Sponsored Link




祝大谷翔平新人王!エンジェルス番記者の記事を全文和訳で読もう!

Pocket

Sho Time イングリッシュ運営者のMami.です。

大谷選手の新人王受賞のニュースは現地アメリカでもたくさん報じられています。

Sho Time イングリッシュでもできるだけたくさん、現地メディアならではの記事や、ファンの生の声を和訳でご紹介したいと思います。

今回はいつものこのひと、MLB.com のエンジェルス番記者マリア・グアルダードさんの記事の全文和訳版をお届けします。

MLB Tonight での大谷選手のインタビュー動画や、トラウト選手のコメントも織り交ぜられています。

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

 

 

 

二刀流の天才オオタニ、ア・リーグのROYを受賞

 

 

 

エンジェルスからは3人目、日本人選手として4人目の快挙

Shohei Ohtani was named the American League Rookie of the Year by the Baseball Writers’ Association of America on Monday following a remarkable season that saw him become the Majors’ first two-way star in a century.

ショウヘイ・オオタニが月曜日、全米野球記者協会によりアメリカン・リーグの最優秀新人賞に選ばれた。100年ぶりの二刀流のスターとなった注目すべきシーズンが評価されたものである。

Ohtani earned 25 of 30 first-place votes from the BBWAA electorate, finishing ahead of the Yankees’ Miguel Andujar and Gleyber Torres. He is the third Angel to win the award, joining Mike Trout (2012) and Tim Salmon (1993), and the fourth Japanese-born winner, after Hideo Nomo (1995), Kazuhiro Sasaki (2000) and Ichiro Suzuki (2001).

オオタニは、BBWAAの投票権を持った記者から30票中25票の1位票を獲得し、ヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスを上回った。彼はエンジェルスではマイク・トラウト(2012年)とティム・サーモン(1993年)に次ぐ3人目、日本人選手としてはヒデオ・ノモ、カズヒロ・ササキ(2000年)、イチロー・スズキ(2001年)に次ぐ4人目の新人賞受賞選手となった。

 

大谷選手自身の感謝のコメントがエンジェルス公式ツィッターに

“I’m really honored,” Ohtani said through interpreter Ippei Mizuhara during a conference call with reporters. “It’s really unbelievable that I was able to win this award, and how I was able to win it at such a high level of competition in Major League Baseball. I’m really proud of this award.”

「大変光栄です。」オオタニはレポーターたちとの電話インタビューで、通訳のイッペイ・ミズハラを通じて言った。「このような賞を受賞するとは本当に信じられないことです。MLB の大変高いレベルの中で受賞できたことを非常に誇らしく思います。」

 

 

 

トラウト選手からも祝福のメッセージ

Trout, who is a finalist for the AL MVP Award (which will be revealed Thursday on MLB Network), congratulated the 24-year-old Ohtani in a statement released by the Angels.

ア・リーグのMVP(木曜日MLBネットワークで発表) のファイナリストであるトラウトは、エンジェルスが公開したコメントの中で、24歳のオオタニを祝福した。

 

“I want to pass along my congratulations to Shohei for this special honor,” Trout said. “It’s great to see all of his hard work and effort recognized with this very prestigious award. All of us enjoyed playing alongside and watching Shohei excel as a two-way player and make history along the way. I have no doubt the best is yet to come!”

「この特別な賞への祝福をショーヘイに伝えたい。」トラウトは言った。「彼のハードワークと努力がこの権威ある賞にふさわしいと評価されたことは素晴らしいことだ。私たちは皆、ショーヘイとともにプレーし、彼が二刀流として優れたプレーし歴史を作り上げていくのを見るのを楽しんだ。間違いなくこれからますます活躍するはずだ!」

 

 

 

オフシーズンには嵐のような獲得合戦

After spending his first five professional seasons starring for the Nippon-Ham Fighters, Ohtani chose to leave his native Japan last fall to pursue a Major League career. His prowess as both a right-handed pitcher and left-handed hitter made him one of the most coveted free agents in recent memory, sparking a whirlwind courtship from nearly all 30 MLB teams.

プロとして最初の5シーズンを日本ハムファイターズで成績を残した後、オオタニは昨年の秋、メジャーリーグのキャリアを追い求めて故国日本を離れることを選んだ。彼の右投手と左打者両面での優れた才能は最近の記憶に残る限り最も熱望されたフリーエージェントで、MLB30球団のほとんど全ての球団から求愛の嵐を巻き起こした。

 

 

シーズン前の不調ぶりから疑問の声もあがる

Ohtani’s decision to join Trout in Anaheim came as a surprise to many and set heightened expectations for the Angels entering the 2018 season. After an uneven Spring Training generated questions about whether Ohtani’s talent would translate to the Majors, he quickly erased those doubts once the regular season began.

