, was looked at by trainer Adam Nevala and Ausmus after being hit on his hand while swinging. Ohtani was still being evaluated postgame and wasn’t available to give an update on his condition, but Ausmus said the initial news is good.

オオタニは10月1日トミー・ジョン手術を受けた後、エンジェルスのレギュラーDHとして5月7日に復帰したが、スイングした際に球が手に当たった後、トレーナーのアダム・ネベラとオースマスが彼の様子を伺った。オオタニは試合後診断中であり状態について最新の報告はないが、オースマスによると第一報では状態はよいとのことである。

 

“There’s no break, which is a good sign,” Ausmus said. “We’ll basically just see how he feels tomorrow.”

「骨折がないのは明るい材料だ」オースマスは言った。「基本的には明日の様子を見ることにする。」

 

Simmons followed with a grounder to first baseman Willians Astudillo and tried to beat out the throw ahead of Rogers at first base, but Simmons took an awkward step to the first-base bag, which caused him to roll over his left ankle. Simmons couldn’t put weight on his ankle as he left the field.

シモンズはファーストのウィリアンズ・アストゥディーヨへのゴロを打ち、カバーに入ったロジャースへの投球より早くベースを踏もうとしたがファーストベースを踏み損ね、足首をひねることとなった。シモンズは退場するとき、足首に体重を掛けられない状態だった。

 

“You guys saw the replay. It’s tough,” said center fielder Mike Trout. “The way he plays, he plays hard, 100 percent. You can’t tell him not to. He’s always been doing that, lunging at the bag, trying to get a hit. It was a big situation in the game. If he gets on base there, a two-run homer ties it. So it’s tough, especially if you lose a guy like Simba.”

「リプレイを見ただろ。辛いね。」中堅手のマイク・トラウトは言った。「いつも100%のハードなプレーをするのが彼のやり方だ。そうするなとは彼にはいえない。ベースに向かって突進し、ヒットにしようとする。あの場面は試合の重要な局面だったからね。塁に出ればツーランホームランで同点になった場面だ。シンバのようなやつを失うことは、とても辛いよ。」

 

Both players are key to the Angels this season, as Simmons is generally regarded as the best defensive shortstop in the Majors, while Ohtani is a major part of the lineup with his prodigious power.

両者とも今シーズンエンジェルスにとってはキーとなるプレーヤーだ。シモンズはメジャー最高の守備を誇る遊撃手と広く認められており、オオタニは並外れたパワーでラインアップの中心となっている。

 

“We’ve just got to hope for the best, hope it’s not too serious,” Trout said. “Ohtani’s didn’t look terrible. With Simba, it just kind of deflates you when you see guys go down, especially a guy who’s been having an unbelievable season so far, making unbelievable plays. The reaction said it all.”

「最善を祈るしかないよ。深刻なケガでないことを願っている」トラウトは言った。「オオタニのケガはひどくはなさそうだ。シンバについては、転倒するところを見たら意気消沈するよ。特に彼はここまで驚くようなプレーで素晴らしいシーズンを送ってきているからね。リアクションが全てを物語ってるよ。」

 

The injuries came after reliever Ty Buttrey served up his first homer in the Majors in the top of the eighth inning to Miguel Sanó. Buttrey entered with a career 1.80 ERA in 40 innings, including a 0.76 ERA in 23 2/3 frames this year, but he gave up a go-ahead homer to Sano on a 2-0 fastball that caught too much of the plate. It came after the Angels tied the game on a two-out RBI single from Tommy La Stella in the seventh.

この負傷は8回表にリリーフ投手のタイ・バットリーが、自身のメジャーでの初めての被本塁打となる本塁打をミゲル・サノーに打たれたあとに起きた。バットリーはその回に入る前までキャリアトータル40イニングで防御率1.80、今シーズンは23イニング2/3で防御率0.76という成績だったが、サノーに対して2-0からの速球が真ん中に入りすぎたために勝ち越しのホームランを許してしまった。7回2アウトからトミー・ラステラのタイムリー・ヒットでエンジェルスが同点に追いついた直後のことであった。

 

“That was a pretty creepy inning,” Buttrey said. “That escalated very quickly. Ohtani getting hit and Simba going down and me giving up the [homer], you couldn’t have drawn it up any worse than that. But that’s how this game goes. You hate to see it. Hopefully Shohei is good and Simba is good. Those guys are huge parts of our lineup and great teammates. I hope they recover just fine.”

「ゾッとするようなイニングだった」バットリーは言った。「素早くエスカレートしていったんだ。オオタニが当たって、シンバが転倒して、僕はホームランを打たれたし。これ以上悪いことを引っ張り出すことはできないよ。でもこの試合はそんなふうだったんだ。見るのも嫌だ。ショウヘイが無事でシンバが無事であることを望むよ。彼らは我々の打線でとても大事な役割を果たしてるし、素晴らしいチームメートなんだ。無事に回復することを望むよ。」

 

With Simmons out, the Angels are expected to use a combination of David Fletcher and Zack Cozart at shortstop. It’s still unclear if Ohtani will need to be placed on the injured list.

シモンズが欠場となり、エンジェルスはショートにデビッド・フレッチャーとザック・コザートを組み合わせて使うと予想されている。オオタニが負傷者リストに入るかどうかは不明である。

 

“We’ve got to turn the page tomorrow,” Trout said. “Obviously you can’t change it now. Next guy up. Hopefully it’s not too serious, but whoever comes up, obviously we have Tommy and Fletcher’s been doing unbelievable this year. Next guy mentality, that’s the way we’ve got to look at it.”

「我々は明日ページをめくらなければならない」トラウトは言った。「どう考えても状況は変わらない。誰かが倒れたら、次の選手が役割を果たす。あまり深刻でないことを祈るよ。誰が来ようとも我々にはトミーがいるし、フレッチャーも今年は素晴らしい働きをしている。次がいるというメンタリティ、我々はそういう見方をしなければいけないんだ。」

 

 

いかがでしょうか。

動画で見るどちらのシーンも生々しく痛々しいものです。

大谷選手は踏み込んで打ちに行くところを当たってしまい、シモンズ選手はなんとか内野安打で生きようと懸命に駆け抜けてのケガ。

トラウト選手も言うように「全力プレーするなとは言えない」ので、常に負傷の危険はつきまといます。

シモンズ選手のケガも深刻なものではなく、一刻も早く華麗な守備が見られることを望むばかりです。

 

ニュース原文参照元:MLB.COM by Rhett Bollinger

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。