Sponsored Link




絶好調エンゼルス!悲願のポストシーズン出場に向ってトラウタニを支える脇役たち!

Pocket

Sho Time イングリッシュは、米メディア記事全文和訳で、大谷翔平選手の新着ニュースをより詳細にお伝えするサイトです。

マイク・トラウトとショウヘイ・オオタニ。『トラウタニ』と称される現在のMLBを代表する2大トップスターを擁しながら、今ひとつチーム成績がぱっとしないエンゼルス。ポストシーズンからも2014年以降遠ざかっています。

しかし、今年2022年シーズンのエンゼルスは一味違う!

現地時間5月20日時点で、23勝16敗。ア・リーグ西地区でアストロズを1.5ゲーム差で追って2位。ワイルドカードを得る上位2球団に入っています。

マイク・トラウト選手がケガによる離脱から戻ってきたこともありますが、なんといってもこのエンゼルスの快進撃を支えるのが、2大トップスターの脇を固める若手選手たちの覚醒ぶりです。

『エンジェルス (Angels in the Outfield)』という1994年のアメリカ映画に絡めながら、脇役となる選手の重要性と活躍ぶりを紹介する、Yahoo! Sports の記事をご紹介します。

 

Sponsored Link

 

 

 

The Los Angeles Angels are no strangers to the movie business. O] wned by the Walt Disney Company until 2003, they were immortalized as the team with heaven on its side in 1994’s “Angels in the Outfield.” With its transparently preposterous premise and over-the-top winged interlopers, it was a family friendly flick that came with a tagline, “It could happen.”

ロサンゼルス・エンゼルスは映画ビジネスと関係が深い。2003年までウォルト・ディズニー・カンパニーが所有し、1994年の映画『エンジェルス』では天が味方についているチームとして永遠に伝えられることになった。『エンジェルス』は、明らかにばかげた設定と大げさな羽の生えた乱入者が出てくる、「あり得なくもない」というキャッチフレーズのファミリー向け映画である。

 

That has, unfortunately, been about as much as you could say about the real-life Angels’ playoff hopes in recent years despite employing Mike Trout and Shohei Ohtani.

残念ながら、マイク・トラウトとショウヘイ・オオタニを擁しながら、近年のリアルエンゼルスがプレーオフに出場できる望みがあると言えるかというと、ずっとこの映画の内容そのものであった。

 

But this year, finally, it seems the Angels have absorbed a useful lesson that might put them back in the playoffs, one that was emanating from “Angels in the Outfield” this whole time. I don’t know how recently you have caught the movie on TV, or stumbled across its IMDB page, but let me remind you: The supporting cast was STACKED.

しかし、ついに今年、エンゼルスは映画『エンジェルス』から生まれたプレーオフへと彼らを導く有益な教えをものにしたようだ。最近この映画をテレビでやっていたか、あるいはIMDb(訳注:映画、テレビ、ビデオゲームに関するオンラインデータベース)のページで目にすることがあるかはわからないが、とにかく、「脇役はそろった」のだ。

 

Danny Glover, Tony Danza and Christopher Lloyd got their names on the posters. But a young Joseph Gordon-Levitt also played a big role. Keep scrolling, and you’ll notice that they had even more heavy hitters on this cast who just weren’t famous yet. Adrien Brody and Matthew McConaughey? Bit players? Yep, there they are.

ダニー・グローヴァー、トニー・ダンザ、クリストファー・ロイドの名前がポスターに載っている。しかし、子役のジョセフ・ゴードン=レヴィットも大きな役割を果たしている。スクロールしていくと、キャストには当時はまだ有名ではなかったヘビーヒッターたちが控えていることに気づくだろう。エイドリアン・ブロディにマシュー・マコノヒー(訳注:どちらもアカデミー賞俳優)?端役でだって?そうだ。

 

The past four years of Angels baseball have been a little like watching Daniel Day-Lewis in a major dramatic role … with only high school theater students in support. That stars and scrubs approach just doesn’t work in the majors. Trout can’t bat every inning. And while Ohtani is theoretically capable of playing every position, it’s not a realistic strategy.

過去4年間のエンゼルスの試合ぶりは、まるで、ダニエル・デイ=ルイス(訳注:アカデミー主演男優賞3度受賞)が主演を演じ…脇役をすべて高校の演劇部の生徒たちが演じているようなものだった。メジャーではスターアンドスクラブのアプローチ(訳注:そこそこの選手を9人並べるのではなく、大スター選手を1~2人置いてあとは大したことのない選手を並べるラインナップ)は機能しないのだ。トラウトが毎回打席に立てるわけではなく、オオタニが全ポジションを守れるわけでもないのだから、現実的な戦略ではない。

 

Enter the 2022 Angels, who are off to a 21-12 start and lead the AL West. At long last, there is real talent rising up to play alongside Trout, Ohtani and Anthony Rendon. On Tuesday night, rookie hurler Reid Detmers staked his claim by no-hitting the Tampa Bay Rays in his 11th career start, but he’s not even the most prominent of the burgeoning stars. If you’re trying to get to know the future McConaugheys who might help Trout and Ohtani bust down the door to October, start with these names.