オオタニがトラウトとともにアナハイムでプレーすると決断したことは多くの人を驚かせ、エンジェルスにとっては2018年のシーズンが大いに期待できるものとなった。安定しないスプリング・トレーニングでは、オオタニの才能がメジャーに通用するものであるのかという疑問も生まれたが、一旦レギュラーシーズンが始まると彼はこれらの疑問をすぐに掻き消した。

 

“Even though I wasn’t putting up the results that maybe everyone was expecting, I still felt like I was evolving as a player, making strides,” Ohtani said. “So I wasn’t really worried about that part.”

皆さんの期待に沿えるような結果は残していないかもしれませんがそれでも僕自身はプレーヤーとして大きく進化したと感じています。」オオタニは言った。「なのでまったくその部分では心配していません。」

 

 

シーズン開始早々に疑問を吹き消す投打での活躍ぶり

Ohtani ultimately justified the hype, joining Babe Ruth as the only players in MLB history with 10 pitching appearances and 20 home runs in a season.

オオタニは結果的に過剰な前宣伝を正当なものとする、MLB史上ベーブ・ルースしか残していない1シーズン10登板20本塁打という記録を残した。

 

 

Before a torn ulnar collateral ligament in his right elbow halted his two-way endeavor and led to Tommy John surgery last month, Ohtani emerged as a front-line starter for the Angels, using his triple-digit fastball, devastating splitter and nasty slider to fashion a 3.31 ERA with 63 strikeouts over 51 2/3 innings.

右肘靭帯断裂から二刀流が中断し先月のトミージョン手術へと至る前は、オオタニはエンジェルスの先発ローテーション入りして51イニング2/3を投げ、3桁の速球と圧倒的なスプリット、厄介なスライダーで防御率3.31奪三振63の成績を残した。

 

 

 

He was just as impactful at the plate, batting .285 with a .925 OPS, 22 home runs, 61 RBIs and 10 stolen bases in 367 plate appearances. Even after receiving the elbow surgery recommendation in September, Ohtani continued to hit over the final month of the season, batting .310 with a 1.003 OPS and seven home runs.

彼はまた打席でもインパクトに溢れるプレーをしてきた。367打席で打率.285 OPS.925 本塁打22 打点61 盗塁10 を叩き出した。9月に肘の手術を勧められた後もオオタニは打ち続け、シーズン最終月には打率.310 OPS1.003 本塁打7本を残した。

 

 

 

本人はフルシーズン出場できなかったことに不満

For all his success, Ohtani said he still felt dissatisfied by the overall trajectory of his rookie campaign since his elbow trouble limited him to only 104 games with the Angels.

このような成功にもかかわらずオオタニは、肘の故障のために104試合しか出場できなかったため、全体としてはルーキーイヤーに満足していないと話している。

 

“Putting numbers aside, I was kind of disappointed I wasn’t able to play a full season,” Ohtani said. “I feel like elite players should be able to play the full year and help out the team. That’s something that I need to work on. That’s going to be one of my goals: stay healthy and help the team to win from Day 1.”

「数字の話はともかく、フルシーズン出場できなかったことがちょっと残念です。」オオタニは言った。「エリートプレーヤーというのはフルイヤー出場しチームに貢献しなければいけないのです。それが僕が取り組まなければいけない課題です。僕の目標の1つは、まずはケガをせずチームの勝利に貢献することになりそうです。」

 

 

 

トミージョン手術後の回復は順調

Ohtani is currently in the early stages of his rehab from Tommy John surgery, which is expected to keep him off the mound until the 2020 season but shouldn’t prevent him from contributing with his bat next year.

オオタニは現在トミージョン手術後のリハビリの初期段階である。この手術のため彼は2020年のシーズンまでマウンドには上れないが、来年は打撃で貢献する予定になっている。

 

“Everything is going well,” Ohtani said. “We’re right on schedule, maybe even a little ahead. I’m very satisfied with where I’m at right now.”

「すべてうまくいっています」オオタニは言った。「すごく順調にいっているので、自分でも回復に満足しています。」

 

 

 

松井秀喜氏も祝福のコメント

Former Yankees outfielder Hideki Matsui, who’s currently coaching the MLB All-Stars at the Japan Series and was the runner-up in the 2003 AL Rookie of the Year voting after coming over from Japan, said Ohtani’s results speak for themselves.

現在日米野球のMLBオールスターチームのコーチをしている元ヤンキーズの外野手ヒデキ・マツイは、渡米後の2003年のア・リーグ新人王の次点に終わったが、オオタニの受賞に関して次のようなコメントを残している。

 

“He really deserves this award, and as one Japanese baseball fan, I was really happy that he won it. As a member of the Yankees, I can’t really say that too loudly. But I wish him well in his years to come and I want to congratulate him on winning such a nice award.”

「彼が取るべき賞だったと思います。また、日本人、一野球ファンとして大変うれしく思います。ヤンキースの一員としてあまり大きな声では言えませんがね。彼の今後の活躍ぶりを祈り、このような素晴らしい賞を受賞したことを祝福したいと思います。」

 

 

ニュース原文・画像スクリーンショット参照元:MLB.com

 

 

 

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。