Sponsored Link




大谷翔平の2019年前半戦STATSを2018年と比較!

大谷翔平2019年初打席
Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

2019年前半の大谷翔平選手の打撃成績を、昨年2018年前半の成績と比較してみました。

 

以前にご紹介した Baseball Reference というサイトでは、あらゆる角度からの詳細なデータが無料で検索することができます。

サイトのご紹介はこちらの記事をご覧ください。

大谷翔平完全データをMLB無料STATSサイトで読み解こう!

 

今回は 2019 Batting Splitsを参考にしました。

 

打撃データ各項目(英語/日本語)

主な打撃データの項目について、大谷選手の2019年前半成績を[赤字]で、2018年前半成績を[黒字]で入れて比較してみました。。

 

出場試合・打席数

G — Games Played 出場試合  [53] –  [45]

GS — Games Started 先発出場試合  [47] –  [35]

PA — Plate Appearances 打席数 [218] –  [157]

AB — At Bats 打数  [198] –  [138]

 

昨年2018年は開幕スタメン出場しましたが、6月6日、投手として登板中に右肘靭帯を損傷、7月2日までの23試合を欠場しています。

一方、今年2019年は手術後のリハビリのため開幕から34試合を欠場、5月7日から出場しています。

欠場期間は今年の方が多いのですが、昨年前半は二刀流としてプレー、ローテーション投手として9試合先発登板しています。登板日の前後も調整日として出場しないため、出場試合数は昨年の方が少なくなっています。

さらに昨年前半は左投手が先発の時はスターティングメンバーから外れることが多く、出場試合数に対しての先発出場試合数、打席数ともに少なくなっています。

 

 

主な打撃成績

H — Hits 安打 [60] –  [39]

HR — Home Runs 本塁打 [14] –  [7]

BA — Hits/At Bats 打率(安打/打数)
[303] –  [283]

RBI — Runs Batted In 打点 [38] –  [22]

 

単純に打席数で比べると2019年前半は2018年前半の約1.4倍。

それで計算すると、安打数・本塁打数・打点どれも昨年を上回っています。

打率も昨年を上回る三割超えとなっています。

 

 

三振数・出塁率など

BB — Bases on Balls/Walks 四球  [16] –  [18]

SO — Strikeouts 三振 [53] –  [43]

OBP — (H + BB + HBP)/(At Bats + BB + HBP + SF)
出塁率=(安打+四球+死球)/(打数+四球+死球+犠飛)
[353] –  [365]

2B — Doubles Hit 二塁打 [9] –  [10]

3B — Triples Hit 三塁打  [1] –  [1]

SLG — Total Bases/At Bats
長打率(塁打/打数)[571] –  [522]

OPS — On-Base + Slugging Percentages
OPS(出塁率+長打率)[924] –  [887]

 

大谷選手は本塁打数に比例して三振数も多いという、ホームランバッターの1つの典型でもあるのですが、今年前半は昨年前半に比べて三振数自体は多いものの、打席数で割ってみると三振率はぐっと低くなっています。

安打の割合は増えたのですが、四球を選ぶ割合が減って、出塁率は低くなっています。

打数に対する二塁打・三塁打の数は減っていますが、本塁打数が増えたので長打率はアップ、OPSもアップしています。

 

 

その他のデータ一覧

SB — Stolen Bases 盗塁 [4] –  [2]

CS — Caught Stealing 盗塁死  [1] –  [0]

R — Runs Scored 得点 [28] –  [22]

TB — Total Bases 塁打
Singles + 2 x Doubles + 3 x Triples + 4 x Home Runs
(安打+2×二塁打+3×三塁打+4×本塁打) / 打数
[113] –  [72]

GDP — Double Plays Grounded Into
併殺打 [2] –  [1]

HBP — Times Hit by a Pitch
死球  [1] –  [0]

SH — Sacrifice Hits (Sacrifice Bunts)
犠打(バント) [0] –  [0]

SF — Sacrifice Flies  犠飛  [3] –  [0]

IBB — Intentional Bases on Balls
敬遠四球  [0] –  [1]

ROE — Reached On Error
失策出塁  [5] –  [1]

BAbip — Batting Avg. on Balls in Plays
(Hits – Home Runs)/(At Bats – SO – HR + Sac Flies)
BAbip(インプレー打率)
(本塁打を除いた打球が安打になる確率)
(安打-本塁打)/(打数-三振-本塁打+犠飛)
[343] –  [364]

tOPS+ — OPS for split relative to Player’s Total OPS
tOPS+ (選手のトータルOPSで比較調整した数値)
[108] –  [94]

sOPS+ — OPS for split relative to League’s Split OPS
sOPS+(リーグのOPS平均値から調整した数値)
[142] –  [143]

 

この中でちょっと面白いと思ったのが、失策による出塁が5という数字です。

足の速い大谷選手は内野安打も多いのですが、打球の強さや足の速さから、相手野手のエラーを誘うということでしょうか。

 

 

さらに詳細なデータを見るには

以前にもご紹介しましたが、こちらのサイトはシチュエーションごとの打撃成績も詳細に見ることができます。

大谷翔平完全データをMLB無料STATSサイトで読み解こう!

 

試合ごとのログもこちらから見ることができます。

Batthing Game Log

こちらのログの項目の説明です。

(サイト内の各項目にポインターをかざすと英語の説明が出ます)

Gcar (Career game number for player) : 選手のキャリア通算試合数

Gtm (Season game number for team) : チームの各シーズンの試合数

Date : 日付=クリックするとその日の全試合の結果が見られます

Tm (Team) : 所属チーム

Opp (Opponent) : 対戦チーム

Rslt (Result) : 試合結果

Inngs (Innings Played by Player) : 出場回 (“CG” はフル出場、”8-GF” は8回から最後まで)

 

集計や並べ替えも簡単にできる至れり尽くせりのサイトなので、データマニアの方はぜひあれこれ試してみてください。

無料サイトでここまであらゆる角度からデータが充実しているのは素晴らしいですね。

 

 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。