Sponsored Link




大谷翔平・菊池雄星のルーツとなるトイレ掃除逸話を米メディアが紹介!MLBニュースを和訳で解説!

菊池雄星、大谷翔平から三振を奪う
Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

 

日本時間7月15日のエンゼルス対マリナーズ戦では菊池雄星投手が先発、三番DHとして先発出場した大谷翔平選手と同6月9日以来の対決、1打席目は四球、2打席目は空振り三振という結果となりました。

それぞれの出場成績は、菊池選手は4回87球を投げて、被安打2 奪三振3 与四球4 自責点3 勝ち負けつかず、一方大谷選手は2打数1安打 犠牲フライによる打点1でした。

ちなみに、大谷選手の犠牲フライは、昨年東京ヤクルトスワローズで投げていたマット・カラシティ投手から打ったものです。ハイライト動画でご確認ください。

 

アメリカン・リーグの西地区の5チームの中に所属する大谷選手と菊池選手ですから、これからも二人の対戦は特別なこととしてはなく日常に起こることでしょう。

ただ、同じ高校の卒業生、しかも全国から選手をスカウトする都会の常勝校ではなく、片田舎の高校がエリート選手2人を生み出したということは現地のメディアでも大きく注目されているようです。

2人の初対戦後に書かれた、2人の出身校である花巻東高校にまつわる記事を、Los Angels Times から読んでみましょう。

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

 

Sponsored Link

 

関連記事

大谷・菊池に松坂・イチローのライバル関係を見るニューヨークタイムズ記事を和訳で解説!

 

Where they come from, there is plenty of open space.

Rice field after rice field after rice field. In the distance, mountains. In the winter, snow.

Shohei Ohtani and Yusei Kikuchi aren’t from the parts of Japan that most people envision when they think of Japan.

They are from the countryside. The sticks. Or, as they would say in their own language, inaka.

彼らの出身地には、広大な土地が広がる。

稲田、稲田、そしてまた稲田。遠くには山々がそびえ、冬には雪。

ショウヘイ・オオタニとユウセイ・キクチは、多くの人が日本として思い描く日本の都市から来たのではない。

彼らは田舎の出身だ。それもど田舎だ。彼らの母国語でいうとイナカである。

 

How a high school in the rural northern region of Japan’s mainland produced two of the country’s best players was already a subject of curiosity. Their legend continued to evolve Saturday, as the two graduates of Hanamaki Higashi High School in Iwate faced each other in the most competitive baseball league in the world, with Ohtani batting for the Angels and Kikuchi pitching for the Seattle Mariners.

Ohtani was the clear victor in the historic showdown at Angel Stadium, as he hit a fourth-inning home run on a curveball Kikuchi tossed over the middle of the plate.

日本の本州北部の片田舎の1つの高校から、どのようにして国を代表する2人名選手が生まれたのかは、すでに関心の的であった。土曜日、世界中で最も競争の激しいリーグで岩手の花巻東高校の2人の卒業生が対戦したときに、伝説はさらに進化した。エンゼルスでオオタニが打ち、キクチがシアトル マリナーズで投げたのだ。

エンゼルスタジアムのこの歴史的な決着の場で、勝者は明らかにオオタニだった。4回にプレートの真ん中に投げ込んだキクチのカーブボールに対してオオタニはホームランを打った。

 

His sixth blast of the season immediately followed homers by Tommy La Stella and Mike Trout, marking the first time in three seasons the Angels launched back-to-back-to-back home runs. In his three at-bats against the rookie pitcher three years his elder, Ohtani was two for three. He reached base on an infield hit and scored the Angels’ first run in the first inning. He grounded out in the second.

The Angels went on to win 12-3. Ohtani finished three for five with two RBIs.

彼の今シーズン第6号ホームランにトミー・ラステラとマイク・トラウトが続き、エンゼルスにとって3年ぶりの3者連続ホームランとなった。3年先輩のルーキー投手に対する3度の打席で、オオタニは3打数2安打だった。初回に内野安打でエンゼルスの初打点を稼ぎ、2打席目はゴロに倒れた。

エンゼルスはさらに得点を重ね12対3で勝った。オオタニは5打数3安打2打点だった。

 

The night was an absolute disaster for Kikuchi, who was charged with a season-worst seven runs (six earned) and nine hits in only 3 1/3 innings. His earned-run average inflated to 4.99. But Kikuchi’s meltdown didn’t diminish the distance they traveled, both figuratively and literally, to reach this stage.

