Sponsored Link




大谷翔平の二刀流起用プランをマドン監督が語る!MLBニュースを和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

日本では無観客のオープン戦が続く中、メジャーからもオープン戦の様子が伝わってきます。

今シーズンは日本人メジャー選手も増えて、楽しみも増えました。

二刀流復活が見込まれる今シーズン、大谷翔平選手は打者として試合に出場しながら、練習ではブルペン入りを始めています。

元気そうな姿に期待はますます高まりますが、彼の二刀流としてのアドバンテージを最大限に生かす起用法をエンゼルスもいろいろと考えているようです。

NEW YORK POST の詳細な記事を、英語原文と和訳で読み解いてみましょう。

【動画】大谷翔平2020年オープン戦初ヒットがタイムリー

 

二刀流に関するメジャーの新ルールが、大谷選手とエンゼルスにとって大きなアドバンテージであることに関しては、こちらの記事でご確認ください。

復活二刀流大谷翔平をメジャー新ルールが後押し?MLBニュースを和訳で解説!

 

Sponsored Link

 

ロスアンゼルス・エンゼルスのオオタニ・ショウヘイのコントロール方法は正解

TEMPE, Ariz. — Joe Maddon is excited about Shohei Ohtani. And excited means the new Angels manager already is looking at where to bat Ohtani in the lineup when he pitches. And not just in interleague games at NL parks.

アリゾナ州テンペ ― ジョー・マドンはショウヘイ・オオタニに関してエキサイトしている。そして、そのエキサイトの意味は、この新しいエンゼルスの監督が、オオタニが投手登板するときに、彼をラインナップのどこに置くかをすでに考えているということだ。それはナショナル・リーグの球場でのインターリーグの試合においてだけではない。

 

Maddon is imagining having Ohtani bat leadoff to maximize the number of at-bats he gets before being removed as a starting pitcher, which in the AL would mean the Angels playing without a DH.

マドンは、オオタニを先発ピッチャーとして打線から外すよりむしろ、オオタニを先頭打者に置いて打席回数を増やすことをイメージしている。それは、アメリカン・リーグでは、エンゼルスはDHなしにプレーすることを意味する。

 

“Once he is well and received medical blessing, I would not run away from that,” Maddon said.

「彼の状態がよくなって医療チームの同意が得られれば、それを実行してみたいと思っている」マドンは言った。

 

There is a long way from here to the game in which Maddon can ask Ohtani to both pitch and hit. There is still a good distance — even under the best circumstances — in which Ohtani will be allowed to pitch in a major league game. But Ohtani’s talent is such that Maddon cannot restrain his overactive baseball brain from envisioning the possibilities.

マドンがオオタニを投打両方に起用する試合までには、まだまだ間がある。最も順調にいった場合でも、オオタニがメジャーの試合で投球ができるまでには、まだ時間がある。しかし、オオタニの才能があまりに並外れたものなので、マドンの野球脳が過度に働いて、その可能性を想い描かずにはいられないのである。

 

“It is not just like he is anybody,” Maddon said. “This could be the best pitcher in the game. This could be the best hitter in the game simultaneously. … It will be a matter of how much his arm can take, which I think it can once he is fully healthy.”

「単に彼が実力のある選手だというだけではない」マドンは言った。「彼は試合でベストなピッチャーになり得る、同時にベストなバッターにもなり得る。それは彼の腕がどのくらい耐えられるかにかかっている。彼が十分回復したら可能だと思っている。」

 

A quick history lesson: The last time a player exceeded 100 innings pitched and 200 plate appearances was Babe Ruth in his final Red Sox season, 1919 (133¹/₃ innings and 543 plate appearances). When Ohtani tried it a century later, as a major league rookie in 2018, he managed 10 starts and 51²/₃ innings before needing Tommy John surgery.

歴史を簡単に振り返ってみよう:オオタニ以前、最後に100イニングを投げ200打席に立ったのは、1919年レッドソックス最後のシーズンでのベーブルースである(133回1/3、543打席)。オオタニが1世紀後の2018年、メジャーでのルーキーイヤーにそれにトライしたとき、トミージョン手術が必要となる前に、なんとか10先発で51回2/3を投げた。

 

He has not pitched a major league inning since. He served as the primary DH from May through the end of the season in 2019 and will open in that role again in 2020. Major league rules allow Ohtani to stay on the Angels’ active roster as a hitter while doing rehab starts weekly in the minors. The ideal timetable would have him returning to the rotation in mid-May.

それ以来彼はメジャーの試合で投球していない。2019年は5月からシーズン終了までDHの一番手として役割を果たし、2020年開幕も再びその役割で迎えることとなる。メジャーリーグの規則では、オオタニはエンゼルスに打者として登録されたままで、マイナーで週一度リハビリのために先発登板することを許されている。理想としては、5月の中旬にローテーションに戻ることとなっている。

 

In that scenario, there are about 18-20 starts and 350-400 plate appearances plotted for him. But can Ohtani stay sharp at the two disciplines and can he stay healthy?

その筋書きなら、18~20先発、350~400打席が可能となる。しかし、果たしてオオタニは2つの領域でシャープなプレーができるのだろうか、そして果たして彼は健康でいられるのだろうか?

