Sponsored Link




菊池雄星 メジャーとの交渉解禁!MLBニュースを和訳で解説!

Pocket

Sho Time イングリッシュ運営者のMami.です。

いよいよ菊池雄星選手のMLB各球団との交渉期間が始まります。

ストーブリーグの目玉として米メディアでも注目が集まっています。

大谷翔平選手の花巻東高校の先輩で憧れの投手であった雄星選手の行く先、そして今後の活躍ぶりに、Sho Time イングリッシュでも取り上げていきたいと思います。

まずは、菊池雄星選手がどんな選手であるかについて書かれた MLB.com の記事の中で、実際どのような表現で紹介されているのかを、原文+和訳で読み解いていきましょう。

(スマホでお読みの方は、横画面にして読むことをお薦めします。)

 

 

左の剛腕日本人投手がポスティングに!ユウセイ・キクチについて知っておくべきこと

Yusei Kikuchi is coming to the Major Leagues next season, and soon, MLB teams will be able to bid on the Japanese left-hander.

Here’s what you need to know about Kikuchi as the posting process begins.

ユウセイ・キクチが来シーズンメジャーリーグにやって来る。MLB は日本人左腕に入札ができる。

ポスティング前にキクチについて知っておくべきことを確認しておこう。

Sponsored Link

 

菊池選手のプロフィールと主な成績

Who is he?
The 27-year-old southpaw has pitched for the Lions since 2011, when he was 20. This season, Kikuchi went 14-4 with a 3.08 ERA in 23 starts, with 153 strikeouts in 163 2/3 innings. He spent time on the disabled list with left shoulder stiffness, and has dealt with shoulder issues over his career.

27歳のサウスポーは2011年、彼が20歳の時からライオンズで投げてきた。今シーズンのキクチは23戦の先発で163回2/3を投げ、14勝4敗、防御率3.08、153奪三振という成績だった。左肩の張りで一時期DL入りもしており、選手生活の中で肩の問題には対処してきている。

 

In eight years pitching in NPB, Kikuchi has gone 73-46 with a 2.77 ERA in 158 games (153 starts), totaling 903 strikeouts in 1,010 2/3 innings. He’s been especially impressive over the last three seasons. From 2016-18, Kikuchi went 42-17 with a 2.51 ERA in 71 starts, with 497 strikeouts in 494 1/3 innings.

NPBで8年間投げてきた中でキクチは、158戦出場(うち153戦に先発)し1,010回2/3を投げて、73勝46敗、防御率2.77、903奪三振という成績を残している。特にここ3年、2016~18年シーズンでは印象的な投球ぶりで、71先発で494回1/3を投げ、42勝17敗、防御率2.51、497奪三振をマークしている。

 

Before beginning his professional career, Kikuchi pitched for the same high school as two-way Angels star Shohei Ohtani — Hanamaki Higashi High School. He considered joining MLB immediately out of high school in 2009, but he decided to stay in Japan.

プロ入り前キクチは、二刀流のエンジェルスのスター、ショウヘイ・オオタニと同じ出身校である花巻東高校で投げていた。彼は2009年高校を卒業すると同時にMLBに渡ることを考えていたが、日本に留まることにした。

 

菊池選手のスカウティングレポート

What’s his scouting report?
Kikuchi’s fastball averages around 92-94 mph, and he can reach 96-98 mph at times. That’s not only unusual velocity among NPB left-handers, it’s also above-average for the Major Leagues. In 2018, the average fastball velocity among left-handed MLB starters was 91.4 mph.

キクチの速球の平均は時速92-94マイルで、96-98マイルに達することもある。これはNPBでなかなか見られない球速というだけでなく、メジャーリーグでも平均以上の数字となる。2018年のMLBの左先発投手の速球の平均は時速91.4マイルであった。

 

Kikuchi’s main secondary pitch is a slider. Along with his fastball-slider combination, he also mixes in a curveball and changeup.

キクチが得意とする二番目の球種はスライダーである。速球とスライダーをメインに、カーブボールやチェンジアップを織り込んだ投球をする。

 

As MLB.com’s Jon Paul Morosi reported this past summer, multiple MLB scouts believe that Kikuchi has the ceiling of a No. 2 starter in the Major Leagues. He doesn’t have the superstar expectations that countrymen like Ohtani, Yu Darvish and Masahiro Tanaka carried, but he could slot into the middle of an MLB rotation.

MLB.com のジョン・ポール・モロシの今年の夏のレポートによると、複数のMLBスカウトはキクチをメジャーリーグの先発の2番手と考えているとのことであった。オオタニやユウ・ダルビッシュ、マサヒロ・タナカのようなスーパースタ級の期待値はないものの、MLBのローテーションの中盤に組み込めるだけの力を持っている。

 

今後のポスティングシステムの流れ

How will the posting process work?
Once Kikuchi is posted, teams will have 30 days to negotiate a deal with him. Any of the 30 MLB teams are free to negotiate with Kikuchi and his agent, Scott Boras, whose previous international clients notably included star Japanese pitcher Daisuke Matsuzaka.