“I think there is some meaning to the fact the two of us came out of a place in Iwate called Hanamaki and not the middle of Japan,” Kikuchi said in Japanese.

The only other previous matchup between players from the same Japanese high school was in 2007, when Kaz Matsui of the Colorado Rockies grounded out against Masumi Kuwata of the Pittsburgh Pirates. Matsui and Kuwata were graduates of PL Gakuen in big-city Osaka, a baseball factory that has won seven national titles and sent more than 80 players to the professional ranks.

Hanamaki Higashi has no such history. In fact, no school from any of the six prefectures that make up the Tohoku region has ever won a national championship. Unlike the powerhouse programs that recruit nationally, Hanamaki Higashi takes only players from Iwate.

その夜はキクチにとっては最悪で、3回1/3を投げてシーズンワーストの7失点(自責点6)9安打を許した。防御率は4.99に跳ね上がった。しかしキクチの崩壊は、このステージに立つために、比喩的にも文字通りにも彼らが旅してきた距離を打ち消すものではなかった。

「僕たち二人が日本の中心からではなく、岩手の花巻という場所の出身だという事実には意味があると思います。」キクチは日本語で言った。

他に日本の同じ高校出身のプレーヤーが対戦したのは2007年に1度だけあり、コロラド・ロッキーズのカズ・マツイがピッツバーグ・パイレーツのマスミ・クワタと対戦してゴロアウトに終わった。マツイとクワタの出身校は大都市大阪のPL学園で、全国大会で7回の優勝を果たしプロ選手を80人以上排出したベースボール・ファクトリーであった。

花巻東はそのような歴史はない。事実、東北地方の6県からは全国大会で優勝校が出ていない。全国から選手を集める強豪校と違い、花巻東は岩手出身の選手しか取っていない。

 

The story of how Ohtani and Kikuchi went from there to here starts with toilets — specifically, with Kikuchi cleaning them.

Hanamaki Higashi’s baseball players are required to live in an on-campus dormitory. They are assigned chores by coach Hiroshi Sasaki. The pitchers have to clean the toilets.

“The mound is the most elevated place on the field,” Sasaki once explained in an interview with The Times. “It’s a stage. If you’re on that stage, you receive the most attention. You get interviewed and written about the most.”

The task was more than a vehicle to ensure star players remained humble.

“If you go to a nice department store, the toilets are magnificent,” Sasaki said. “If you go to a nice hotel, the toilets are important. If you see a toilet, you can see the value of a place, the purpose with which the people there approach their work. It’s the most important place in an establishment, just like the mound is the most important place on the field.”

オオタニとキクチのメジャーへの道のストーリーはトイレに始まる ― 厳密に言うとキクチのトイレ掃除である。

花巻東の野球部員たちは学校内にある寮生活が義務付けられている。彼らはヒロシ・ササキ監督に雑事をわりあてられている。投手はトイレ掃除だ。

「マウンドはグラウンド内で一番高いところにあります」ササキはかつてタイムズのインタビューで語った。「それはステージです。その上に上がったら、一番の注目を浴びます。一番インタビューを受け、一番記事に書かれます。」

トイレ掃除の仕事は、スタープレーヤーに謙虚さを保たせる目的手段以上のものがあった。

「良いデパートは、トイレも素晴らしいものです」ササキは言った。「良いホテルではトイレは重要です。トイレを見ればその場所の価値がわかるのです。そこで働く人たちの仕事への姿勢がわかるのです。施設の中で最も重要な場所です。それはマウンドがグラウンド内一番重要な場所であるのと同じです。」

 

And so it was that a toilet-scrubbing Kikuchi went on to become a transformative figure not only for his school, but for the entire region.

The left-hander led Hanamaki Higashi to a runner-up finish in the 2009 spring edition of the national tournament, then to the semifinals of the more prestigious summer competition. His performance attracted the attention of major league teams, including the Dodgers, who made a serious attempt to sign him. Kikuchi ultimately decided to remain in Japan with the Seibu Lions.

Ohtani, then in middle school, watched all this unfold from a distance. Shortly after Kikuchi graduated from the school, Ohtani enrolled.

そして、トイレ掃除当番のキクチは彼の学校だけではなく地区全体で改革をもたらすような選手となったのである。

この左腕投手は花巻東を2009年の春の全国大会で準優勝へ、より権威のある夏の大会でも準決勝へと導いた。彼のパフォーマンスはメジャーリーグのチームの関心を引き、中でもドジャーズは彼との契約を真剣に試みた。キクチは最終的には日本にとどまり西武ライオンズに入団した。

オオタニはそのとき中学生で、この展開を離れたところから見ていた。キクチの卒業後間もなくオオタニが入学した。

 

Because Ohtani didn’t attend Hanamaki Higashi at the same time as Kikuchi, he said in Japanese, “I don’t really have the sense that we went to the same high school. I think of him more as someone I admired.”