2022年シーズン、エンゼルスは21勝12敗という好スタートを切りア・リーグ西地区の首位に立っている(訳注:5/12現在)。ようやくトラウト、オオタニやアンソニー・レンドンとともにプレーする素晴らしい才能を持った選手が現れた。火曜日夜(5/10)、新人投手のリード・デトマーズが、自身11先発目となるタンパベイ・レイズ戦でノーヒットノーランを達成して名乗りを上げた。しかし彼が急成長中のスターの中で最も目立った存在というわけではない。トラウトやオオタニを助けポストシーズンの扉を開く、将来マコノヒーのような大スターになる選手を知りたいならば、まずは次の選手たちを紹介しよう。

 

Taylor Ward: Talk about a roundabout path to stardom. Ward was a puzzling first-round pick in 2016 who demolished the minors and initially reached the majors in 2018, only to flounder at the plate in short stints. Eventually he switched from catcher to the outfield and produced an above-average 65-game run in L.A. last season.

テイラー・ウォード:スターダムへの回り道について話そう。ウォードは不可解と思われる2016年のドラフト一巡目指名選手で、マイナーを経て2018年メジャーに昇格するも、数少ない打席でもがくだけだった。最終的に捕手から外野手にコンバートされ、昨シーズンは65試合に出場、平均以上の成績を残した。

This year has been something else entirely. At age 28, he has turned into a Trout-like terminator at the plate leveraging a renowned eye at the plate into a gobsmacking .367/.490/.709 line so far. No one expects him to continue at this level, but the on-base ability looks real, and gives a huge lift to the run producers batting behind him.

今年は全く違うものになっている。28歳で彼は、定評のある選球眼を生かして、トラウトのような決定打を打てる打者となり、ここまで(訳注:5/12時点)打率.367 / 出塁率.490 / 長打率.709 という驚異的な成績を残している。もちろん、この成績をずっとキープするのは難しいであろうが、彼の打撃能力は本物のようで後ろに続くバッターの得点力を大いに上げている。

 

Brandon Marsh: This shaggy outfielder looks like someone put Charlie Blackmon in the wayback machine, and frankly, that’s about how he plays, too. A lanky 24-year-old in his first full MLB season, Marsh sprays line drives from the left side and runs like the wind. He’s a threat to steal bases, or to take a tumble getting too exuberant with a Gatorade bath.

ブランドン・マーシュ:このひげ面の外野手は、まるでウェイバックマシン(訳注:過去のウェブページを保存・閲覧できる無料ツール)でチャーリー・ブラックモンを見るかのようだが、そのプレイスタイルも似たものがある。初めてのMLBフル出場シーズンを迎えるひょろっとした24歳のマーシュは、左打席から広角のラインドライブを放ち、風のように走る。盗塁の脅威もあるかと思えば、ゲータレード・シャワーをたっぷり受けて転がる脅威もある。

 

Patrick Sandoval: While the Angels are certainly benefitting from importing Noah Syndergaard and Michael Lorenzen to bolster their rotation, this 25-year-old lefty might be the most intriguing. Wielding a devastating changeup, Sandoval has built on progress from 2021. He’s sporting a 2.03 ERA through five starts and has yet to allow a home run.

パトリック・サンドバル:エンゼルスは、ノア・シンダーガードとマイケル・ローレンゼンの獲得により、ローテーションの強化という恩恵を明らかに受けたが、この25歳の左腕投手が最も興味深いかもしれない。大変効果的なチェンジアップを巧みに操り、サンドバルは2021年から進歩を重ねてきた。5回の先発で防御率2.03、そしてまだ本塁打を打たれていない。(5/12時点)

He’d be a perfect starter for Game 3 in a playoff series, if the Angels could get to one of those. With these young players stepping up alongside the best player of the generation and the most exciting one-man show in living memory? It could happen.

もしエンゼルスがプレイオフに進出できたとしたら、彼は第3戦の先発としてパーフェクトであろう。これらの若きプレーヤーたちが世代最高のプレーヤーの脇役としてステップアップしてくれたら、生涯の記憶の中でもっともエキサイティングなワンマンショーが?あり得なくもないね。

 

 

いかがでしょうか。

10日ほど前の記事ですが、その後もここで紹介された3人は活躍を続け、特にテイラー・ウォードは打率・OPSともにMLBのトップに位置し、一番バッターとしてチームの得点力に大いに貢献しています。

若手選手が覚醒したチームは安定した強さを見せてくれるし、何より試合を見るのが楽しいですよね。

 

そして、映画『エンジェルス (Angels in the Outfield)』について。実は私はあまり洋画を見ないので、この映画を見たことがなかったのですが、大変評判のいい名作とのことなので、これを機に見てみたいと思います。


 

ニュース原文参照元::Yahoo! Sports  “How the Angels gave Mike Trout and Shohei Ohtani a real shot at the playoffs in 2022” by Zach Crizer

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。