 

“From what I have seen, his routines are impeccable; very similar to Ivan Drago from ‘Rocky,’ ” pitching coach Mickey Callaway said. “He has the latest equipment and is prepared to do what he needs to do that day. His challenge is staying as effective as he can because he has to hit one day, pitch the next. But his routines are great. He is a worker. He is incredibly talented. There will be a lack of practice on one skill or another or half the practice other guys get, but he is still going to excel because he is so talented.”

「私が見たところでは、彼のルーティンは非の打ち所がない。まるで映画『ロッキー』のイワン・ドラゴ並みだ」投手コーチのミッキー・キャラウェイは言った。「彼には最新の装置があり、その日にすべきことの準備ができている。彼の課題はできる限り効率的に行われる、というのも、ある日投げたら次の日は打たなければならないからだ。彼はがんばっていて、信じられないほど才能がある。いずれかのスキルで練習不足が出るかもしれない。あるいは他の選手の半分しか練習できないかもしれない。それでも彼は大変な才能な持ち主なので、それでも秀でているのである。」

 

Getting Ohtani back as a regular starter is arguably the most vital issue the Angels face. They do not have anyone else who looks like an ace after trying and failing to sign Gerrit Cole and Zack Wheeler in free agency. They do not really have a No. 2 or 3 starter, either.

オオタニをレギュラーの先発投手として取り戻すことは、エンゼルスが直面する極めて重要な問題であることは議論の余地がない。彼らは、ゲリット・コールやザック・ウィーラーをFA獲得しようとして失敗し、エースと呼べる投手は他にはいない。実際2番手3番手の先発投手もいない。

 

Despite what Maddon envisions, however, the Angels’ plan is one of caution. As in 2018, Ohtani will start just once a week and will not hit the day before and after a start. To maximize his bat, though, the Angels will try to have him start as frequently as possible before an off-day, which makes it most likely he will be a Wednesday starter in the first half.

しかし、マドンの思い描くものとは違って、エンゼルスのプランは用心深いものである。2018年同様、オオタニの先発登板は週一度、そして登板の前後の日は打撃は行わない予定だ。しかし、彼の打席数を最大限にするために、エンゼルスは彼の先発登板日をできる限り試合のない前日に設定する予定で、今季前半は水曜日が先発日となりそうだ。

 

They also plan to start him in NL cities for interleague games as often as possible, easiest done when the Angels play at Atlanta July 3-5 and then open the second half in Philadelphia July 17-19.

また、できる限りナショナル・リーグの本拠地でのインターリーグの試合に彼を先発させる予定である。7月3日から5日のアトランタで投げて、後半戦を7月17日から19日のフィラデルフィアで開始するのが一番簡単である。

 

“Where we have the ability to, we will have him start in the National League ballpark,” Angels GM Billy Eppler said. “We have a clear competitive advantage in those games by having an .875 OPS guy hit who also is our starting pitcher.”

「機会がある限り、彼をナショナル・リーグの本拠地で先発させるつもりだ」エンゼルスのGMビリー・エプラーは言った。「OPS.875の先発投手をゲームに出場させることは、明らかにアドバンテージがある。」

 

As for doing it in an AL game and forfeiting the DH, Maddon said if the team is in playoff contention late and Ohtani is healthy, “Why not?” Maddon would lead off Ohtani, believing having a 26th man this year would leave more position players to pinch-hit when the pitcher’s spot came up after Ohtani was removed. And Maddon thinks Ohtani is worth the juggling.

同様のことをアメリカン・リーグで行いDHを消滅させることについてマドンは、チームが終盤のプレイオフ争い中でオオタニの状態に問題がなければ、「もちろんだよ」と言った。マドンはオオタニをを先頭打者として起用し、26番目の選手をベンチ入りさせることで、オオタニが降板した後の投手の打順が回ってきたとき、より多くの代打要員を持つことができると考えている。オオタニにはそのような複雑な起用法をするだけの価値があるとマドンは考えている。

 

“He is just different,” Maddon said. “Start at the plate, he is deceivingly, exceptionally strong. He has great hands.The ball comes off the bat hot. You want to talk about exit velocity. Pitching wise, he is a tension-free athlete, like he is at the plate. Not a lot of bump and grind. Pitching, the ball comes out easy and it is hot.”

「彼は特殊だからね」マドンは言った。「投手として先発しても、彼は嘘みたいに、特別に強いんだ。彼はすごい手をしている。打球はものすごい勢いでバットから放たれる。打球の初速度について話したいだろ?ピッチングも頭脳的で、打席同様ストレスのないアスリートだ。腰を無用に動かさない。無理のない投球で、とてもホットな球なんだ。」

 

And the subject is hot again: Can one man regularly do two such different jobs in the majors?

そして、また、ホットな話題が展開されそうだ:メジャーでのレギュラーの二刀流プレーヤーは可能なのか?

 

 

いかがでしょうか。

今シーズン唯一の二刀流プレーヤーとして登録する大谷選手を擁するアドバンテージを最大限に生かすのはその起用法次第。

球団も監督も大変でしょうが、イマジネーションが広がって楽しそうです。

 

ニュース原文参照元:NEW YORK POST By Joel Sherman

 

エンゼルス2020年全試合日程!②レギュラーシーズン前半

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。