Ohtani inherited the No. 17 jersey Kikuchi wore in the first of his three years of high school. (Ohtani now wears No. 17 with the Angels.) He also inherited the job as a toilet cleaner.

Similar to Kikuchi, Ohtani became a national sensation in high school. Ohtani was also courted by the major league teams, including the Dodgers. And he also decided to remain in Japan, only he did so with the Nippon-Ham Fighters, who sold him on the idea of developing him as a two-way player.

オオタニはキクチと同時期に花巻東高校に所属してはいないのでと、彼は日本語で言った。「あまり同じ高校出身という感覚はありません。尊敬する人であるということの方が大きいです。」

高校3年間の最初の1年間キクチがつけていた背番号17をオオタニは引き継いだ。(オオタニは今エンゼルスで17をつけている。)彼はまたトイレ掃除の仕事も引き継いだ。

キクチ同様オオタニは、高校時代に国中を大いに沸かせた。オオタニもドジャーズを含めてメジャーリーグからの誘いを受けた。そして同じく日本に留まることに決意し、彼の場合は、彼を二刀流プレーヤーとして育てるという考えで彼を納得させた日本ハムファイターズと契約した。

 

The two players faced each other twice in Japan. Ohtani was 0 for 2 with two strikeouts as a rookie in 2013; he was two for three with a double and a strikeout four years later.

Ohtani moved to the major leagues last year and was an immediate sensation as a two-way player. He sustained an elbow injury that will prevent him from taking the mound again until next year, but not even that could diminish his star.

This offseason marked the 27-year-old Kikuchi’s turn to follow the 24-year-old Ohtani, as the left-hander came to the major leagues on a four-year, $56-million deal with Seattle. The two exchange occasional text messages, but aren’t particularly close. Their meeting at Angel Stadium in April — Ohtani was on the injured list at the time — was the first time they saw each other in about a year and a half. They nonetheless share a bond.

この2人のプレーヤーは日本では2度対戦している。オオタニは2013年のルーキーイヤーに2打数無安打2三振に終わり、4年後には3打数2安打2塁打1本三振1であった。

オオタニは昨年メジャーリーグに移り、二刀流プレーヤーとしてすぐに旋風を巻き起こした。彼は肘の故障のために来年までマウンドに上がることはできないが、そのことで彼の運が衰退したわけではない。

このオフシーズンに27歳のキクチは24歳のオオタニの後を追って、シアトルと4年5600万ドルの契約をむすんでメジャーリーグにやってきた。2人は時たまテキストメッセージを送り合う仲ではあるが、特に親密というわけではない。4月にエンゼル・スタジアムで再会したときは、オオタニは負傷者リストに入っていた。それは1年半ぶりの再会であった。それでもなお、彼らは絆を分かち合っている。

 

“He’s become a superstar but he still comes over to say hello,” Kikuchi said. “There aren’t many kids who are that nice.”

The game Saturday was only the start. With the Angels and Mariners in the same division, they should face each other numerous times in the coming seasons. Other hard throwers could be emerging from Iwate. Near Japan’s east coast is a high school called Ofunato. In April, its star pitcher, Roki Sasaki, was clocked at 101 mph.

「彼はスーパースターになったけれども、あいさつに来てくれる」キクチは言った。「彼ほどのナイスガイはいないよ。」

土曜日の試合は始まりに過ぎない。エンゼルスとマリナーズは同地区にいる。これからの何シーズンもの間に何度も対戦することになる。また別の剛腕投手が岩手に現れている。日本の東海岸に近い大船渡という高校がある。4月にそのエースピッチャー。ロウキ・ササキは時速101マイルを記録した。

 

いかがでしょうか。

最後に少し、大船渡高校の佐々木朗希君についても触れられていました。

今までも数々の日本人選手がメジャーで活躍をしては来ましたが、特にオオタニ選手の巻き起こしたセンセーションのために、メジャーのスカウトたちも日本の高校・大学球界に熱視線を送るようになっています。

そんな中で『イワテ』は剛腕投手を生む土地として、もう今ではすっかり有名になっているようです。

 

 

ニュース原文・画像スクリーンショット参照元:Los Angels Times by Dylan Hernandez

 

 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。