キクチがポスティング申請してから30日間各球団は交渉できる。MLB30球団の全てのチームがキクチや代理人のスコット・ボラスと交渉できる。ちなみにスコット・ボラスがかつて代理人を務めた海外選手の中には、日本人スター選手ダイスケ・マツザカもいる。

 

Because Kikuchi is at least 25 years old and has played in NPB for at least six seasons, he won’t be subject to the same international bonus-pool restrictions that Ohtani was last year — Ohtani was considered an international amateur free agent.

キクチはNPBで6年以上プレーした25歳以上の選手にあてはまるので、昨年のオオタニのような外国人選手に対する契約金の限度額は適応されない。オオタニは国際アマチュアFA扱いであった。

 

If Kikuchi signs with a Major League team, the Lions will be paid a release fee based on the guaranteed value of the MLB contract that Kikuchi signs, beginning with 20 percent of the first $25 million and continuing with 17.5 percent of the next $25 million and 15 percent of any amount beyond $50 million.

キクチがメジャーリーグ球団と契約した際には、ライオンズはキクチの契約内容に応じて譲渡金を支払われる。最初の2500万ドルまでに対して20パーセント、2500万ドルを超えて5000万ドルまでに対して17.5パーセント、5000万ドルを超える額に対しては一律15パーセントである。

 

In addition to the release fee, the Lions could also receive a supplemental fee if Kikuchi signs a contract that includes bonuses, salary escalators or options. Seibu would receive 15 percent of any bonus or salary escalator that Kikuchi earns, as well as of any option exercised.

譲渡金に加えて、キクチが出来高払いの契約を結んだ場合は、西武はその15パーセントを受け取ることになる。

 

MLB and NPB agreed to a new posting system starting this offseason, and that brings some changes to how the process will work with Kikuchi. Under the old posting system, the posting fee was capped at $20 million, and in a previous iteration, teams went through a blind bidding process as opposed to the current open negotiations.

MLBとNPBはこのシーズンオフからこの新ポスティングシステムを実施することに同意しており、キクチの交渉・契約には従来といくつか変更が見られる。旧システムでは2000万ドルの入札上限額があり、その中での交渉権を獲得するクローズ式の競争入札であったが、新システムでは全ての球団が交渉できるオープン型の入札となる。

 

菊池選手獲得に興味を示しているMLB球団

Which MLB teams are interested in Kikuchi?
The market is expected to be strong for Kikuchi. Here are some teams that could be involved in the competition for his services.

キクチのマーケット需要は大きいと予測される。競合しそうな球団をいくつか挙げてみよう。

 

On Friday, MLB Network insider Jon Heyman reported that the Dodgers, Padres, Giants and Mariners are among the clubs expected to pursue Kikuchi.

金曜日、MLB Network のインサイダーであるジョン・ヘイマンは、ドジャース、パドレス、ジャイアンツとマリナーズがキクチ獲得に名乗りを上げるのではないかと伝えていた。

 


「西海岸寄りだって?左腕投手ユウセイ・キクチ獲得に乗り出すと思われているのが、ドジャース、パドレス、ジャイアンツとマリナーズである。 シアトルとサンフランシスコは面白いかもしれないな。片方は解体中で、もう一方はリニューアルを考えている。」

 

Scouts from multiple MLB teams watched Kikuchi pitch in Japan this season. At the end of September, the Kyodo News’ Jim Allen reported that scouts from the Yankees, Giants, Red Sox, Dodgers, Phillies, Brewers and Rangers were in attendance for a Kikuchi start.

複数のMLB球団は今シーズン、日本でキクチの投球を見ている。9月末に共同通信社のジム・アレンが伝えたところによると、ヤンキース、ジャイアンツ、レッドソックス、ドジャース、フィリーズ、ブリューワーズとレンジャーズのスカウトたちがキクチの先発を視察した。

 

Earlier in the season, scouts from the D-backs, Indians, Giants, Mariners, Phillies, Pirates, Red Sox, Tigers and others were in attendance for a marquee pitching matchup between Kikuchi and Yomiuri Giants ace Tomoyuki Sugano, as reported by The Japan Times’ Jason Coskrey.

また、ジャパン・タイムズのジェイソン・コスクリーの報告によると、シーズンの序盤には、ダイアモンドバックス、インディアンス、ジャイアンツ、マリナーズ、フィリーズ、パイレーツ、レッドソックス、タイガースその他の球団のスカウトたちが、キクチと読売ジャイアンツのトモユキ・スガノのスター対決を視察した。

 

 

ということで、12月3日から30日間の交渉期間。新年を迎えるころには雄星選手の新天地が決まっているということになりそうです。

名乗りを上げているのは日本人選手と相性のよい西海岸のチームが多いようですね。

そして、今回から採用される新ポスティングシステムがどう働くのか。

今後の動きを見守りたいと思います。

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。